パナソニック 最新 ビストロ【NE-BS1600】の特徴と旧型【NE-BS1500 】との違いを比較!

パナソニック 最新のビストロ 型番:【NE-BS1600】は、2019年6月1日発売です。

パナソニックのビストロは、レンジ機能・グリル機能・スチーム機能・オーブン機能を備えたスチームオーブンレンジです。

冷凍も冷蔵もまとめて2品同時に暖めることができる機能もあるので、日常使いにも最適です。

特に「ワンボウルメニュー」が好評ですね。

「ワンボウルメニュー」は、ボウルに作りたい食材を入れるだけで自動的に調理ができるメニューです。

今回は、パナソニック 最新のビストロ 型番:【NE-BS1600】の特徴と旧型との違いを比較していきたいと思います。

【NE-BS1600】では、どこが進化したのでしょうか?

順に見ていきましょう。

まずは、 最新 ビストロ【NE-BS1600】と旧型【NE-BS1500】の仕様の違いを比較していきたいと思います。

⇒【アマゾン】最新スチームオーブンレンジランキング
⇒【楽天市場】最新スチームオーブンレンジランキング

最新 ビストロ【NE-BS1600】と旧型【NE-BS1500 】の仕様の違い!

▼NE-BS1600▼ ▼NE-BS1500▼
▼カラー▼
ブラック・ホワイト ブラック・ホワイト
▼総庫内容量▼
30L 30L
▼タイプ▼
コンベクションオーブン2段調理タイプ(熱風循環) コンベクションオーブン2段調理タイプ(熱風循環)
▼センサー▼
高精細・64眼スピードセンサー

とろみ検知センシング

高精細・64眼スピードセンサー
▼庫内形状▼
ワイド&フラット ワイド&フラット
▼ヒーター▼
上:大火力極め焼きヒーター
後ろ:コンベクション(熱風循環)
上:大火力極め焼きヒーター
後ろ:コンベクション(熱風循環)
▼スチームヒーター出力▼
1.00 kW 1.00 kW
▼スチームプラス▼
▼グリル/オーブン▼

消費電力・ヒーター出力

グリル:1.35 kW・1.33 kW

オーブン:1.40 kW・1.38 kW

グリル:1.35 kW・1.33 kW

オーブン:1.40 kW・1.38 kW

▼グリル▼
両面グリル 両面グリル
▼オーブン・温度調節範囲▼
70~300 ℃

発酵30~65 ℃

80~300℃

発酵30~45℃

▼トースト▼
自動メニュー 自動メニュー
▼取説掲載レシピ数▼
452 447
▼自動メニュー数▼

(取扱説明書掲載の自動調理可能なメニュー数)

396 400
▼自動お手入れコース▼
庫内/天井・脱臭/洗浄・水抜き/クエン酸洗浄 庫内/天井・脱臭/洗浄・水抜き/クエン酸洗浄
▼省エネ▼
オートOFF機能 オートOFF機能
▼外形寸法▼
幅494mm×奥行435mm×高さ370mm 幅494mm×奥行435mm×高さ370mm
▼脚間寸法▼
前440mm

後ろ(壁側)435mm

縦308mm

縦(壁から)401mm

前440mm

後ろ(壁側)435mm

縦308mm

縦(壁から)401mm

▼庫内寸法▼
幅394mm×奥行309mm×高さ235mm 幅394mm×奥行309mm×高さ235mm
▼電源コード▼
1380mm 1380mm
▼質量▼
本体のみ:19.6kg 本体のみ:19.6kg
▼タンク容量▼
650mL 650mL
▼付属品▼
チタンコートグリル皿(1枚), 角皿(2枚), ミトン(2枚) チタンコートグリル皿(1枚), 角皿(2枚), ミトン(2枚)

上記が、ビストロ【NE-BS1600】と旧型【NE-BS1500 】の仕様の違いです。

違うところは赤くしてあります。

上記で注目すべき点は、とろみ検知センシング充実の発酵機能です。

とろみセンシングは、新開発の高速0.1秒センシングで細かく温度を見守ることにより、肉や魚介類の硬化を防ぐことができます。

そのため、材料を途中で混ぜなくても「とろみ」のこびりつきを抑制し、中華メニューやフレンチメニューを楽しむことができます。

これにより、「ワンボウル中華」や「ワンボウルフレンチ」がビストロにおまかせで作ることができるようになりました。

発酵機能では、ビストロ【NE-BS1600】から30℃から65℃まで温度帯が広がり、最大8時間設定が可能なため、ヨーグルトや甘酒が手作りできるようになっています。

また、甘酒を使用したアレンジメニューのレシピを搭載しているので、料理の幅が広がくなりました。

最新のビストロ :【NE-BS1600】では、とろみ検知センシング発酵機能新たに追加されたと言うことですね。

上記ではまだまだ分かりづらいので、詳しく見ていきましょう。

最新 パナソニック ビストロ【NE-BS1600】の特徴!進化した機能!違いはコレ!

