一人暮らしやお弁当作りに最適!簡単に油料理ができる。D-STYLIST スクエアフライヤー購入者目線!

D-STYLIST スクエアフライヤー KK-00222をじっくり使ってみました。

これは3千円台で買えるのが特徴です。

内容はフライヤー本体、揚げ網と蓋の4点で、付属品を含め1.2キロで、とても軽いです。

D-STYLIST スクエアフライヤー KK-00222

温度調整のダイヤルはスイッチも兼ねていて、電源をつなぎ、ひねってみれば設定温度に油を温めて、あげるとき目安の温度がイラストで書いてあります。

そして、手始めにフライドポテトを揚げて見ますが、900mlの油がちょうどMaxラインまで入るサイズで付属網にポテトを入れてその網をフライヤーに入れて蓋が網を考慮したつくりでぐらつきません。

そして網に入れてあげれば一度に取り出せて慌てずすみます。

注意すべきことは、網の取っ手や収納で固定されてなくぐらついていて、使う前取っ手のL字部分を縮めてワイヤー止め部分に引っ掛け固定しなくてはなりません。

ぐらついて取り出す時やばいと慌てました。しっかり固定しなくてはやけどしそうになってしまうでしょう。

そして、天ぷらをあげてみますが、この衣にマヨネーズを混ぜてみればからっと仕上がると書いてありました。

マヨネーズにふくまれる油が衣中水分を残さないで蒸発して気泡ができさくっと仕上げられます。

色々な具材でてんぷらをあげて見て、大きなナスをあげて十分余裕がありました。

長い山菜も入るサイズでアスパラなど長いのはさすがに切らなくては入りません。

てんぷらの王道の海老天も作ろうとしましたが、庶民の食卓に安い鶏肉がおすすめ。

肉が分厚くても油温度を間違わないと中まで火が通りジューシーなものが出来上がります。

しばらく揚げてれば天かすが油表面にたまってきて取り出すみたいですが、通常のカス揚げで大きすぎて使えず、菜箸でとってみたら、なかなかきれいに取れなくて鍋の季節によく使ってた湯豆腐用穴あき玉を利用してみるときれいに取れました。

具材により温度調整したいですが、簡単に調整でき嬉しく、具材をいれ油温度が下がっても自動で設定温度まで調整できて失敗知らず。

温度が高くて中まで火が入ってなかったり、揚げ具合を安定させるのが難しく、このフライヤーは衣付けた具材を入れ一定時間たてば取り出すのみで手軽です。

2人分のてんぷら、かき揚げを作ったらMINラインまで減っていて、かなり油の色が変わっており、油ポットなどに移し再利用するより1回使い切りと思ったほうがいいでしょう。是非参考にしてください。

D-STYLIST スクエアフライヤー KK-00222の仕様

製品仕様
商品名 D-STYLIST スクエアフライヤー
商品管理番号 KK-00222
本体サイズ <本体>約25×19.5×19.5cm
<内寸>約15×15×11.5cm
重量 約1.2kg
電源 AC100V 50/60Hz
電源コード長 約85cm

D-STYLIST スクエアフライヤー KK-00222の口コミ・レビュー

お弁当の揚げ物用に購入しました。
朝のバタバタの中、億劫だった揚げ物を楽に出来るようになりました。大活躍です∩^ω^∩
デザインも気に入っているので、出しっぱなしでもオッケーです。
電源コードが短いので、延長コードは必須です。
小さいので、大きなもの(エビフライ、トンカツ、串揚げなど)は難しいです。
難点はありますが、安くて、十分に使えるので満足しています。
少なめの油でも深さがでるのて、オリーブオイルで揚げても、もったいなくない!
バスケットを入れたまま蓋ができるので、キッチンが汚れなくてとってもいいと思います。

D-STYLIST スクエアフライヤー KK-00222の最安値価格

⇒楽天市場 価格 :2,780円 
⇒アマゾン 価格:3,035円

まとめ

D-STYLIST スクエアフライヤー KK-00222は、3千円台で変えるので家計にも優しい値段です。

朝の忙しい時間にお弁当用の揚げものをするときも自動で設定温度まで調整できて失敗知らず。

1人暮らしの方にも最適な大きさです。

また、ふたをしたまま調理ができるフライヤーなので、従来のフライ方法の「油が周りに飛び散る」といった心配もありません。

手軽に揚げものをしたい方は検討してみてはいかがでしょうか。お弁当の時短にもなりますよ。

関連記事

新着記事

  1. シャープVSダイソン【hot & cool】価格と電気代!どっちがいいのかを比較

    シャープ製品のスリムイオンファンHOT&COOLとDyson Hot + Cool ファンヒ…
  2. 【私の口コミ】購入してわかったストレート ヒートブラシ【ダフニ】のメリット・デメリット!

