おすすめ【ハイブリッド加湿器 Tetra】の口コミとメリット・デメリットは?

モダンデコ【ハイブリッド加湿器 Tetra】は、名前の通りハイブリッドタイプの加湿器です。

この記事では、ハイブリッドの加湿器って普通の加湿器とどう違うのか?やおすすめ加湿器 Tetraの口コミとメリット・デメリットをご紹介致します。

モダンデコ【加湿器 Tetra】は(2019/2)現在、楽天市場の加湿器ランキングで【1位】の人気加湿器です。

価格も高いのに、なぜ【ハイブリッド加湿器 Tetra】は人気なのでしょうか?

それでは順に見ていきましょう。

【加湿器の選び方】人気NO.1モダンデコ ハイブリッド加湿器 Tetraと普通の加湿器どれがいいのか!

基本的に、加湿機は「超音波式」「スチーム式(加熱式)」「ハイブリッド式(加熱気化式と加熱超音波式)」「気化式」という4つのタイプが存在します。

それぞれにメリットやデメリットがあります。

【モダンデコ ハイブリッド加湿器 Tetra】は、ハイブリッド式(加熱超音波式)の加湿方式となります。

いわゆる加熱式と超音波式の利点を融合させて、電気代を抑え尚且つ加湿能力の高さを維持、そして衛生面でも安心なタイプということになります。

4つの加湿タイプの違いを見ていきましょう。

▼超音波式加湿器とは?▼
超音波の振動によって水を霧状にして、空気中に放出するタイプです。

デザインが豊富で、価格も安く、気軽に加湿器を楽しみたい方向け。

メリット 加熱しないヒーターレスなので、消費電力が少なく電気代が安い!
デメリット 水中に雑菌が繁殖していた場合は、雑菌も空気中に放出してしまう場合がある。
▼スチーム式(加熱式)加湿器とは?▼
 ヒーターで水を加熱し、その際に発生した湯気を、空気中に放出するタイプです。

加湿器の中では1番加湿能力が高く、強力な加湿をしたい方向け。

メリット 加熱するので、衛生的!菌の放出を防げる!しっかり加湿できる!
デメリット 電気代が他の加湿器より高くなる。
▼ハイブリッド式加湿器とは?▼
水を浸透させたフィルターに温風を当てて、気化させて空気中に放出するタイプの「加熱気化式」

加熱した水を超音波で水を霧状にして、空気中に放出するタイプの「加熱超音波式」

上記の2つのタイプがあり、水を加熱するので、衛生面も超音波式や気化式と比べて衛生的。

電気代の安さや加湿能力の高さ、そして衛生面の安心さを備えているので、総合的な能力の高さで選びたい方向け。

メリット 音は静かで加湿量は安定!尚且つ衛生的!
デメリット 「加熱式と気化式」「加熱式と超音波式」の良いとこ取りをしているので、本体価格は高い傾向にある。
▼気化式加湿器とは?▼
 水を浸透させたフィルターにファンで風を当てて、気化させて空気中に放出するタイプです。

電気代を抑えたい!手軽な加湿器が欲しい!方向け。

メリット 消費電力が少なく電気代が安い!
デメリット フィルターの掃除を定期的に行わないと、臭いの原因や菌が空気中に放出してしまう場合がある。

上記を見ても分かりますように、それぞれにメリットやデメリットが存在致します。

●電気代を抑えたい場合のおすすめは「気化式加湿器」

●電気代を抑え尚且つ加湿能力を求める場合のおすすめは「ハイブリッド式加湿器」

●衛生面と強力な加湿を求める場合のおすすめは「スチーム式(加熱式)加湿器」

上記がおすすめな加湿式の種類です。

高齢者や赤ちゃんはどの加湿器がよいのでしょうか?下記にてご説明致します。

【加湿器の選び方】高齢者や赤ちゃんにおすすめな加湿器はどのタイプ?

高齢者や赤ちゃんにおすすめな加湿器は、ハイブリッド式加湿器・スチーム式(加熱式)加湿器・気化式加湿器の3つです。

特におすすめなのが【ハイブリッド式加湿器】か【スチーム式(加熱式)加湿器】です。

この2機種は、温風または加熱するタイプなので、衛生的なんです!