(NEW)▼とろみセンシング▼

高精細64眼スピードセンサーの精度を高めたことにより、0.1秒ごとに、細かく温度を見守ることができるように!

温度測定の精度が向上したことにより、肉や魚介類のたんぱく質の硬化を抑え、「とろみ」のこびりつきを抑制する機能が進化!

「とろみセンシング」により、例えばエビのプリップリッ感が、旧型の2.4倍にアップ!

エビに限らず、食感が大事なメニューも食材のおいしさを引き出せます。

上記により、火加減のむずかしい「とろみ」料理ができることで、「ワンボウル中華」「ワンボウルフレンチ」を、ビストロにおまかせで作れるようになりました。

(NEW)▼「ワンボウル中華」「ワンボウルフレンチ」▼
従来の「ワンボウルパスタ」「ワンボウルシチュー」に加えて、「ワンボウル中華」「ワンボウルフレンチ」がおまかせ調理で実現!

とろみセンシングにより、耐熱ガラス製ボウルにすべての材料を投入しても、途中のかき混ぜが不要で、「中華メニュー」や「フレンチメニュー」をボタンを押すだけで手軽に楽しむことができます。

メニュー例▼

(NEW)▼「発酵」機能▼

発酵30~65 ℃と旧型(発酵30~45℃)に比べ温度帯が広がり、最大8時間設定が可能に!また、スチームの有無も選択できます。

そのため、ヨーグルトや甘酒を手作りすることが可能に!

また、甘酒を使用したアレンジメニューのレシピも搭載しているので、美容や健康を意識した料理を楽しむこともできます。

(NEW)▼ロック機能(チャイルドロック)

子どもがいるご家庭にも安心!ボタンや画面に触れても操作を受け付けないようにロックする機能が追加!

万が一に備えて、チャイルドロックが追加されたのは、嬉しい点ですね。

上記が、パナソニック ビストロ【NE-BS1600】から追加された機能や進化した機能です。

「ワンボウル中華」「ワンボウルフレンチ」・「発酵」機能が追加されたことにより、料理の幅が広がることは間違いないですね。

好評の「ワンボウルパスタ」「ワンボウルシチュー」も従来通り作ることができますので、安心してください。

初めての方は、パナソニック ビストロでは、何ができるの?どんなことができるの?か分からないと思いますので、【NE-BS1600】と旧型【NE-BS1500 】の共通機能を順に見ていきましょう。

パナソニック ビストロ【NE-BS1600】と旧型【NE-BS1500 】でできること!(共通機能)

▼レンジ機能▼

▼あたため▼

食品の分量を見分けて、短時間で加熱。

野菜などの分量を見分けて、加熱時間を制御。

そのため、鍋で煮るより時短になり、栄養分の残存率も高く、ヘルシーさアップ!

▼ムラを抑えて解凍▼

食品の分量・種類を見分けて、解凍ムラを抑え、すぐ下ごしらえできる状態に解凍できます。

そのため、調理時間の短縮にもつながります。

▼2品同時あたため▼
温度の異なる2品のあたためが可能!

例えば、冷凍ごはんと冷蔵おかずなど冷凍も、冷蔵も、まとめてあたためできます!

2回に分けて温める必要がないので、時短に繋がります。

▼料理に合わせた温度設定▼

容器の重さに左右されることなく、お好みの温度にあたためることができます。

-10℃から90℃まで、料理に合わせた温度設定が可能です。

また、自動で温めたり、「強・弱」の温度設定もできます。

離乳食やアイスもちょうどいい温度に!

▼離乳食用ゆで野菜コース/乾物を戻すコース▼

離乳食用ゆで野菜コース:つぶせるくらいの柔らかさに野菜を茹でます。

乾物を戻すコース:乾物をすぐに戻すことができます。

▼エコナビ運転▼
1品あたため時に、食品の分量と温度差を見分けて、食品の温度上昇が均一で早いと判断した時に、

加熱時間をコントロールし無駄な加熱を防ぐことで、エコナビ運転となります。

エコナビ制御で、ご飯なら1杯30秒台という時短&省エネで適温にあたためます。

エコナビ運転をしなかったときと比較すると、約15%の省エネとなります。

省エネ効果があると判断した場合は、エコナビランプが点灯します。

▼グリル機能▼

▼グリル▼
  • グリル【両面】:電波と上ヒーターで食品を加熱します。食品を途中でひっくりかえす手間なく焼けます。(ハンバーグなど)
  • グリル【上面】:上ヒーターのみで食品を加熱し、食品の上面のみ焦げ目をつけることができます。(グラタンなど)
  • グリル【下面】:電波のみで食品を加熱し、食品の下面の追加加熱や下面の焦げ目をつけることができます。(餃子など)
▼短時間で焼き上げる▼
チタンコートグリル皿で、上ヒーターの温度上昇の速さとグリル皿裏面の新素材で、素早く発熱することにより

骨付き肉も、予熱なしでこんがりと焼き上げることができます!

