おすすめの電気ケトル【BALMUDA The Pot(バルミューダ ザ・ポット)】の口コミと価格を比較!

BALMUDA The Pot (K02A)は、おしゃれなデザインが魅力の電気ケトルです。

ハンドドリップでコーヒーを淹れてみたい方には、最適の電気ケトルです。

また、お茶やカップスープ、カップヌードルなど、お湯を使う様々な場面で活躍することができます。

BALMUDA The Pot (K02A)は、2017年度グッドデザイン賞(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞しました。

デザインで選ぶなら断然BALMUDA The Pot (K02A)です。

BALMUDA The Pot (K02A)のおすすめポイント!

BALMUDA The Pot (K02A)は、満タンに水を入れても600mlと、他の電気ケトルと比べると若干少ないですが、よく使う量に合わせたサイズになっています。

600mlでもコーヒー3杯、カップヌードル2杯分に使うことができます。

600mlが沸くまで約三分です。

ハンドルは手になじみ易い設計になっており、長いノズルはねらったところに的確に注ぎやすいように設計されています。

また、電源ランプは小さなネオン管を使った独特の優しい灯りで、豊かな気持ちにさせてくれます。

デザインと注ぎ易さを重視する方には、最適な商品です。

安全装置として、空焚き防止装置がついています。
電源が入っているときに、ポット内が空もしくは水が少ない状態になった場合、空だき防止機能がはたらいて、自動的に電源が切れます。

BALMUDA The Pot (K02A)のデメリット!

  • 保温機能が無い!
  • 側面がとても高温になる!
  • 料理に使うには量が少ない!
  • ポット内に水が入っていない状態でスタンドに置いておくと、若干ガタつく!(気になる人は気になる程度)
  • 600ml(満水)以上入れると、沸騰時に吹きこぼれが起こる場合がある!(用量を守れば問題なし)

BALMUDAは、おしゃれなデザインでシンプルな機能が特徴なので、上記に関しては気にならない方も多いです。

600mlでも、お茶やコーヒーのお湯を沸かすにはジャストサイズですし、置いておくだけでおしゃれな空間を演出してくれます。

このおしゃれな姿に惚れ込んで購入し、使用している方が多いのも特徴です。

また、プレゼントとして送る方も多いですね。

プレゼントとして価格もそれほど高くもなく、安くもないので丁度いい感じです。

見た目もいいので、プレゼントに迷ったらBALMUDA The Pot (K02A)は最適です。

BALMUDA The Pot (K02A)の製品仕様を確認

製品名 BALMUDA The Pot (K02A)
画像  

 

本体寸法 幅 269mm × 奥行き 128mm × 高さ 170mm
本体重量 本体 : 約0.6kg
容量 0.6L(リットル)
電源 AC100V 50Hz/60Hz
定格消費電力 1200W
電源コード長さ 1.3m
素材 本体:ステンレス

フタ、取っ手:ポリプロピレン

安全機能 空だき防止機能

自動電源OFF機能

沸騰時間の目安 200ml 約1分半

600ml(満水時)約3分

カラー ブラック(型番 : K02A-BK)

ホワイト(型番 : K02A-WH)

ALMUDA The Pot (K02A)のみんなの口コミ!

購入者の声A

結構小さめですが、今まで使っていたポットのお湯は使いきれずに次の日必ず捨てていました。必要な時に必要な分だけ沸かせて経済的かもしれません。満足です。

購入者の声B

コーヒードリップで主に使っています。
以前使用していた、某有名メーカーのものと違って、注ぐ時に全くタレがなく、一滴ずつでも注げる感じです。安価なものを買わなくて良かったです。とても気に入りました。

購入者の声C

少々残念に思った点をひとつ。ステンレス製なのでお湯が入っていると側面はやはり熱くなります。使用する時は子どもなど注意が必要です。

購入者の声D

カッコは良いですが使いづらい。これが結論です。
・容量が少なすぎ。
・湧きあがりのおしらせ音がない。
・沸くのが遅い。
それを知ってても購入しました。
デザインが良いなら使いづらくても高くても買います。

BALMUDA The Pot (K02A)は、ブラックとホワイトはどっちがいいの?

質感は、特に差はないですが、ホワイト(白)を選んだ場合は、電源コードが黒なので統一感がなくなり、気になる方は若干違和感があります。

ですが、そこまで気にする必要はないので、インテリアの色と合わせた色を購入することをおすすめ致します。

実際の購入者は、ブラック(黒)が多いです。

※電源コード(ホワイト)

BALMUDA The Pot (K02A)の価格を比較!