    人気のストレート ヒートブラシ【ダフニ】は、使い勝手が良いので、普通のストレートヘアアイロンが苦手な…
  3. ダイソン V7 マットレスとトリガーの違いとは?ぶっちゃけ一緒?

    ダイソンのコードレスハンディクリーナーは、最も吸引力の強いコードレスハンディクリーナーとして君臨して…
  4. 足元から水ボトルの設置ができるコスモウォーター 女性でも楽々!私の口コミレビュー

    レバーを倒すだけで冷水と温水が出る、とっても便利なウォーターサーバー。 我が家でもサービスの申…
  5. ランキング上位常連のコードレス掃除機【ダイソンV7 VSマキタ】!どっちがいいのか?

    楽天やアマゾンの掃除機ランキングで常に上位にいるマキタとダイソン! どちらも人気でコードレス掃…

おすすめ記事

  1. イワタニ カセットコンロ達人スリム関連の商品は、楽天市場やアマゾンでもランキング上位常連の商品です。…
  2. パンを作ってみたいとずっと思っていましたが、発酵で時間もかかりそうだし、なんとなく難しそうという理由…
  3. 誰でも簡単に美味しいコーヒーを淹れる事が出来る機械の「ネスカフェ バリスタ」 お湯を沸かす必要…
  4. NE-BS1400とNE-BS1300の仕様の違いを見る前に、最新ビストロではどんな機能があるのかご…
  5. バリスタの初代モデルが出た頃、新しい物好きの友人の家に遊びに行くたびバリスタでコーヒーを出してもらっ…

キッチン家電特集

  1. 【かまどさん電気】(SR-E111)購入して分かったこととみんなの口コミ!

    この炊飯器を購入したきっかけとしては、我がには旧式の炊飯器があったのですが、どうにも炊いたお米が水気…
  2. パナソニック 最新 ビストロ【NE-BS1600】の特徴と旧型【NE-BS1500 】との違いを比較!

    パナソニック 最新のビストロ 型番:【NE-BS1600】は、2019年6月1日発売です。 パ…
  3. バルミューダのオーブンレンジ【バルミューダ ザ レンジ】!機能や価格を要チェック!

    【バルミューダ ザ レンジ】は、「BALMUDA The Gohan」に続くキッチンシリーズ第4弾と…
  4. ランキング上位(楽天)タイガー圧力IH炊飯ジャー5.5合【JPC-A100】【JPB-H102】の違いと比較!

    この2機種は(2018/9月)楽天ランキング炊飯器部門で1位【JPC-A100】と4位の【JPB-H…
  5. ドルチェグスト ジェニオ2(無料)で自宅がカフェに大変身?ついでに口コミと価格もチェック!

    今回、紹介するのは手軽に美味しいコーヒーが淹れられると評判の「ネスレ ドルチェグスト ジェニオ2 プ…
  6. 【口コミ】安くておすすめのフードプロセッサーはTESCOMの Pure Natura TK441!デメリットはこれ!

    私が今回ご紹介するキッチン家電は、TESCOMのフードプロセッサーPure Natura TK441…
  7. 生の野菜と果物の酵素を余すことなくジュースにして飲めるヒューロムスロージューサー私の口コミ!

    スムージーをよく作っていましたが、通常のミキサーでは水分なしで野菜と果物だけでは作れません。 …
  8. ヘルシオグリエ AX-H1「ウォーターオーブン」私の口コミと価格をチェック!

    ヘルシオグリエとは、水蒸気加熱方式を採用した「ウォーターオーブン」と呼ばれる調理家電製品となります。…
  9. パナソニックビストロのNE-BS1400とNE-BS1300の仕様の違いとは?機能を比較!

    NE-BS1400とNE-BS1300の仕様の違いを見る前に、最新ビストロではどんな機能があるのかご…
  10. 2品同時に温められるレンジが超便利!パナソニックのビストロ/NE-BS1400!私の口コミと評価は?

    今までは送料込みで1万円以下の激安レンジをインターネット通販で購入していました。 でも、結婚し…
ページ上部へ戻る