超音波式加湿器をおすすめできない理由は、水中に雑菌が繁殖していた場合、雑菌も空気中に放出してしまう危険性が他の加湿器より高いことにあります。

ただし、毎日水を入れ替えて容器を洗浄すれば、雑菌も繁殖しにくくなります。

毎日水を入れ替えて容器を洗浄するなんて大変ですよね。

よって安価な超音波式加湿器は、デメリットの方が大きいのでおすすめできません。

今回おすすめする加湿器は、【ハイブリッド式加湿器のTetra】ですので、高齢者や赤ちゃんのいるご家庭でも安心して使用することができます。

しかも、加湿量も安定しており、スチーム式加湿器よりも電気代を抑えることができるので、ハイブリッド式加湿器が1番おすすめと言えます。

ただ、本体価格は高い傾向にあります。

次は、【ハイブリッド加湿器 Tetra】をおすすめする主な特徴をご紹介致します。

おすすめ【ハイブリッド加湿器 Tetra】の機能と特徴

▼ハイブリッド加湿器 Tetra(jxh002)▼
サイズ 横幅259mm×奥行き205mm×高さ320mm
カラー ホワイト、ブラック
コード長 約1.4m
重さ 約2.8㎏
タンク容量 5.5L
連続使用時間 最大約36時間
消費電力 25W(超音波式運転時)

270W(ヒーター過熱時)

電気代 1時間あたりの電気代▼

超音波式運転時:約0.67円

ヒーター過熱時:約7.3円

対応面積 和室10畳、洋室17畳
話題の上部給水タイプ

面倒なタンク外しをしなくて済む!蓋を外して上から水を注ぐだけで、簡単に給水できます。

また、タンクを外して従来通りの給水も可能となります。

5.5Lの大容量タンク
給水の回数が少なくて済む「5.5L」入る大容量サイズ!

センサーがお部屋の湿度を感知

お好みの湿度の設定が可能!センサーがお部屋の湿度を感知して自動で調節してくれる嬉しい機能。

湿度設定範囲:30~95%

3段階のヒーター機能で殺菌効果も

3段階のヒーター機能。タンクの水を加熱させるので殺菌効果もあり衛生的!

ヒーターでタンクの水を加熱し高温殺菌をするので、雑菌の繁殖が抑えられます。

便利な自動OFFタイマー
自動で電源OFFになるタイマーを搭載。1時間~最大12時間までの設定が可能!
リモコンでらくらく遠隔操作
遠くにいてもくつろいだまま遠隔操作できます。

見やすいデジタルパネル
現在の湿度を大きく表示してくれます。

アロマにも対応

アロマオイルは付属しておりません。ご使用の際は別途ご用意ください。

【ハイブリッド加湿器 Tetra】のメリット・デメリット

メリットは、充分な加湿量・省エネ・清潔な水蒸気で加湿・静音設計など「Tetra」の加湿器は総じて能力や評価が高いのもメリットです。

上から給水もこぼれる心配が少なく、注ぎやすいので負担がほぼありません。

また、フィルターがないのでランニングコストも◎と言えます。

デメリットは、水の残量が分からないということです。外観からだと水の残量が分かりずらいのが難点ですね。ただし、水が少なくなるとエラー表示あり。

また、口コミでも多数あるように、電源をオフにすると湿度設定が毎回リセットされるので、毎回30%から上げていかないといけない点です。これは面倒です。

希望湿度を設定できるのは良いのですが、できればメモリー機能が欲しいですね。

デメリットもありますが、総じてメリットの方が大きいので、口コミでも評価が高いですね。

さすがは楽天1位の人気加湿器ですね。

おすすめ【ハイブリッド加湿器 Tetra】のみんなの口コミ

購入者の声A

上部給水タイプなので、上からヤカンで入れています。

2リットルくらいで1日持ちますよ。

頻繁に水を入れ替えなくて済むので、大容量を買って正解でした。

購入者の声B

音も静かだし、水も一杯入るので気に入っています。

ヒーターで加熱するタイプなので衛生面もいいし、しっかり暖かい蒸気がでてます。

見た目もシンプルでおしゃれなので満足です。

購入者の声C

音も静かで蒸気も希望通りで大満足!

ただ、一度電源オフにすると設定した湿度が最初に戻ってしまうので毎回設定するのが、やや面倒です。

残念ポイントはここだけです。他は満足!

購入者の声D

赤ちゃんがいるので、こちらのハイブリット式を購入。

細菌を撒き散らす心配があまりないので、衛生的で満足です。

インフル対策にもなるので、リビングと寝室に2台目を購入予定。

モダンデコ【ハイブリッド加湿器 Tetra】の価格比較

▼ハイブリッド加湿器 5.5L Tetra( jxh002)▼
⇒楽天市場 価格:12,990円
⇒アマゾン 価格:12,990円
⇒Yahoo!ショッピング 価格:12,990円

