ブラウン ハンドブレンダー マルチクイック MQ735の私の口コミとMQ535との違い!

果物を購入してみたはいいものの、一度食べると満足してしまい残ってしまうことが多々ありました。

そのために食べる以外にジュースなどにすれば違った美味しさを見つけられると思っていたので、ブレンダーみたいなのが欲しいと思ったのが理由です。

力に応じて潰したりすることが出来るので、果物の特徴を残しつつジュースに出来るのが良いと、ジュース以外に色々な用途で使えるということで、MQ735にしました。

購入をしてみて意外とパワーもあるので、ジュースになるまでの時間も短いのですぐに作ることが出来るのが良かったです。

ブラウン ハンドブレンダー MQ735のメリット・デメリット

メリットはジュースなどを作っていて、水中で少し浮かせて行っても飛び散ることがあまりないので、場所などを気にせずに使える点です。

容器もそれほど大きくなくてもこぼれることがないので、ブレンダーを使うために特別大きな容器などを使わなくて良いのもメリットです。

また、ステンレス部分は取り外して洗うことが出来るので、綺麗な状態で使い続けることが出来る点です。

ステンレス部分は単独で立たせることが出来るために、置く場所に困ることなく、調理後に片付ける時も便利です。

セーフティロックが付いていて間違って作動させてしまったということがないので、安心して使うことが出来ます。

デメリットは、セーフティロックを押した後にすぐに作業を始めなくていけないので、慣れるまで面倒なことが多くあります。

また、ブレード部分は外せないので、綺麗にするのが少し大変な部分もありました。

ブラウン ハンドブレンダー マルチクイック MQ735の私の口コミ

キッチンで使うにはコードが短いために、作業出来る場所が限られてしまったりするので、最初の頃はブレンダーを使用するスペース作りが大変でした。

そのために延長コードを購入した方が調理に適した場所で出来るので便利です。

また、セーフティロックなどが付いているので、子供がいる家庭でも安全に使用ができます。

さまざまなものをつぶすことができるので、食材を細かくしたい時などにも簡単にできるために、料理の時間を短縮することが出来るので便利です。

それでも固いものは出来なかったりするので、何を目的に使用するのかを確認した上で購入するのが良いです。

調理・加工できない食材(故障・破損の原因)

  • コーヒー豆、氷、凍った食材、香辛料、固形のチョコレートなどのかたい食材
  • ※氷を砕く場合は別売品のビッグチョッパーをお求めください。

ブラウン ハンドブレンダー マルチクイック 【MQ735とMQ535】との違いとは?!

▼まずは仕様の違いから▼

品名 マルチクイック 7

ハンドブレンダー MQ735

マルチクイック 5

ハンドブレンダー MQ535

画像
消費電力 400 W 350 W
カラー ブラック/シルバー ホワイト/グレー
取り外し可能なシャフト
刃の材質 ステンレス ステンレス
強力で静かなモーター
回転数(約) 13,800回 14,000回
スピード スマートスピード 2段階調節