オーブン調理で時間のかかる料理も、グリルで時短を実現!

↓グリル調理だと断然早い!オーブンよりも1.5倍くらい早いですね↓

 

▼発酵なし、予熱なしでピザやパンも▼

発酵いらず、予熱いらずでピザやパンを短時間で焼き上げることができます。

スナックピザの場合、生地を作り、ソースと具をのせて、ビストロで約10分ででき上がります。

▼焼き物と煮物が、同時に完成!合わせ技セット▼
ヒーターとマイクロ波の合わせ技で焼き物と煮物が一度にでき、2品を別々に調理する時よりも調理時間を約25%短縮します。

▼パンのあたため▼
高精細・64眼スピードセンサーで分量を判定し、レンジ・ヒーター・スチームの合わせ技で、惣菜パンやフランスパンなどあたためが難しいパンも表面はパリッとさっくり、中はふんわりあたためます。

▼スチーム機能▼

▼スチームコントロール▼

低温のスチームから高温の過熱水蒸気まで、調理に応じてスチーム量をきめ細かくコントロール!

短時間でムラなくスチームが充満し、蒸し器同等の仕上がりが可能になり、ぎょうざや茶碗蒸しも蒸し器いらず!

ゆで卵・温泉卵もビストロなら置くだけで簡単なんです!

温泉卵が失敗なしでできるのも大きな魅力となっています。

▼低温スチーム▼

60~95℃を5℃刻みに設定できます。漬物も塩もみ不要ですばやく漬け込みができます。

 

▼手動スチーム▼
手動スチームでは、缶詰やレトルト食品をそのままあたためられます。

また、野菜を蒸すこともできます。

 

▼オーブン機能▼

▼オーブン▼
低温70℃~高火力300℃!じっくり加熱する低温から高温まで幅広く対応しているのでさまざまなオーブン料理が楽しめます。

また、スチームプラスで、手動のオーブン調理中にお好みでスチームを入れることができます。

▼オーブン予熱目安時間表示▼
予熱にかかる時間の目安が表示されることで、下ごしらえや準備もスムーズに。

▼カフェスイーツコース▼
初心者にも簡単に作れるスイーツメニューの、ガトーショコラやスコーン、カップチーズケーキなどオーブンメニューが自動で手軽に作れます。

パナソニック ビストロ【NE-BS1600】と旧型【NE-BS1500 】の価格比較!

▼パナソニック ビストロ【NE-BS1600】ブラック▼

2019年6月1日発売の最新モデル

カラー:ブラック

⇒アマゾン 価格:121,000円
⇒Yahoo!ショッピング 価格:117,700円
⇒楽天市場 価格:120,250円
▼パナソニック ビストロ【NE-BS1600】ホワイト▼

2019年6月1日発売の最新モデル

カラー:ホワイト

⇒アマゾン 価格:148,000円
⇒Yahoo!ショッピング 価格:117,660円
⇒楽天市場 価格:120,830円
▼パナソニック ビストロ 旧型【NE-BS1500 】ブラック▼

カラー:ブラック

⇒Yahoo!ショッピング 価格:127,800円
⇒楽天市場 価格:127,800円
⇒アマゾン 価格:122,500円
▼パナソニック ビストロ 旧型【NE-BS1500 】ホワイト▼

カラー:ホワイト

⇒Yahoo!ショッピング 価格:120,612円
⇒楽天市場 価格:139,980円
⇒アマゾン 価格:122,500円

まとめ

耐熱ボウルだけで調理ができる「ワンボウルメニュー」が好評のスチームオーブンレンジ「3つ星ビストロ」!

パナソニック ビストロ 最新モデルの【NE-BS1600】では、好評の「ワンボウルメニュー」はそのまま!さらに「ワンボウル中華」「ワンボウルフレンチ」が新たに追加され、料理の幅が広がります。

また、発酵30~65 ℃と旧型(発酵30~45℃)に比べ温度帯が広がり、「ヨーグルト」「甘酒」が手作りできるように!

