デロンギのコーヒーグラインダー「KG521J-M」の私の口コミレビュー

私は、もともとコーヒーが好きで、スターバックスで豆を買ってきたりして自宅で淹れて飲んでいました。

豆を購入する時にいつも「お挽きいたしますか?」と聞かれるのですが、我が家には挽く機械がなかったので毎回挽いてもらっていました。

『もし挽けるようになればもっと美味しいコーヒーが飲めるのかな』と思ったのが、今回デロンギのコーヒーグラインダー「KG521J-M」を購入したキッカケです。

私がデロンギのコーヒーグラインダーKG521J-Mを選んだ理由

コーヒーグラインダーを購入するにあたって色々調べていくと、本当にピンきりで高いものだと10万円以上するので、とても手が出なかったのですが、安価のものも多くあったので1~2万円ほどのものから探してみることにしました。

デザインや値段以外でも、挽き方の細かさや挽く方式などに着目して選ぶようにしました。

コーヒーグラインダーの方式は主に3つあり、コーン式、うす式、プロペラ式とあるのですが安価なものはほとんどがプロペラ式です。できれば一番評判のいいコーン式のものがいいと思い探しました。

また挽き方に関してですが、現在家庭にはドリッパーしかないので、挽き方は標準的なもので問題ないのですが、いずれエスプレッソマシンも購入したいと考えていたので、極細挽きにも対応しているものを選びました。

それらの条件を満たして、尚且予算内で購入できるものを探すとKG521J-Mが最有力ということで、デロンギのこのマシンに決めました。

デロンギのコーヒーグラインダー「KG521J-M」私の口コミレビュー

まずコーヒー豆を自分で挽けるという喜びがありました。

好きなコーヒーがちょっとした趣味に感じられるようになって嬉しかったです。

もちろん挽きたてのコーヒーの味もかなりよかったです。

特に買ってきてしばらく経ってしまった豆でも美味しく挿れることができるようになりました。

今のところは1種類でしか挽いていませんが、このマシンには18段階の細かさで豆を挽く細かさを設定できるので今後エスプレッソを淹れるようになっても安心です。

ボタン一つで挽けて非常に楽なので、とても満足しています。

デロンギ「KG521J-Mのデメリット

このマシンには押している間、豆を挽くボタンというものがありません。

事前に設定した杯数(の時間)分豆を挽くというかたちになるので、豆の量を決めて挽く場合は全ての豆を挽き終えるくらいの杯数に設定する必要があります。

また、音がかなりうるさいのでアパート住まいの方などは夜の使用はちょっとためらってしまうくらいかもしれません。(その場合は手挽きミルなどを使うといいかもしれません。)

デロンギのコーヒーグラインダー「KG521J-M」のみんなの口コミ

購入者の声A

エスプレッソ~フレンチプレスまで対応できるグラインダーです。

試しにハンドドリップ用に挽きました。

入れたコーヒーの香りが全然違う!操作は挽き目と杯数を合わせて、濃さを調整するだけ。

レバーとボタンで簡単操作です。

購入者の声B

スターバックスのエチオピアを7番挽きしようとすると20gで2杯分を設定したとしても2~3回程、押す必要があります。

同じ豆を沢山入れとく方は注意が必要です。

私の場合は毎回入れる分だけ豆をいれてるのと挽くスピードが速いのもあってか、それほど気になりません。

購入者の声C

豆を挽く際の音がハイトーン気味の為、気になる人は気になるかもしれません。
(コンビニのコーヒーベンダーの音が許せれば大丈夫と思います。)

購入者の声D

性能的には言うことは有りません。

おそらく家庭用として現在販売している機種では1、2を争うレベルでは?