ターボ機能

コード長 1.2 m 1.2 m

上記の赤くなっているところが違うところです。

MQ535=発売日: 2014年10月

MQ735=発売日: 2014年2月

MQ735では、400wで、スマートスピード搭載です。

スマートスピードは、握る力を変えるだけでスピード調整自由自在になるという機能です。

MQ535では、350wになり消費電力が減り、回転数も増えましたね。

MQ535は、スピード調整ボタン搭載です。ボタン式ですね。

基本的には上記の違いが主ですね。

次は機能の違いを見ていきましょう。

▼機能の違い▼

マルチクイック 7

ハンドブレンダー MQ735

マルチクイック 5

ハンドブレンダー MQ535

▼パワーベル テクノロジー▼

ベル型シャフトにより、さらにきめ細やかでなめらかな仕上がりを実現。また、飛び散りを防いでキッチンを清潔に保ちます。

▼みじん切り・「つぶす」&「混ぜる」▼

肉、チーズ、ナッツ、野菜などの下ごしらえやスムージー・ドリンクやスープ作りに。またメレンゲやクリーム、ソース作りにも応用できます。

▼スプラッシュコントロールテクノロジー▼

飛び散りを防止。キッチンや衣服を汚す心配が少ないので、いつでもどこでも安心してお使いいただけます。

▼チョッパー▼

ハーブでもタマネギでも、包丁では手間がかかる作業があっという間に刻めます。

▼ホイップ、泡立て、かき混ぜ▼

クリームのホイップ、卵の泡立て、ケーキ ミックスの混ぜ合わせ、オランデーズ ソースのかき混ぜなどが、驚くほどの速さでできます。

▼食洗機対応で、カンタンお手入れ▼

本体(モーター部)、接続部とふた以外は、食器洗い機で洗えます。

▼セーフティロック▼

特許を取得したチャイルドセーフティロック機能によって、誤操作による予期せぬ事故を防ぎます。

×

▼スマートスピードテクノロジー▼

握る力を変えるだけでスピード調整自由自在。好みの仕上がりに合わせて、自分の手の感覚でスピードをコントロールできます。

スマートスピード搭載

×

2段階スピード調整機能・ターボ

【MQ735とMQ535】との主な違いは、MQ735では、握る力を変えるだけでスピード調整機能により、セーフティロックがより必要になったことですね。握る力でできるので安全性が重要視されます。

握る力で速さを変えられるので、よりスムーズに操作できます。

MQ535では、固い食材やスピード調理はターボで、柔らかい物やじっくりピューレ状にしたい場合は通常ボタンで作業できます。

また、MQ535はボタン式なので押している間に運転します。よってボタンを離すと停止するので、安全性も考慮されています。

ブラウン ハンドブレンダー マルチクイック MQ735とMQ535のみんなの口コミ

購入者の声MQ735

使った感想、回転速度を任意に変えられるのは良い。清掃も非常に楽。使用時の音は少し大きいが気になるレベルでは無い。

トマトジュース かぼちゃスープ等々便利に使っています。ミキサーに比べて食感がとてもなめらかになる。

購入者の声MQ735

離乳食作りの為に購入しました。

ペースト状のおかゆを簡単に作ることができました。

お菓子作りにも活用したいと思います。

購入者の声MQ535

サイズは小さいのですがチョッパーの威力も大きく、みじん切りのつもりがおろし状態にあっと言う間になりました。

泡立て器のワイヤーは少々弱めですが、満足しています。

スイッチを押し続けるのが辛い時もありますので、オン機能があれば完璧です。

購入者の声MQ535

離乳食作りの為に購入しましたが

ブレンダーは大活躍でした!

離乳食作りが終わってからは普段のご飯作りに使えたり、手間暇掛かっていた作業がこれによって時短されてとても重宝しています。

MQ735とMQ535の価格を比較

▼マルチクイック 7・ハンドブレンダー MQ735
⇒アマゾン 価格:8,510円
⇒楽天市場 価格:8,590円
▼マルチクイック 5・ハンドブレンダー MQ535
⇒アマゾン 価格:6,564円
⇒楽天市場 価格:6,457円+送料

大手家電量販店にも取り扱っているものが異なるようですね。コジマにあってヤマダになかったりするものもあります。

ポイントや送料を考慮して検討したほうがいいですね。

アイス用カッターを搭載!クラッシュアイスが可能になるハンドブレンダーMQ745

付属のアイス用カッターを使用すれば、固い氷もあっという間に粉砕できます。

スムージー、シェイク、カクテルなどアイスドリンクには欠かせない機能です。

▼マルチクイック 7 MQ745▼
⇒楽天市場 価格: 10,880円
⇒アマゾン 価格: 11,990円

MQ735とMQ535のまとめ

どちらがいいのかは、「ボタンを押すか」「握る力で速さを変えられる」のどっちが自分にあっているかですね。

ちなみに発売日: 2017年10月のマルチクイック 9 ハンドブレンダー MQ 9035Xでは、スマートスピード搭載です。

握る力で速さを変えられる「スマートスピード」が採用されています。

今後はスマートスピードが主流になるかもしれませんね。

また、クラッシュアイスが作りたいなら MQ745という選択肢になりますね。

ブラウン ハンドブレンダー は、飛び散りづらい、溢れにくいなどブレンダーを使用する上で気になる部分がないので、安心して使うことが出来るのが良い所です。

欠点はコードの短さなどはありますが、すぐに解決が出来るので問題なく使用が出来ます。

色々な目的で使用することが出来るので、料理をする上で面倒なことがこれで出来るので便利です。

ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事

新着記事

  1. 【口コミ】Oculus Go (オキュラス ゴー)で見れる動画配信サービス一覧!とメリットやデメリット!!

