ベストセラー商品のパナソニック衣類スチーマー!NI-FS540の口コミまとめ

パナソニック衣類スチーマーNI-FS540は、ハンガーにかけたまま、シワ・ニオイが取れプレスもできる2WAY商品です。

アイロン台なしで、忙しい朝にサッとシワとニオイを綺麗にしてくれます。

また、立ち上がりは約24秒ですので、ストレス無しで使用できます。

↓↓↓旧型NI-FS530とNI-FS540との違いは↓↓↓

NI-FS540は、「3倍パワフルスチーム」搭載ですので、旧型NI-FS530よりさらに強力に脱臭することが可能になりました。

上記の「3倍パワフルスチーム」搭載が旧型NI-FS530との違いですね。

あとは、NI-FS540では旧型より若干重さが5gほど重くなっています。

新型と旧型での違いは「3倍パワフルスチーム」搭載と5gほど重くなったくらいですね。

それでは、パナソニック衣類スチーマー!NI-FS540の口コミを確認していきましょう。

パナソニック衣類スチーマー!NI-FS540の良い口コミと悪い口コミ

▼NI-FS540の評価が良い口コミ▼

購入者の声A

旧型にしようか新型にしようか迷いましたが、新型を購入しました。

シワが簡単に取れ、雨の翌日や飲み会の翌日に行うと臭いも取れて二重丸です。

男性なら苦もないのですが少し重いので女性には長い時間使用すると疲れるかも。

購入者の声B

本格的なアイロンにはかなわないですけど、一人暮らしや単身赴任で洗濯後のワイシャツ数枚のしわを目立たせなくさせるには充分の性能です。

購入者の声C

冬場のスーツの汗の臭い取りにはかなりの効果があります。

冬場は暖房の効いている部屋で上着を着ているとなにげに汗ばむことが多いと思うのですが、なかなかクリーニングに出したりもできないので、そういったとき、気になる場所に重点的にスチームをあててあげると効果大ですのでおススメです。

購入者の声D

消臭機能と3倍スチーム機能が購入の決め手でした。消臭機能はかなりあると感じます。

洗濯後の衣類でも意外と臭いを感じる事が多く、特に脇周辺部は内側からスチームをあてると衣類に残った臭いを出してくれ、臭いを感じなくなります。

購入者の声E

服によりますが、だいたい1分程度でくたびれた服のシワを綺麗にできます。

プレスしないと、良くみるとわかるくらいの細かいシワが残っていることもあります。

でも日常的にサッと見栄え良くする程度なら問題ないレベルでしょう。

▼NI-FS540の評価が悪い口コミ▼

購入者の声A

アイロン代わりにはならない。ワイシャツのアイロンに使ったが、スチーム、プレス共に不十分で、余計に時間が掛かった。

一方で、カジュアルのポロシャツをさっと伸ばしたい時、スーツのシワ伸ばしは効果的。アイロンとは別物と考えるべし。

購入者の声B

サッと滑らせるだけでシワが取れることを期待していましたが、想像していたよりもゆっくりと滑らせないとダメでした。

ただそれに慣れればとても便利な品物です。

購入者の声C

シワが伸びるまで頑張ると時間もかかるし疲れる。

やっぱり台に置いてアイロンかけたほうが早くてきれい。

この商品は台でも使えるので、まぁいいかなと思います。

衣類スチーマー(NI-FS540)の価格を比較

▼パナソニック 衣類スチーマー(NI-FS540-DA )ダークブルー ▼

 

⇒楽天市場 価格:8,110円
⇒アマゾン 価格:8,560円

※尚、楽天市場では、ポイント数を確認してください!

▼パナソニック 衣類スチーマー(NI-FS540-PN )ピンクゴールド

⇒楽天市場 価格:8,540円
⇒アマゾン 価格:8,560円

※尚、楽天市場では、ポイント数を確認してください!

※ヨドバシやビックカメラ、ジョーシンなどでも独自のポイントがありますので、ご自身がよく使うショップでポイント分を考慮して購入したほうがいいですね。

NI-FS540のまとめ

NI-FS540のポイントとなるのは、やはり「3倍パワフルスチーム」の強力脱臭効果ですね。

洗濯しにくい衣類も汗臭、タバコ臭、飲食臭、防虫剤臭に加え、加齢臭もしっかり脱臭してくれるので、とても便利です。

口コミでも、サッと滑らせるだけでシワが取れることを期待している方が多いようですが、サッととはいきませんね。

公式でも記載があるように、アイロン面を衣類にあて、本体をゆっくり滑らせるようにとありますので、衣類のシワが伸びにくい場合は、ゆっくり滑らすのが良いです。

また、アイロン面がフラットだから、アイロンのようなプレス仕上げもできます。

楽天市場やアマゾンでもランキング上位ですので、口コミでも良い評価が断然多いです。

検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事⇒楽天市場ランキング上位のパナソニック衣類スチーマー!NI-FS540とNI-FS530 の違いの比較はこちら

関連記事

新着記事

  1. シャープVSダイソン【hot & cool】価格と電気代!どっちがいいのかを比較

    シャープ製品のスリムイオンファンHOT&COOLとDyson Hot + Cool ファンヒ…
  2. 【私の口コミ】購入してわかったストレート ヒートブラシ【ダフニ】のメリット・デメリット!

