コップ1杯59秒おすすめ電気ケトル【ティファール ジャスティン プラス1.2L】の私の口コミレビュー

ティファール ジャスティン プラスは、1.2Lの大容量なのに軽量でスリムなデザインが特徴です。

この製品は、アマゾンベストセラー1位商品なので人気が伺えます。

楽天市場やアマゾンでもレビューは共に1000件以上ある人気の電気ケトルです。

評価も5段階中4以上獲得しているので、安心できる商品です。

すぐにお湯を沸かして使用できる【ティファール ジャスティン プラス1.2L】

▼商品の特長▼

  • カップ1杯分のお湯(140ml)が59秒!
  • 沸騰後しばらくすると自動電源オフ機能あります。
  • 電気代はカップ1杯(約140ml)で約0.6円です。
  • 大容量1.2Lなので、最大約8杯分までのお湯が沸かせます。
  • 空だき防止機能付き。
  • ひと目で湯量を確認できる窓付き。
  • フィルター付注ぎ口でいつも清潔に保てます。
  • スリムな注ぎ口で、お湯を注ぐ量をコントロールできます。
  • ふたは開けた状態で固定でき、間口も従来モデルより約30%広くなりお手入れがし易いです。

ジャスティン プラス1.2Lを購入したきっかけ

すぐに沸かせることが出来るのが購入ポイントであり、同様の商品も多くありましたが、価格も安かったのが購入の決め手です。

実際に買って使ってみるとすぐに沸かせるという点が間違っていなかったので、想像通りで購入して良かったです。

▼製品仕様▼

品名 ▼T-FAL 電気ケトル KO3408JP▼
画像
定格消費電力 1250 W
容量 1.2 L
重量 (g) 970
  • 幅 (mm)
  • 奥行き (mm)
  • 高さ (mm)
  • 幅 (mm):221
  • 奥行き (mm):161
  • 高さ (mm):209
コードの長さ 1.3m
機能 自動電源オフ機能

パイロットランプ

コードレス

水量目盛付き

注ぎ口にフィルター

熱源底部カバー

ジャスティン プラス【KO3408JP】のメリットデメリット

メリットは水を電気ケトルに入れてスイッチをオンにするのみの構造で使いやすいです。

沸騰させる時間がコップ1杯が59秒なので、紅茶や砂糖・カップなどを用意しているうちに沸騰できます。これにより飲みたい時に飲める!が実現できます。

外から水の量が分かるメモリがあるので、最適な量だけを沸騰させることが出来ます。

デメリットは注ぎ口は上向きでありながらフタなどがないために、ホコリなどの心配があります。

ですが、電気ケトル自体に保温機能がないため、飲みたい時に飲みたい分だけ作れば問題ないです。

また、この電気ケトルは転倒お湯もれロック機能が付いていないため転倒したときが心配なくらいですね。

最終的に「必要な量」を「必要な時」に沸かせば問題ないですね。

ですので、デメリットはそこまで感じません!

購入を検討している方へ注意点

沸騰したら電源が切れるという点はあるものの、転倒防止などの機能はないために、子供がいる家庭などは注意した方が良いです。

コードは1.3mしかないので、コードが引っかかって電気ケトルが転倒しないようにするなど注意が必要です。

コードに足が引っかかってしまった時に電気ケトルが倒れて、入ってた水が出てきてしまったこともありました。

注意点を守れば使い勝手が良いために、継続して使用が出来る商品です。

ジャスティン プラス1.2L【KO3408JP】のみんなの口コミ

購入者の声A

2人だとこのサイズで十分でした。

ティータイム、調理時に活躍してくれます!電気屋さんより(楽天市場)安かったです!

購入者の声B

毎日大活躍しています!

ヤカンでわかすのはとても時間がかかるけど、これなら数分でお湯がわけてとっても便利(^^)

夫は朝のコーヒーに、私は料理の時に先にこれでお湯を沸かして鍋に入れて時短&節約に!

購入者の声C

お値段もお手頃で買えましたし、たくさん沸かせていい!カップラーメンのお湯を沸かすのにも、だいたい一杯400ml使うので前のケトルだと一杯ずつしかできなかったけど、これなら3杯分一気に沸かせる!5人家族の我が家には必需品です!