    数年前からテレビやインターネット上ではVRが凄いといった形で紹介される事が多くあります。 私も…
  2. 【購入者目線の口コミ】ワイヤレスイヤホン初心者におすすめのElemiya Bluetooth 「S-8」

    今回ご紹介するのは、Bluetoothワイヤレスイヤホンの「S8」。 コンパクトで軽量、そして…
  3. 【楽天VSアマゾン】サーキュレーターランキング1位!おすすめはどっち?!

    これまでの扇風機という概念を覆すサーキュレーターという商品が、巷では旋風を巻き起こしていることをご存…
  4. 楽天スーパーポイントアッププログラム(SPU)で私が「ポイント10倍」を維持している方法とは?!

    楽天のポイントアッププログラムを徹底攻略!基礎知識や活用法も解説します 楽天のポイントアッププ…
  5. 【口コミ】安くて高品質!コスパ最強の電動歯ブラシ Fairywill(FW-507)!デメリットはあった!!

    電動歯ブラシって便利そうだなと思っても、価格が高いからあきらめたという経験はないでしょうか。 …

おすすめ記事

  1. パナソニック衣類スチーマーNI-FS540は、ハンガーにかけたまま、シワ・ニオイが取れプレスもできる…
  2. トーカ堂の加湿空気清浄機【kc30t6】は、kc30t5の後継機にあたる機種で2018年モデルの最新…
  3. 夏の季節になると必要になってくるのが、「扇風機」。 ただ、暑い季節になると気になるのが電気代!…
  4. シャープのヘルシオ グリエは、どこが変わったのか?! AX-H1(2016年モデル)とAX-H…
  5. シャープ製品のスリムイオンファンHOT&COOLとDyson Hot + Cool ファンヒ…

キッチン家電特集

  1. 【私の口コミ】パナソニック オーブンレンジ 26L【NE-MS264-K】!!

    【NE-MS264-K】は(2018年10月)アマゾンのオーブンレンジの売れ筋ランキングとオーブンレ…
  2. バルミューダのオーブンレンジ【バルミューダ ザ レンジ】!!機能や価格を要チェック!!

    【バルミューダ ザ レンジ】は、「BALMUDA The Gohan」に続くキッチンシリーズ第4弾と…
  3. ドルチェグスト ジェニオ2(無料)で自宅がカフェに大変身?!ついでに口コミと価格もチェック!!

    今回、紹介するのは手軽に美味しいコーヒーが淹れられると評判の「ネスレ ドルチェグスト ジェニオ2 プ…
  4. 最新ヘルシオ グリエレンジ(AX-HR2)の機能と価格!!ヘルシオ グリエ(AX-H2)との違いとは?!

    2017年12月中旬発売のキッチン家電!! シャープのウォーターオーブンレンジ【ヘルシオ グリ…
  5. パナソニックビストロのNE-BS1400とNE-BS1300の仕様の違いとは?!機能を比較!!

    NE-BS1400とNE-BS1300の仕様の違いを見る前に、最新ビストロではどんな機能があるのかご…
  6. ランキング上位(楽天)タイガー圧力IH炊飯ジャー5.5合【JPC-A100】【JPB-H102】の違いと比較!

    この2機種は(2018/9月)楽天ランキング炊飯器部門で1位【JPC-A100】と4位の【JPB-H…
  7. 【口コミ】安くておすすめのフードプロセッサーはTESCOMの Pure Natura TK441!デメリットはこれ!

    私が今回ご紹介するキッチン家電は、TESCOMのフードプロセッサーPure Natura TK441…
  8. 【口コミ】ビタントニオ 縦型 トースターVOT-20のデメリットとは?!購入者目線!!

    最近では、あらゆる「高級食パン」がテレビでも特集され、大ブームを巻き起こしています。 そのブー…
  9. 一人暮らしやお弁当作りに最適!簡単に油料理ができる。D-STYLIST スクエアフライヤー購入者目線!

    D-STYLIST スクエアフライヤー KK-00222をじっくり使ってみました。 これは3千…
  10. パナソニック 最新 ビストロ【NE-BS1600】の特徴と旧型【NE-BS1500 】との違いを比較!!

    パナソニック 最新のビストロ 型番:【NE-BS1600】は、2019年6月1日発売です。 パ…
ページ上部へ戻る