バリスタiアイの型番spm9635 hpm9635 違いとは?みんなの口コミも要チェック!

バリスタiアイの型番「spm9635」「 hpm9635」この2つの型番はどこがちがうのでしょうか!

実はこの2つに違いはありません。

バリスタiアイの型番spm9635とhpm9635に違いはありません。

簡単に説明致しますと、流通経路の違いのみですね。

家電量販店で主に販売しているのがhpm9635という型番で、一般的に出回っているのがspm9635になります。

本来の型番は「pm9635」というのが正式で、そこにSやHで流通経路の違いによって分けているようです。

バリスタiアイのspm9635 hpm9635の仕様の違いはあるのか?

上記でも書きました通り仕様の違いもありません。

一応各スペックを見て行きましょう。

ネスレ ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタアイ

HPM9635 SPM9635
プレミアムレッド

レッド

▼タンク容量▼
1.0L 1.0L
▼電源▼
AC100V 50/60Hz AC100V 50/60Hz
▼定格消費電力▼
1460W 1460W
▼寸法▼
W17.8×H32.0×D28.9cm W17.8×H32.0×D28.9cm
▼質量▼
約3.4kg 約3.4kg
▼Bluetooth搭載▼

仕様の違いもありませんね。

色はプレミアムレッドとレッドでは多少の見た目的な違いはありますが、そのほかは一緒です。

バリスタiアイのマシン無料レンタルはどの型番なのか?

バリスタiアイでは、「マシンが無料のコーヒーカートリッジお届け便」で定期的に購入するとマシンのレンタル料が無料になります。

気になるのが、上記でありましたように型番が「spm9635」「 hpm9635」の2つありますので、どっちが届くのか?

ネスレ ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタアイの公式では、基本的に「pm9635」で区別しているため、選ぶことはできないということですね。

まぁ機能は一緒なので選ぶ必要もないですね。

ただ、無料レンタルの場合は、ホワイトまたはレッドの色なので、プレミアムレッドなどの他の色は選べません。

無料レンタルの詳細は⇒バリスタi [アイ]公式サイトにて確認できます。

バリスタiアイのみんなの口コミ

購入者の声A

エスプレッソ、ブレンド、アメリカンとボタンひとつで簡単に淹れられ、

牛乳を使えば、カプチーノやカフェラテも作れます。

お湯を沸かして豆を挽き、ペーパーフィルタをセットしてと、本格的なコーヒーを楽しむには意外と手間がかかるので、忙しい朝などは、特に便利です。

購入者の声B

お試し的に最初はレンタルにて使用していました。

家族も気にいってくれたので、レンタルを解約して購入しました。

Bluetoothが繋がり難いのが難点ですかね。

まぁ忙しい朝でも手軽に美味いコーヒーが飲めるので、満足です。

購入者の声C

アプリを立ち上げてコーヒーを飲むとポイントも貯まり、いいことだらけです(*’∀`)♪

自分好みにコーヒーの量も調節できるので、本当に有り難いです。

購入者の声D
とにかく手軽にという方には最適ですね。

動作音に関しては少し気になる人もいるかもしれません。

私はそれ程気になりませんでした。

バリスタiアイの型番spm9635 hpm9635価格の違いは?

hpm9635 spm9635
▼プレミアムレッド▼

価格:7,000円

⇒アマゾン

▼レッド▼

価格:6,480円

⇒アマゾン

▼プレミアムレッド▼

価格:8,540円

⇒楽天市場

▼レッド▼

価格: 5,380円

⇒楽天市場

⇒マシン無料レンタルバリスタi [アイ]公式はこちら

バリスタiアイの型番spm9635 hpm9635についてのまとめ

お気づきの人はお気づきかと思いますが、アマゾンにてSPM9635のサイズ:高さ 370mm 幅 330mm 奥行 212mmは誤表記ですね。

ネスレの公式サイトでも誤表記がありましたが、spm9635とhpm9635の正しいサイズは共に「幅17.8×高さ32.0×奥行き28.9cm」が正しいです。

まとめと致しましては、バリスタiアイの購入に迷っていましたら、まずはマシン無料レンタルで試してから購入を検討した方がいいですね。

ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

⇒【口コミ】ネスカフェ バリスタ 50「Fifty」の使い方と知っておきたいデメリットとは?

⇒【バリスタ歴8年】愛用者が教える「ネスカフェ バリスタ」の使い方と口コミ!