⇒アマゾン 価格:¥ 11,520

(ブラック)

価格:¥ 11,524

⇒楽天市場 価格:11,880 円

(ブラック・ホワイト)

※購入する際は、ご自身が良く使うサイトで、貰えるポイントなどを考慮しながら購入することをおすすめ致します。

BALMUDA The Pot (K02A)が故障かな?と思ったらまずは確認を!

購入者Q&A

本体底面からお湯が漏れるんだけど~~~(@_@;)

サポートA

水量(0.2L〜0.6L)は守っていますか? フタをしっかりと閉めて本体を傾けすぎたりしないようにしてください。

また、BALMUDA The Potが備えている安全機構による場合もあります。

本体内部の蒸気がパイプを通ることで沸騰を感知し、自動でスイッチがオフになる仕組みとなっています。

室温や水温により蒸気量が多くなると、水分が凝縮した結露の状態となり、本体の下部のスイッチ部周辺にある蒸気口から排出される場合があります。

購入者Q&A

沸騰しても電源が切れないんだけど~~(@_@;)

サポートA

フタはしかっり閉まっていますか?

フタを閉じないと自動電源OFF機能が働かないので、フタは必ず閉めてください。

故障が解決しない場合は、バルミューダサポートセンターへ

バルミューダサポートセンター
受付時間 9:00-18:00

(平日および土・日・祝)

電話番号 0120-686-717



おすすめ記事

  1. この炊飯器を購入したきっかけとしては、我がには旧式の炊飯器があったのですが、どうにも炊いたお米が水気…
  2. アマゾンでよく買い物をする方、映画やアニメが好きでよく見る方であれば、アマゾンプライム会員は非常にお…
  3. 私はそこまで健康マニアなどではありませんが、そんな私でもヨーグルトは昔から体にいい食べ物として、時々…
  4. フィリップスのヌードルメーカーは誰でも簡単にうどんやそばやパスタ、ラーメンなどの麺類を自動で作成する…
  5. 歯間ケアは今までデンタルフロスなどで行っていましたが、毎回糸を取って使うのが面倒で、手軽で無い理由か…

キッチン家電特集

  1. 一人暮らしやお弁当作りに最適!簡単に油料理ができる。D-STYLIST スクエアフライヤー購入者目線!

    D-STYLIST スクエアフライヤー KK-00222をじっくり使ってみました。 これは3千…
  2. パナソニック ビストロNE-BS1500とNE-BS1400の違い!どっちがいいのか比較?

    小さい子供がいる場合は、離乳食に便利なNE-BS1500がおすすめです。基本的にNE-BS1400に…
  3. ヘルシオグリエ AX-H1「ウォーターオーブン」私の口コミと価格をチェック!

    ヘルシオグリエとは、水蒸気加熱方式を採用した「ウォーターオーブン」と呼ばれる調理家電製品となります。…
  4. 評価が高くおすすめな象印のオーブントースター こんがり倶楽部【ET-GM30-BZ】口コミレビュー

    オーブントースター こんがり倶楽部【ET-GM30-BZ】は、マイコン自動コースを搭載した2017年…
  5. ランキング上位(楽天)タイガー圧力IH炊飯ジャー5.5合【JPC-A100】【JPB-H102】の違いと比較!

    この2機種は(2018/9月)楽天ランキング炊飯器部門で1位【JPC-A100】と4位の【JPB-H…
  6. パナソニックビストロのNE-BS1400とNE-BS1300の仕様の違いとは?機能を比較!

    NE-BS1400とNE-BS1300の仕様の違いを見る前に、最新ビストロではどんな機能があるのかご…
  7. 【口コミ】ビタントニオ 縦型 トースターVOT-20のデメリットとは?購入者目線!

    最近では、あらゆる「高級食パン」がテレビでも特集され、大ブームを巻き起こしています。 そのブー…
  8. 【私の口コミ】パナソニック オーブンレンジ 26L【NE-MS264-K】!

    【NE-MS264-K】は(2018年10月)アマゾンのオーブンレンジの売れ筋ランキングとオーブンレ…
  9. パナソニックビストロ新型NE-BS1600と旧型1500の違いを比較!違いはどこ?

    パナソニックのビストロは、レンジ機能・グリル機能・スチーム機能・オーブン機能を備えたスチームオーブン…
  10. 【かまどさん電気】(SR-E111)購入して分かったこととみんなの口コミ!

    この炊飯器を購入したきっかけとしては、我がには旧式の炊飯器があったのですが、どうにも炊いたお米が水気…
ページ上部へ戻る