ベストセラー商品のパナソニック衣類スチーマー!NI-FS540の口コミまとめ

パナソニック衣類スチーマーNI-FS540は、ハンガーにかけたまま、シワ・ニオイが取れプレスもできる2WAY商品です。

アイロン台なしで、忙しい朝にサッとシワとニオイを綺麗にしてくれます。

また、立ち上がりは約24秒ですので、ストレス無しで使用できます。

↓↓↓旧型NI-FS530とNI-FS540との違いは↓↓↓

NI-FS540は、「3倍パワフルスチーム」搭載ですので、旧型NI-FS530よりさらに強力に脱臭することが可能になりました。

上記の「3倍パワフルスチーム」搭載が旧型NI-FS530との違いですね。

あとは、NI-FS540では旧型より若干重さが5gほど重くなっています。

新型と旧型での違いは「3倍パワフルスチーム」搭載と5gほど重くなったくらいですね。

それでは、パナソニック衣類スチーマー!NI-FS540の口コミを確認していきましょう。

パナソニック衣類スチーマー!NI-FS540の良い口コミと悪い口コミ

▼NI-FS540の評価が良い口コミ▼

購入者の声A

旧型にしようか新型にしようか迷いましたが、新型を購入しました。

シワが簡単に取れ、雨の翌日や飲み会の翌日に行うと臭いも取れて二重丸です。

男性なら苦もないのですが少し重いので女性には長い時間使用すると疲れるかも。

購入者の声B

本格的なアイロンにはかなわないですけど、一人暮らしや単身赴任で洗濯後のワイシャツ数枚のしわを目立たせなくさせるには充分の性能です。

購入者の声C

冬場のスーツの汗の臭い取りにはかなりの効果があります。

冬場は暖房の効いている部屋で上着を着ているとなにげに汗ばむことが多いと思うのですが、なかなかクリーニングに出したりもできないので、そういったとき、気になる場所に重点的にスチームをあててあげると効果大ですのでおススメです。

購入者の声D

消臭機能と3倍スチーム機能が購入の決め手でした。消臭機能はかなりあると感じます。

洗濯後の衣類でも意外と臭いを感じる事が多く、特に脇周辺部は内側からスチームをあてると衣類に残った臭いを出してくれ、臭いを感じなくなります。

購入者の声E

服によりますが、だいたい1分程度でくたびれた服のシワを綺麗にできます。

プレスしないと、良くみるとわかるくらいの細かいシワが残っていることもあります。

でも日常的にサッと見栄え良くする程度なら問題ないレベルでしょう。

▼NI-FS540の評価が悪い口コミ▼

購入者の声A

アイロン代わりにはならない。ワイシャツのアイロンに使ったが、スチーム、プレス共に不十分で、余計に時間が掛かった。

一方で、カジュアルのポロシャツをさっと伸ばしたい時、スーツのシワ伸ばしは効果的。アイロンとは別物と考えるべし。

購入者の声B

サッと滑らせるだけでシワが取れることを期待していましたが、想像していたよりもゆっくりと滑らせないとダメでした。

ただそれに慣れればとても便利な品物です。

購入者の声C

シワが伸びるまで頑張ると時間もかかるし疲れる。

やっぱり台に置いてアイロンかけたほうが早くてきれい。

この商品は台でも使えるので、まぁいいかなと思います。

衣類スチーマー(NI-FS540)の価格を比較

▼パナソニック 衣類スチーマー(NI-FS540-DA )ダークブルー ▼

 

⇒楽天市場 価格:8,110円
⇒アマゾン 価格:8,560円

※尚、楽天市場では、ポイント数を確認してください!

▼パナソニック 衣類スチーマー(NI-FS540-PN )ピンクゴールド

⇒楽天市場 価格:8,540円
⇒アマゾン 価格:8,560円

※尚、楽天市場では、ポイント数を確認してください!

※ヨドバシやビックカメラ、ジョーシンなどでも独自のポイントがありますので、ご自身がよく使うショップでポイント分を考慮して購入したほうがいいですね。

NI-FS540のまとめ

NI-FS540のポイントとなるのは、やはり「3倍パワフルスチーム」の強力脱臭効果ですね。

洗濯しにくい衣類も汗臭、タバコ臭、飲食臭、防虫剤臭に加え、加齢臭もしっかり脱臭してくれるので、とても便利です。

口コミでも、サッと滑らせるだけでシワが取れることを期待している方が多いようですが、サッととはいきませんね。

公式でも記載があるように、アイロン面を衣類にあて、本体をゆっくり滑らせるようにとありますので、衣類のシワが伸びにくい場合は、ゆっくり滑らすのが良いです。

また、アイロン面がフラットだから、アイロンのようなプレス仕上げもできます。

楽天市場やアマゾンでもランキング上位ですので、口コミでも良い評価が断然多いです。

検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事⇒楽天市場ランキング上位のパナソニック衣類スチーマー!NI-FS540とNI-FS530 の違いの比較はこちら

関連記事

新着記事

  1. 【プラズマクラスターNEXTの口コミと効果は?】KI-LP100・KI-JP100・KI-HP100の違いを比較レビュー(シャープ加湿空気清浄機)

    花粉症・PM2.5・ウイルス対策に適した最上位機種が、プラズマクラスターNEXT搭載のシャープ加湿空…
  2. 【2019年】バルミューダトースター新型の違いや口コミは?サイズや価格も比較!

