シャープ加湿空気清浄機【KC-H50】と【KC-30T6】の違い!機能と価格を比較!

まず【KC-30T6】はトーカ堂というネットショップが独占販売している空気清浄機です。シャープ純製品なので品質も安心ですね。

よく比べられる製品には、同じくシャープの【KC-H50】があります。

今回はこの2製品を比べて、違いはどこか?機能や性能・価格を比較していきたいと思います。

※性能はほぼ同じ。違いはチャイルドロックの有無で、3000円ほどの差があります

◆最新ニュース

過去、シャープのプラズマクラスターによるSARS(コロナウィルス)不活性化が認められています。プラズマクラスターがコロナウイルスを不活化

そのため、シャープ空気清浄機が品切れになりやすい状態です。

【結論】KC-30T6がコスパ最高
子供が空気清浄機をとめても特に一大事では無いので、チャイルドロックは不要と考えています。私が選ぶなら3000円も安い【KC-30T6】ですね。
大人気商品なので、以下いずれかのネットショップで在庫がまだあればラッキーですよ^^

 

シャープ加湿空気清浄機ランキング上位の【KC-H50】と【KC-30T6】ってどっちがいいの?

もともとKC-30T5は、価格も安く機能も十分なので楽天の空気清浄機ランキングで1位を継続していた製品です。

2020年3月現在では、その後継機にあたる2018年モデル(KC-30T6)が1位となっています。

 

量販店向けシャープ【KC-H50】と同性能ですが、インターネット専売の【KC-30T6】のほうが3000円ほど安くなります。

見た目の好みなどが問題無ければ、【KC-30T6】で間違いないでしょう。

 

量販店向けのシャープ空気清浄機の違いについては、下記より見ることができます。

⇒シャープ加湿空気清浄機 各モデルの違いを比較!【kc-g50】【kc-h50】【kc-j50】ココが違う!

シャープ加湿空気清浄機KC-H50-WとKC-30T6の大きさ質量・電源を比較!

KC-H50-W (トーカ堂オリジナル)

【KC-30T6】

幅399×奥行230×高さ615 幅380×奥行197×高さ570
質量:約7.7kg 質量:約6.8kg
コード長さ:1.8m コード長さ:1.8m

大きさは2017年モデルのKC-H50-Wの方が大きいです。

その分、重さも重いですね。

コードの長さは同じなので、ここまででは、(トーカ堂オリジナル)【KC-30T6】の方が若干小さく軽いのでおすすめと言えます。

気になる機能はどうなのでしょうか?

機能を比較していきたいと思います。

KC-H50-W】と【KC-30T6】性能を比較!

KC-H50-W (トーカ堂オリジナル)

【KC-30T6】

▼高濃度プラズマクラスター 適用床面積▼
約13畳(約21㎡) 約11畳(18m²)
▼加湿時空気清浄適用床面積▼
15畳(25㎡) 14畳(23m²)
▼加湿時清浄時間▼
8畳を約17分  8畳を約19分
▼加湿空気清浄▼
▼強▼

風 量(m³/分):3.4

消費電力(W):20

運転音(dB):42

加湿量(mL/h):500

▼強▼

風 量(m³/分): 3.2

消費電力(W):26

運転音(dB):49

加湿量(mL/h):370

▼中▼

風 量(m³/分): 2.4

消費電力(W):11

運転音(dB):35

加湿量(mL/h):400

▼中▼

風 量(m³/分): 2.1

消費電力(W):10

運転音(dB):38

加湿量(mL/h):280

▼静音▼

風 量(m³/分): 1.0

消費電力(W):3.8

運転音(dB):20

加湿量(mL/h):200

▼静音▼

風 量(m³/分): 0.9

消費電力(W):3.0

運転音(dB):21

加湿量(mL/h):140

▼加湿方式・加湿量・給水タンク容量▼
気化方式

最大500mL/h

約2.5L

気化方式

最大370mL/h

約1.8L

▼給水タンク▼
ハンドル付き給水タンク 給水トレイに直接水を入れる
▼加湿機能を使わないとき▼
タンクに水を入れないで使えば加湿なしで使用OK トレイに水を入れないで使えば加湿なしで使用OK
▼1時間当たりの電気代(円)加湿空気清浄時▼
強:約0.54

中:約0.30

静音:約0.10

強:約0.70

中:約0.27

静音:約0.08

▼チャイルドロック機能▼
チャイルドロック機能あり なし

上記が【KC-H50-W】と【KC-30T6】基本的な性能の比較です。

【KC-H50-W】の方が総合的に【KC-30T6】を上回っていますね。

【KC-H50-W】の方が大きさも大きいこともあり、タンクの容量や適用床面積が広くなっています。

【KC-H50-W】の方が加湿量・運転音・風量をみてもスペックが高いです。

1時間当たりの電気代(円)静音や中に関しては、やや(トーカ堂オリジナル)【KC-30T6】の方が有利ですね。

なんといっても給水タンク容量は重要で、よりタンクの容量が多い方が水交換の負担が減るので楽なんですよね。

お子様がいればチャイルドロックがあった方が安心!