関連記事

新着記事

  1. コアヒートVSセラムヒート の電気代と仕様の比較!違いはココ

    コロナ コアヒートとダイキン セラムヒートの比較です。電気代や仕様の比較から運転モードまで!違いはど…
  2. 【私の口コミ】ネスカフェ バリスタ 50「Fifty」の使い方と知っておきたいデメリットとは?

    バリスタは簡単に本格的なコーヒーを楽しみたい人におすすめ! 「バリスタ」をご存じですか?キット…
  3. ダイソン サイクロン V10 公式限定割引キャンペーンは安いのか?価格を比較!

    【コード付き掃除機よりも確実にゴミを吸い取ります】で有名なダイソンのコードレスクリーナー。 ダ…
  4. コロナ コアヒートとコアヒートスリムどっちが良いのか?決定的な違いを暴く!

    今回比較する型番は、「コアヒートDH-1218R」「コアヒートスリムDH-918R」です。この2機種…
  5. バルミューダ トースター(新型)の実力とは?購入して分かったデメリット!

    オーブントースターとしては高めの価格帯であるバルミューダのトースターですが、独自のスチームテクノロジ…

おすすめ記事

  1. バリスタは簡単に本格的なコーヒーを楽しみたい人におすすめ! 「バリスタ」をご存じですか?キット…
  2. 数あるふとん乾燥機の中でも、人気のシャープが新型のプラズマクラスターふとん乾燥機(UD-AF1)を1…
  3. アイリスオーヤマ カラリエは、寒い冬や布団が干せない梅雨の時期・雨の時に大活躍する 布団乾燥機です。…
  4. パナソニック衣類スチーマーNI-FS540は、ハンガーにかけたまま、シワ・ニオイが取れプレスもできる…
  5. プリントス(printoss)は、スマホで撮った写真をいつでも気軽に簡単にプリントできる「プリントト…

キッチン家電特集

  1. 【私の口コミ】パナソニック オーブンレンジ 26L【NE-MS264-K】!

    【NE-MS264-K】は(2018年10月)アマゾンのオーブンレンジの売れ筋ランキングとオーブンレ…
  2. パナソニックビストロのNE-BS1400とNE-BS1300の仕様の違いとは?機能を比較!

    NE-BS1400とNE-BS1300の仕様の違いを見る前に、最新ビストロではどんな機能があるのかご…
  3. 2品同時に温められるレンジが超便利!パナソニックのビストロ/NE-BS1400!私の口コミと評価は?

    今までは送料込みで1万円以下の激安レンジをインターネット通販で購入していました。 でも、結婚し…
  4. ヘルシオ ホットクック!2017年モデルと2016年モデル!どこが変わった?口コミと価格を比較!

    ヘルシオ ホットクックは、「無水調理」をする鍋です。 水や火を使わず調理できる電気無水鍋です。…
  5. 【口コミ】安くておすすめのフードプロセッサーはTESCOMの Pure Natura TK441!デメリットはこれ!

    私が今回ご紹介するキッチン家電は、TESCOMのフードプロセッサーPure Natura TK441…
  6. ブラウン ハンドブレンダー マルチクイック MQ735の私の口コミとMQ535との違い!

    果物を購入してみたはいいものの、一度食べると満足してしまい残ってしまうことが多々ありました。 …
  7. 楽天ランキング上位独占!タイガー圧力IH炊飯ジャーJPB-G102とJPB-H102を比較!どこが違うのか?

    今回は、(2017/9月のランキング)楽天の炊飯器部門でランキング1位と2位のタイガー圧力IH炊飯ジ…
  8. バルミューダのオーブンレンジ【バルミューダ ザ レンジ】!機能や価格を要チェック!

    【バルミューダ ザ レンジ】は、「BALMUDA The Gohan」に続くキッチンシリーズ第4弾と…
  9. ヘルシオグリエ AX-H1「ウォーターオーブン」私の口コミと価格をチェック!

    ヘルシオグリエとは、水蒸気加熱方式を採用した「ウォーターオーブン」と呼ばれる調理家電製品となります。…
  10. 評価が高くおすすめな象印のオーブントースター こんがり倶楽部【ET-GM30-BZ】口コミレビュー

    オーブントースター こんがり倶楽部【ET-GM30-BZ】は、マイコン自動コースを搭載した2017年…
ページ上部へ戻る