    オーブントースターとしては高めの価格帯であるバルミューダのトースター。迷った末に、新型を購入してみま…
  3. パナソニックナノケア【EH-NA9A / CNA9A / NA9B】私の口コミと、新型【EH-NA0B】の違いを比較!

    この記事では、パナソニックナノケア【EH-CNA9A】の愛用者である私の口コミと、最新モデル【EH-…
  4. シャープ加湿空気清浄機【KC-J50】【KC-H50】【KC-G50】型番の違いは?各モデルを比較

    最新モデルの【kc-j50】は機能がシンプルになったとは言え、現状では【kc-g50】や【kc-h5…
  5. 【口コミ】コードレス掃除機Shark(シャーク)EVOFLEXを使ったレビューと各モデル(S10・S20・S30)の違いを比較

    今回は、Shark社の販売しているEVOFLEXの情報についてご紹介します。 吸引力の落ちない…

おすすめ記事

  1. この炊飯器を購入したきっかけとしては、我がには旧式の炊飯器があったのですが、どうにも炊いたお米が水気…
  2. NE-BS1400とNE-BS1300の仕様の違いを見る前に、最新ビストロではどんな機能があるのかご…
  3. バリスタの初代モデルが出た頃、新しい物好きの友人の家に遊びに行くたびバリスタでコーヒーを出してもらっ…
  4. 【コード付き掃除機よりも確実にゴミを吸い取ります】で有名なダイソンのコードレスクリーナー。 ダ…
  5. 私は、もともとコーヒーが好きで、スターバックスで豆を買ってきたりして自宅で淹れて飲んでいました。 …

キッチン家電特集

  1. 【口コミ】安くておすすめのフードプロセッサーはTESCOMの Pure Natura TK441!デメリットはこれ!

    私が今回ご紹介するキッチン家電は、TESCOMのフードプロセッサーPure Natura TK441…
  2. 生の野菜と果物の酵素を余すことなくジュースにして飲めるヒューロムスロージューサー私の口コミ!

    スムージーをよく作っていましたが、通常のミキサーでは水分なしで野菜と果物だけでは作れません。 …
  3. 2品同時に温められるレンジが超便利!パナソニックのビストロ/NE-BS1400!私の口コミと評価は?

    今までは送料込みで1万円以下の激安レンジをインターネット通販で購入していました。 でも、結婚し…
  4. ヘルシオグリエ AX-H1「ウォーターオーブン」私の口コミと価格をチェック!

    ヘルシオグリエとは、水蒸気加熱方式を採用した「ウォーターオーブン」と呼ばれる調理家電製品となります。…
  5. 【口コミ】ビタントニオ 縦型 トースターVOT-20のデメリットとは?購入者目線!

    最近では、あらゆる「高級食パン」がテレビでも特集され、大ブームを巻き起こしています。 そのブー…
  6. ビタントニオの牛乳パックのまま ヨーグルトメーカー!みんなの口コミと最安値をチェック!

    ヨーグルトメーカー、実は子どもの頃から色々試しています。 でも、結局面倒で使わなくなって倉庫行…
  7. バルミューダのオーブンレンジ【バルミューダ ザ レンジ】!機能や価格を要チェック!

    【バルミューダ ザ レンジ】は、「BALMUDA The Gohan」に続くキッチンシリーズ第4弾と…
  8. ランキング上位(楽天)タイガー圧力IH炊飯ジャー5.5合【JPC-A100】【JPB-H102】の違いと比較!

    この2機種は(2018/9月)楽天ランキング炊飯器部門で1位【JPC-A100】と4位の【JPB-H…
  9. 【かまどさん電気】(SR-E111)購入して分かったこととみんなの口コミ!

    この炊飯器を購入したきっかけとしては、我がには旧式の炊飯器があったのですが、どうにも炊いたお米が水気…
  10. ヘルシオ【ホットクック】のQ&Aと口コミ!(2018年モデル)KN-HW16Dの違いとは?

    ヘルシオ【ホットクック】は、食材に含まれる水分を活用して調理する水なし自動調理鍋です。 KN-…
ページ上部へ戻る