おすすめ家庭用エスプレッソマシン!デロンギ【EC680M】のメリットとデメリット!

デロンギ【EC680M】を購入したきっかけ

コーヒーが好きでスタバやドトールなどのカフェに出かけては、濃くて美味しいコーヒーを頼んで飲んでいました。カフェにはたくさんの種類の飲み物があるので毎回美味しく飲んでいたんですが、通っているうちに自分でも淹れてみたいと思うようになりエスプレッソマシンに興味を持つようになりました。

調べてみると非常に色々な種類があり、業務用だけでなく家庭用のものもたくさん出ていて、安くはないですが買えないほど高いわけではなかったこともあって購入することにしました。

家庭用のエスプレッソマシンといっても非常にたくさんの種類が販売されていて、本場のイタリアのものなどは非常にオシャレで高級感もあって、値段も高級感のある値段になっていて手が出ないものも多かったです。

そんな中、イタリアのメーカーのDELONGHI(デロンギ)から出ていたエスプレッソマシンEC680が見た目もオシャレで価格もわりと安価で売られているのを見つけました。

EC680はデディカというシリーズになっていて同シリーズからコーヒーグラインダー(KG521J-M)も出ており、セットで買うとポットに粉を入れやすかったりするようだったので、グラインダーと一緒にEC680も購入することにしました。

デロンギ【EC680M】の私の口コミ

 

エスプレッソマシンは完全に自動のものと手動で抽出を行うものがあるのですが、EC680はその中間のような感じになっており、粉の量やタンピングの具合、抽出温度などの設定は自分でやる必要があります。

購入して1週間ほど使用してみた感想としては、

難しい!

です(笑)

ただ圧力などは機械任せにできるので、慣れれば素人でも十分に美味しいエスプレッソが淹れられるマシンではありますが、色々試行錯誤が必要だと感じました。

そして、その試行錯誤がコーヒー好きな人にとってはすごく楽しい作業になります。

購入してわかったEC680のメリット

  • 試行錯誤する楽しさのある家庭向けの手軽なエスプレッソマシン
  • カフェポッドとコーヒー粉の両方に対応している
  • 小さいので狭いキッチンなどにも置きやすい
  • 抽出温度や水硬度の設定ができる

購入してわかったEC680のデメリット

  • デロンギの家庭向け機種の中では上位機種だが、圧力は15気圧と下位機種と同じ
  • スチームノズルが短いため、大きめのミルクピッチャーが使いづらい
  • ボトムレスフィルターなどのオプションが少ない

 

スポンサーリンク

おすすめポイント

▼高級感のあるメタルボディ▼
▼お好みに合わせてカスタマイズ▼

定量設定、抽出温度(3段階)、 スリープモード設定と、 あなたのお好みに合わせてカスタマイズができ、 いつでも最適なエスプレッソが抽出ができます。

▼シンプルなボタン操作▼

無駄をそぎ落としたシンプルなボタン操作。 1杯/2杯のエスプレッソ抽出も、 スチームへの切り換えも、 ボタンひとつで。

▼2種類の抽出法▼

お好みでカフェ・ポッドとコーヒーパウダーの両方で淹れられます。

▼きめ細かい泡立てミルク作りが可能▼
▼最適な圧力=9気圧を実現▼

内部気圧最大15気圧の電磁ポンプと ステンレス製のサーモブロックボイラーで、 抽出時気圧はエスプレッソ抽出に 最適な圧力=9気圧を実現。

EC680の仕様

▼EC680M / EC680R /EC680BK▼
外形寸法 幅150×奥行330×高さ305(mm)
本体質量 4(kg)
メタルシルバー、レッド、ブラック
電源コードの長さ 1.9(m)
消費電力 1300(W)
ポンプ圧(気圧) 15
抽出気圧(気圧) 9
給水タンク容量

(エスプレッソ)(L)

1.0
▼機能▼
エスプレッソ
カプチーノ
エスプレッソ抽出 – カフェポッド
エスプレッソ抽出 – パウダー : 1杯・2杯同時抽出有り
抽出量設定機能
ミルクの泡立て : 自動
スチームノズル : 二重構造
節電機能
▼付属品▼
タンパー : 計量スプーン一体型
フィルターホルダー
カフェポッド用フィルター
1杯取りフィルター
2杯取りフィルター
計量スプーン
お試し用カフェポッド引換ハガキ