購入者の声D

結構な量の水を入れ、スイッチポンで、ちょいの間に沸いています。

さすがティファールですね。

しかも、このタイプは1.2Lも沸かせます。

24時間電源入れっぱなしのポットよりずっとお得だと思います。

ジャスティン プラス1.2Lの価格

▼T-FAL 電気ケトル KO3408JP▼
⇒アマゾン 価格:2,945円
⇒楽天市場 価格: 3,240円

ジャスティン プラス1.2Lのまとめ

お湯を短時間で沸かすという目的においては非常に良いものでした。

コードが短いかな?と気になる点もありますが、そこは設置場所や使い方に慣れていけば避けられる点でもあります。

ほんとにすぐに沸いてくれるので、本当便利です。

もう我が家には欠かせない商品となりました。私的には、サイズ・デザイン・機能・安さで大満足です。

ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事

新着記事

  1. コアヒートVSセラムヒート の電気代と仕様の比較!違いはココ

    コロナ コアヒートとダイキン セラムヒートの比較です。電気代や仕様の比較から運転モードまで!違いはど…
  2. 【私の口コミ】ネスカフェ バリスタ 50「Fifty」の使い方と知っておきたいデメリットとは?

    バリスタは簡単に本格的なコーヒーを楽しみたい人におすすめ! 「バリスタ」をご存じですか?キット…
  3. ダイソン サイクロン V10 公式限定割引キャンペーンは安いのか?価格を比較!

    【コード付き掃除機よりも確実にゴミを吸い取ります】で有名なダイソンのコードレスクリーナー。 ダ…
  4. コロナ コアヒートとコアヒートスリムどっちが良いのか?決定的な違いを暴く!

    今回比較する型番は、「コアヒートDH-1218R」「コアヒートスリムDH-918R」です。この2機種…
  5. バルミューダ トースター(新型)の実力とは?購入して分かったデメリット!

    オーブントースターとしては高めの価格帯であるバルミューダのトースターですが、独自のスチームテクノロジ…

おすすめ記事

  1. 空気が乾燥していると、お肌がカサカサになったり、髪がパサパサに・・・。 また、ノドもカラカラに…
  2. BALMUDA The Pot (K02A)は、おしゃれなデザインが魅力の電気ケトルです。 ハ…
  3. 今回は、赤ちゃんや子供にも使えるおすすめな体温計をご紹介致します。 体温計には、「赤外線の体温…
  4. まず【KC-30T6】とはトーカ堂というお店専用の空気清浄機です。よく比べられる製品としてシャープ純…
  5. 楽天やアマゾンの掃除機ランキングで常に上位にいるマキタとダイソン! どちらも人気でコードレス掃…

キッチン家電特集

  1. 【口コミ】安くておすすめのフードプロセッサーはTESCOMの Pure Natura TK441!デメリットはこれ!

    私が今回ご紹介するキッチン家電は、TESCOMのフードプロセッサーPure Natura TK441…
  2. 【私の口コミ】パナソニック オーブンレンジ 26L【NE-MS264-K】!

    【NE-MS264-K】は(2018年10月)アマゾンのオーブンレンジの売れ筋ランキングとオーブンレ…
  3. 最新ヘルシオ グリエレンジ(AX-HR2)の機能と価格!ヘルシオ グリエ(AX-H2)との違いとは?

    2017年12月中旬発売のキッチン家電! シャープのウォーターオーブンレンジ【ヘルシオ グリエ…
  4. ビタントニオの牛乳パックのまま ヨーグルトメーカー!みんなの口コミと最安値をチェック!

    ヨーグルトメーカー、実は子どもの頃から色々試しています。 でも、結局面倒で使わなくなって倉庫行…
  5. 【かまどさん電気】(SR-E111)購入して分かったこととみんなの口コミ!

    この炊飯器を購入したきっかけとしては、我がには旧式の炊飯器があったのですが、どうにも炊いたお米が水気…
  6. 【口コミ】ビタントニオ 縦型 トースターVOT-20のデメリットとは?購入者目線!

    最近では、あらゆる「高級食パン」がテレビでも特集され、大ブームを巻き起こしています。 そのブー…
  7. ブラウン ハンドブレンダー マルチクイック MQ735の私の口コミとMQ535との違い!

    果物を購入してみたはいいものの、一度食べると満足してしまい残ってしまうことが多々ありました。 …
  8. バルミューダのオーブンレンジ【バルミューダ ザ レンジ】!機能や価格を要チェック!

    【バルミューダ ザ レンジ】は、「BALMUDA The Gohan」に続くキッチンシリーズ第4弾と…
  9. パナソニック ビストロNE-BS1500とNE-BS1400の違い!どっちがいいのか比較?

    小さい子供がいる場合は、離乳食に便利なNE-BS1500がおすすめです。基本的にNE-BS1400に…
  10. パナソニックビストロのNE-BS1400とNE-BS1300の仕様の違いとは?機能を比較!

    NE-BS1400とNE-BS1300の仕様の違いを見る前に、最新ビストロではどんな機能があるのかご…
ページ上部へ戻る