まとめ

モダンデコ【ハイブリッド加湿器 Tetra】は、加熱式と超音波式の良いとこ取りをしたハイブリッドタイプの加湿器です。

インフルエンザ等のウイルス対策や肌の乾燥対策として必需品。空気が潤っていると静電気の発生も抑制してくれる効果もあります。

電気代も安く加湿量も安定!尚且つ衛生面でも安心できるおすすめの加湿器です。

タンクも大容量!話題の上部給水タイプなので、口コミでも上から水が入れられるので楽!という声もたくさん。

 

加湿器選びに迷っている方は、モダンデコ【ハイブリッド加湿器 Tetra】は一押しです。

ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事

新着記事

  1. コアヒートVSセラムヒート の電気代と仕様の比較!違いはココ

    コロナ コアヒートとダイキン セラムヒートの比較です。電気代や仕様の比較から運転モードまで!違いはど…
  2. 【私の口コミ】ネスカフェ バリスタ 50「Fifty」の使い方と知っておきたいデメリットとは?

    バリスタは簡単に本格的なコーヒーを楽しみたい人におすすめ! 「バリスタ」をご存じですか?キット…
  3. ダイソン サイクロン V10 公式限定割引キャンペーンは安いのか?価格を比較!

    【コード付き掃除機よりも確実にゴミを吸い取ります】で有名なダイソンのコードレスクリーナー。 ダ…
  4. コロナ コアヒートとコアヒートスリムどっちが良いのか?決定的な違いを暴く!

    今回比較する型番は、「コアヒートDH-1218R」「コアヒートスリムDH-918R」です。この2機種…
  5. バルミューダ トースター(新型)の実力とは?購入して分かったデメリット!

    オーブントースターとしては高めの価格帯であるバルミューダのトースターですが、独自のスチームテクノロジ…

おすすめ記事

  1. パンを作ってみたいとずっと思っていましたが、発酵で時間もかかりそうだし、なんとなく難しそうという理由…
  2. 私は癖っ毛なこともあり、昔からストレートアイロンが手放せません。 そんな時、見つけたのが「アフ…
  3. シャープの加湿空気清浄機【KC-H50】は、プラズマクラスター 7000搭載で高性能の清浄機に加湿機…
  4. この2機種は(2018/9月)楽天ランキング炊飯器部門で1位【JPC-A100】と4位の【JPB-H…
  5. ティファール ジャスティン プラスは、1.2Lの大容量なのに軽量でスリムなデザインが特徴です。 …

キッチン家電特集

  1. パナソニックビストロのNE-BS1400とNE-BS1300の仕様の違いとは?機能を比較!

    NE-BS1400とNE-BS1300の仕様の違いを見る前に、最新ビストロではどんな機能があるのかご…
  2. 2品同時に温められるレンジが超便利!パナソニックのビストロ/NE-BS1400!私の口コミと評価は?

    今までは送料込みで1万円以下の激安レンジをインターネット通販で購入していました。 でも、結婚し…
  3. ブラウン ハンドブレンダー マルチクイック MQ735の私の口コミとMQ535との違い!

    果物を購入してみたはいいものの、一度食べると満足してしまい残ってしまうことが多々ありました。 …
  4. ビタントニオの牛乳パックのまま ヨーグルトメーカー!みんなの口コミと最安値をチェック!

    ヨーグルトメーカー、実は子どもの頃から色々試しています。 でも、結局面倒で使わなくなって倉庫行…
  5. ヘルシオ ホットクック!2017年モデルと2016年モデル!どこが変わった?口コミと価格を比較!

    ヘルシオ ホットクックは、「無水調理」をする鍋です。 水や火を使わず調理できる電気無水鍋です。…
  6. ヘルシオグリエ AX-H1「ウォーターオーブン」私の口コミと価格をチェック!

    ヘルシオグリエとは、水蒸気加熱方式を採用した「ウォーターオーブン」と呼ばれる調理家電製品となります。…
  7. 【かまどさん電気】(SR-E111)購入して分かったこととみんなの口コミ!

    この炊飯器を購入したきっかけとしては、我がには旧式の炊飯器があったのですが、どうにも炊いたお米が水気…
  8. 楽天ランキング上位独占!タイガー圧力IH炊飯ジャーJPB-G102とJPB-H102を比較!どこが違うのか?

    今回は、(2017/9月のランキング)楽天の炊飯器部門でランキング1位と2位のタイガー圧力IH炊飯ジ…
  9. 【口コミ】ビタントニオ 縦型 トースターVOT-20のデメリットとは?購入者目線!

    最近では、あらゆる「高級食パン」がテレビでも特集され、大ブームを巻き起こしています。 そのブー…
  10. ポタージュが簡単に作れる!クックマスター・Shunsai(旬彩)の私の口コミ

    クックマスター・Shunsai(旬彩)は下記の調理ができる自動調理機です。 ●煮物やカレー、おかゆ…
ページ上部へ戻る