デロンギ デディカ エスプレッソ・カプチーノメーカーの価格

▼EC680M/R/BK▼
⇒楽天市場 価格:26,637(シルバー)
⇒アマゾン 価格:26,637円(シルバー)
ヤマダ 価格:26,637円
ヨドバシ 価格:29,330円

EC680のまとめ

まだ購入して1週間程度しか使っていないので、まだまだ美味しいエスプレッソを淹れられるまでには至っていません。

ですが、それでも毎日家でエスプレッソが淹れられるのは、コーヒー好きとしてはとても嬉しいし楽しいです。

完全にオートではないので試行錯誤する楽しみを残しつつ、自宅で気軽にエスプレッソを淹れられるようにした機種のように感じます。

価格も3万円あればお釣りがくるくらいで購入できるため、初心者用エスプレッソマシンとしても適していると思いますし、ハイエンドモデルを購入するまでの繋ぎの機種としても適していると思います。

私と同じような初心者の方へのアドバイスとしては、

「購入後に楽しくなりすぎてエスプレッソを淹れては飲みまくっているとお腹が痛くなります!」

という事です(笑)

ただ、それくらいエスプレッソを淹れるのが楽しいと感じられる良い機種だと思います。

ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 今回は、衣類スチーマー対決です。 T-fal アクセススチーム(DR8085J0)とパナソニッ…
  2. 人気のデロンギオイルヒーター!HJ0812とH770812EFSNはどっちがいいのか?!違いとは?!…
  3. 毎日毎日洗濯作業を行なうのは大変です。 家族の洋服、下着、靴下などなど、1人暮らしならいざ知ら…
  4. シャープのヘルシオ グリエは、どこが変わったのか?! AX-H1(2016年モデル)とAX-H…
  5. 空気清浄機は欲しいんだけど、花粉の季節以外はそれほど頻繁に使わないし、普段使わない部屋に大がかりな工…

キッチン家電特集

  1. 一人暮らしやお弁当作りに最適!簡単に油料理ができる。D-STYLIST スクエアフライヤー購入者目線!

    D-STYLIST スクエアフライヤー KK-00222 D-STYLIST スクエアフライヤー …
  2. ポタージュが簡単に作れる!クックマスター・Shunsai(旬彩)の私の口コミ

    クックマスター・Shunsai(旬彩)は下記の調理ができる自動調理機です。 ●煮物やカレー、おかゆ…
  3. 【かまどさん電気】(SR-E111)購入して分かったこととみんなの口コミ!

    「長谷園×シロカのかまどさん電気」を購入したきっかけについて この炊飯器を購入したきっかけとしては…
  4. 評価が高くおすすめな象印のオーブントースター こんがり倶楽部【ET-GM30-BZ】口コミレビュー

    オーブントースター こんがり倶楽部【ET-GM30-BZ】は、マイコン自動コースを搭載した2017年…
  5. ヘルシオ ホットクック!2017年モデルと2016年モデル!どこが変わった?!口コミと価格を比較!

    シャープの水なし自動調理鍋「ヘルシオ ホットクック」ってなに?! ヘルシオ ホットクックは、「無水…
  6. ヘルシオ【ホットクック】のQ&Aと口コミ!!(2018年発売)KN-HW16Dの違いとは?!

    ヘルシオ【ホットクック】の特徴 ヘルシオ【ホットクック】は、食材に含まれる水分を活用して調理する水…
  7. ドルチェグスト ジェニオ2(無料)で自宅がカフェに大変身?!ついでに口コミと価格もチェック!!

    ドルチェグスト ジェニオ2で自宅がカフェに大変身?!ついでに口コミと価格もチェック!! 今回、紹介…
  8. ブラウン ハンドブレンダー マルチクイック MQ735の私の口コミとMQ535との違い!

    機能が豊富でジュースも簡単に出来るMQ735を購入した理由 果物を購入してみたはいいものの、一度食…
  9. パナソニック ビストロNE-BS1500とNE-BS1400の違い!!どっちがいいのか比較!?

    小さい子供がいる場合は、離乳食に便利なNE-BS1500がおすすめです。基本的にNE-BS1400に…
  10. 2品同時に温められるレンジが超便利!パナソニックの最新ビストロ/NE-BS1400!!私の口コミと評価は?!

    2品同時に温められるレンジが超便利!パナソニックの最新ビストロ/NE-BS1400の違いも要チェック…
ページ上部へ戻る