    人気のストレート ヒートブラシ【ダフニ】は、使い勝手が良いので、普通のストレートヘアアイロンが苦手な…
  3. ダイソン V7 マットレスとトリガーの違いとは?ぶっちゃけ一緒?

    ダイソンのコードレスハンディクリーナーは、最も吸引力の強いコードレスハンディクリーナーとして君臨して…
  4. 足元から水ボトルの設置ができるコスモウォーター 女性でも楽々!私の口コミレビュー

    レバーを倒すだけで冷水と温水が出る、とっても便利なウォーターサーバー。 我が家でもサービスの申…
  5. ランキング上位常連のコードレス掃除機【ダイソンV7 VSマキタ】!どっちがいいのか?

    楽天やアマゾンの掃除機ランキングで常に上位にいるマキタとダイソン! どちらも人気でコードレス掃…

おすすめ記事

  1. 私は、もともとコーヒーが好きで、スターバックスで豆を買ってきたりして自宅で淹れて飲んでいました。 …
  2. プリンセスは、1994年にオランダにて設立された、高い機能性と独特のデザイン性が特徴の家電製品メーカ…
  3. バリスタiアイの型番「spm9635」「 hpm9635」この2つの型番はどこがちがうのでしょうか!…
  4. 掃除ってストレスを感じてしまいますよね。 特に毎日の掃除機がけは大仕事です。 私は、大き…
  5. マキタのコードレス掃除機は、楽天ランキングの売上ランキング上位の人気のコードレス掃除機です。 …

キッチン家電特集

  1. ブラウン ハンドブレンダー マルチクイック MQ735の私の口コミとMQ535との違い!

    果物を購入してみたはいいものの、一度食べると満足してしまい残ってしまうことが多々ありました。 …
  2. ランキング上位(楽天)タイガー圧力IH炊飯ジャー5.5合【JPC-A100】【JPB-H102】の違いと比較!

    この2機種は(2018/9月)楽天ランキング炊飯器部門で1位【JPC-A100】と4位の【JPB-H…
  3. 評価が高くおすすめな象印のオーブントースター こんがり倶楽部【ET-GM30-BZ】口コミレビュー

    オーブントースター こんがり倶楽部【ET-GM30-BZ】は、マイコン自動コースを搭載した2017年…
  4. パナソニック ビストロNE-BS1500とNE-BS1400の違い!どっちがいいのか比較?

    小さい子供がいる場合は、離乳食に便利なNE-BS1500がおすすめです。基本的にNE-BS1400に…
  5. 【口コミ】安くておすすめのフードプロセッサーはTESCOMの Pure Natura TK441!デメリットはこれ!

    私が今回ご紹介するキッチン家電は、TESCOMのフードプロセッサーPure Natura TK441…
  6. 一人暮らしやお弁当作りに最適!簡単に油料理ができる。D-STYLIST スクエアフライヤー購入者目線!

    D-STYLIST スクエアフライヤー KK-00222をじっくり使ってみました。 これは3千…
  7. 2品同時に温められるレンジが超便利!パナソニックのビストロ/NE-BS1400!私の口コミと評価は?

    今までは送料込みで1万円以下の激安レンジをインターネット通販で購入していました。 でも、結婚し…
  8. ポタージュが簡単に作れる!クックマスター・Shunsai(旬彩)の私の口コミ

    クックマスター・Shunsai(旬彩)は下記の調理ができる自動調理機です。 ●煮物やカレー、おかゆ…
  9. ヘルシオ ホットクック!2017年モデルと2016年モデル!どこが変わった?口コミと価格を比較!

    ヘルシオ ホットクックは、「無水調理」をする鍋です。 水や火を使わず調理できる電気無水鍋です。…
  10. ドルチェグスト ジェニオ2(無料)で自宅がカフェに大変身?ついでに口コミと価格もチェック!

    今回、紹介するのは手軽に美味しいコーヒーが淹れられると評判の「ネスレ ドルチェグスト ジェニオ2 プ…
ページ上部へ戻る