自動計量で液晶表示までしてくれたけど、カスタマイズ機能があればもっと良くなるはず。

KG521J-Mの仕様

▼デロンギ デディカ コーン式コーヒーグラインダーKG521J-M▼
電圧/周波数 100V/50/60Hz
消費電力 150W
電源コードの長さ 1.0m
外形寸法(mm) 幅155×奥行き255×高さ385
本体質量 約2.8kg
メタルシルバー
豆ホッパー容量(最大) 約350g
コンテナ容量(最大) 約120g
▼挽いた豆が飛び散らない着脱式コンテナ▼

容量120g

▼簡単なお手入れ▼

上部挽き刃は取り外しできるので、付属のクリーニングブラシで簡単にお手入れ可能です。

▼フィルターホルダーに直接粉の投入可能▼
▼高級感あるデディカシリーズのデザイン▼

EC680とセットで保有いただくことで、デザインだけではなく、手軽に豆から使いやすくなり、機能性でも満足いただけます。

デディカ コーン式コーヒーグラインダー【KG521J-M】の価格

▼デロンギ デディカ コーン式コーヒーグラインダーKG521J-M▼
⇒楽天市場 価格:18,480円
⇒アマゾン 価格:19,600円

KG521J-Mのまとめと私の評価

挽いた豆をどう使っていくかによってもかなり変わってくると思いますが、個人的な評価は、合格点ですね。

デザインも非常にいいですし、上記にあげたデメリットはありますが、それ以上にメリットの大きい素晴らしいおすすめできるグラインダーだと思いました。

エスプレッソマシンもデロンギを使うことで、ポットに直接豆を落としたりもできるようなので、デロンギのエスプレッソマシンを使う場合は更に点数があがりそうです。



おすすめ記事

  1. 今回は、赤ちゃんや子どもにも使えるおすすめな体温計をご紹介致します。 体温計には、「赤外線の体…
  2. アマゾンでよく買い物をする方、映画やアニメが好きでよく見る方であれば、アマゾンプライム会員は非常にお…
  3. 今回は、コムテック 前後2カメラ ドライブレコーダー (ZDR-015)をご紹介致します。 コ…
  4. バリスタiアイの型番「spm9635」「 hpm9635」この2つの型番はどこがちがうのでしょうか!…
  5. バリスタは簡単に本格的なコーヒーを楽しみたい人におすすめ! 「バリスタ」をご存じですか?キット…

キッチン家電特集

  1. 楽天ランキング上位独占!タイガー圧力IH炊飯ジャーJPB-G102とJPB-H102を比較!どこが違うのか?

    今回は、(2017/9月のランキング)楽天の炊飯器部門でランキング1位と2位のタイガー圧力IH炊飯ジ…
  2. 一人暮らしやお弁当作りに最適!簡単に油料理ができる。D-STYLIST スクエアフライヤー購入者目線!

    D-STYLIST スクエアフライヤー KK-00222をじっくり使ってみました。 これは3千…
  3. バルミューダのオーブンレンジ【バルミューダ ザ レンジ】!機能や価格を要チェック!

    【バルミューダ ザ レンジ】は、「BALMUDA The Gohan」に続くキッチンシリーズ第4弾と…
  4. パナソニックビストロのNE-BS1400とNE-BS1300の仕様の違いとは?機能を比較!

    NE-BS1400とNE-BS1300の仕様の違いを見る前に、最新ビストロではどんな機能があるのかご…
  5. 【口コミ】ビタントニオ 縦型 トースターVOT-20のデメリットとは?購入者目線!

    最近では、あらゆる「高級食パン」がテレビでも特集され、大ブームを巻き起こしています。 そのブー…
  6. ドルチェグスト ジェニオ2(無料)で自宅がカフェに大変身?ついでに口コミと価格もチェック!

    今回、紹介するのは手軽に美味しいコーヒーが淹れられると評判の「ネスレ ドルチェグスト ジェニオ2 プ…
  7. ヘルシオグリエ AX-H1「ウォーターオーブン」私の口コミと価格をチェック!

    ヘルシオグリエとは、水蒸気加熱方式を採用した「ウォーターオーブン」と呼ばれる調理家電製品となります。…
  8. ヘルシオ ホットクック!2017年モデルと2016年モデル!どこが変わった?口コミと価格を比較!

    ヘルシオ ホットクックは、「無水調理」をする鍋です。 水や火を使わず調理できる電気無水鍋です。…
  9. 評価が高くおすすめな象印のオーブントースター こんがり倶楽部【ET-GM30-BZ】口コミレビュー

    オーブントースター こんがり倶楽部【ET-GM30-BZ】は、マイコン自動コースを搭載した2017年…
  10. ポタージュが簡単に作れる!クックマスター・Shunsai(旬彩)の私の口コミ

    クックマスター・Shunsai(旬彩)は下記の調理ができる自動調理機です。 ●煮物やカレー、おかゆ…
ページ上部へ戻る