さらに、チャイルドロック機能を新たに搭載し、子どもがいるご家庭にも安心になったのが、パナソニック ビストロ 最新モデルの【NE-BS1600】です。

NE-BS1500から追加された、みんなの料理教室の「カフェスイーツ」「酒のつまみ」コースもビストロ 最新モデルの【NE-BS1600】にも搭載されています。

みんなの料理教室は、液晶画面を見て材料や作り方を確認しながら調理できるという機能です。

好評な機能はそのままに、新たな機能も追加されたビストロ 最新モデルの【NE-BS1600】は、料理の時短や料理の幅が広がることは間違いなしですね。

ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

⇒【アマゾン】最新スチームオーブンレンジランキング
⇒【楽天市場】最新スチームオーブンレンジランキング

関連記事

新着記事

  1. 【2019年の年末セールを一覧まとめ】ブラックフライデー・Amazonサイバーマンデー・楽天スーパーSALEなど(2018年の開催店舗も振り返り)

    【2019年の年末商戦まとめ】ブラックフライデーやサイバーマンデーセールは何日?開催店舗・ショッピン…
  2. ドライヤーを変えてから髪質が変わった?購入したのはパナソニックのナノケアドライヤーEH-NA99!

    上位モデルが格安!この記事では2017年モデルのご紹介で…
  3. パナソニックナノケア【EH-NA9A / CNA9A】私の口コミと、新型【EH-NA0B】の違いを比較!

    この記事では、パナソニックナノケア【EH-NA9A】の愛用者である私の口コミと、最新モデル【EH-N…
  4. 【スマホ用・持ち歩き軽量・パソコン向き】用途別のおすすめは?モバイルバッテリー口コミランキングを比較!

    モバイルバッテリー(持ち歩ける電池パック)は、いざというときのため1つは持っておきたいですね。 …
  5. 【ダイソンhot & coolとシャープ製を比較】ホットアンドクールはどれがいい?選び方は機能・価格・電気代

    扇風機とファンヒーターをそれぞれ持つと、しまったり出したりするのも大変ですよね。 我が家ではD…

おすすめ記事

  1. 今回は、(2017/9月のランキング)楽天の炊飯器部門でランキング1位と2位のタイガー圧力IH炊飯ジ…
  2. 今回は、衣類スチーマー対決です。 T-fal アクセススチーム(DR8085J0)とパナソニッ…
  3. 最近では、あらゆる「高級食パン」がテレビでも特集され、大ブームを巻き起こしています。 そのブー…
  4. 私は、コーヒーが好きでスタバやドトールなどのカフェに出かけては、濃くて美味しいコーヒーを頼んで飲んで…
  5. ヘルシオ【ホットクック】は、食材に含まれる水分を活用して調理する水なし自動調理鍋です。 KN-…

キッチン家電特集

  1. 【口コミ】安くておすすめのフードプロセッサーはTESCOMの Pure Natura TK441!デメリットはこれ!

    私が今回ご紹介するキッチン家電は、TESCOMのフードプロセッサーPure Natura TK441…
  2. パナソニック 最新 ビストロ【NE-BS1600】の特徴と旧型【NE-BS1500 】との違いを比較!

    パナソニック 最新のビストロ 型番:【NE-BS1600】は、2019年6月1日発売です。 パ…
  3. パナソニックビストロのNE-BS1400とNE-BS1300の仕様の違いとは?機能を比較!

    NE-BS1400とNE-BS1300の仕様の違いを見る前に、最新ビストロではどんな機能があるのかご…
  4. パナソニック ビストロNE-BS1500とNE-BS1400の違い!どっちがいいのか比較?

    小さい子供がいる場合は、離乳食に便利なNE-BS1500がおすすめです。基本的にNE-BS1400に…
  5. 【口コミ】ビタントニオ 縦型 トースターVOT-20のデメリットとは?購入者目線!

    最近では、あらゆる「高級食パン」がテレビでも特集され、大ブームを巻き起こしています。 そのブー…
  6. ヘルシオ【ホットクック】のQ&Aと口コミ!(2018年モデル)KN-HW16Dの違いとは?

    ヘルシオ【ホットクック】は、食材に含まれる水分を活用して調理する水なし自動調理鍋です。 KN-…
  7. 【私の口コミ】パナソニック オーブンレンジ 26L【NE-MS264-K】!

    【NE-MS264-K】は(2018年10月)アマゾンのオーブンレンジの売れ筋ランキングとオーブンレ…
  8. バルミューダのオーブンレンジ【バルミューダ ザ レンジ】!機能や価格を要チェック!

    【バルミューダ ザ レンジ】は、「BALMUDA The Gohan」に続くキッチンシリーズ第4弾と…
  9. 評価が高くおすすめな象印のオーブントースター こんがり倶楽部【ET-GM30-BZ】口コミレビュー

    オーブントースター こんがり倶楽部【ET-GM30-BZ】は、マイコン自動コースを搭載した2017年…
  10. ポタージュが簡単に作れる!クックマスター・Shunsai(旬彩)の私の口コミ

    クックマスター・Shunsai(旬彩)は下記の調理ができる自動調理機です。 ●煮物やカレー、おかゆ…
ページ上部へ戻る