ですが、空気清浄機にチャイルドロックは、必ずしも必要ではありませんね。

ここで重要なのが、【高濃度プラズマクラスター 適用床面積】です。

シャープの空気清浄機を選ぶ際は、プラズマクラスター 適用床面積を確認してください!

【KC-H50-W】=約13畳(約21㎡)

【KC-30T6】=約11畳(18m²)

上記の床面積が、シャープの空気清浄機を設置する上で最適なお部屋の大きさとなります。

何畳の物を購入すれば良いのかは、【プラズマクラスター 適用床面積】で判断するのがベストとなります。

12畳のお部屋に設置したい場合は、【KC-H50-W】がおすすめとなります。

加湿空気清浄機【KC-H50-W】と【KC-30T6】のおすすめポイント

KC-H50-W
▼ココがポイント!

プラズマクラスター 13畳 / 加湿空気清浄 15畳まで対応

空気清浄だけなら23畳まで対応

高濃度プラズマクラスター7000搭載で、浮遊カビ菌・ウイルス・浮遊菌の作用を抑えることができます。

花粉やPM2.5にも対応!

お部屋全体に風の流れが素早く行き渡るスピード循環気流で、遠くのホコリも引き寄せて大きな背面全体の吸込口でパワフルに吸引!

タバコ、体臭、汗臭もしっかり吸着する脱臭フィルターと高性能フィルター搭載。pm2.5にも対応しています。

また、明かりを消すと自動的に静音運転に切り換わり、乾燥を検知すると静かに加湿してお部屋を快適に保つ機能もあります。

1日24時間使い続けても気にならない電気代:強でも約13円。弱なら2.4円

↓↓↓2017年モデル(KC-H50)の口コミを確認したい方はこちら↓↓↓

⇒シャープ加湿空気清浄機【KC-H50】口コミと特徴!花粉症・PM2.5・ウィルス対策にも効果アリ?

(トーカ堂オリジナル)

【KC-30T6】

▼ココがポイント!▼

プラズマクラスター 11畳 / 加湿空気清浄 14畳まで対応

高濃度プラズマクラスター7000搭載なので、浮遊カビ菌・ウイルス・浮遊菌の作用を抑えることができます。

タバコの付着臭を分解・除去!

静電気を抑え、ハウスダストや花粉がカーテンやソファなどへ付着するのを抑えます。

花粉やPM2.5にも対応!

衣類に付着した汗臭を約6時間でスポット消臭や部屋干し衣類の生乾き臭を約3時間でスポット消臭もできます。※吹き出す風の当たらない部分のニオイは取れません。

1日24時間使い続けても気にならない電気代:強でも約17円。弱なら約2円

↓↓↓トーカ堂の加湿空気清浄機【KC-30T6】の口コミを確認したい方はこちら↓↓↓

⇒トーカ堂の加湿空気清浄機【kc30t6】のみんなの口コミとよくある質問!

加湿空気清浄機ランキング上位のKC-H50-WとKC-30T6の価格を比較!

▼KC-H50-W▼
⇒Yahoo!ショッピング 価格:16,800円
⇒アマゾン 価格:16,800円
⇒楽天市場 価格:16,880円

 

▼トーカ堂オリジナルKC-30T6
⇒アマゾン 価格:14,080円
⇒楽天市場 価格:14,080円
⇒Yahoo!ショッピング 価格:14,080円
どのショップも販売元がトーカ堂ですので、価格は同一のようです。

まとめ

どちらかで迷っている方は何を重要視するかによって変わってきます。

性能や総合的な視点から機能などはほとんど同じで、目立つ違いはチャイルドロックの有無ですね。

価格で選ぶならインターネット専売の【KC-30T6】が安くてコスパが良いでしょう。

 

【結論】KC-30T6がコスパ最高
子供が空気清浄機をとめても、特に一大事では無いので、チャイルドロックは不要と考えています。私が選ぶなら3000円も安い【KC-30T6】ですね。
大人気商品なので、以下いずれかのネットショップで在庫がまだあればラッキーですよ^^

 

↓↓↓2017年モデル(KC-H50)の口コミを確認したい方はこちら↓↓↓

⇒シャープ加湿空気清浄機【KC-H50】口コミと特徴!花粉症・PM2.5・ウィルス対策にも効果アリ?

↓↓↓KC-H50と後継機の最新モデルを比較した記事は下記です↓↓↓

⇒シャープ加湿空気清浄機 各モデルの違いを比較!【kc-g50】【kc-h50】【kc-j50】ココが違う!

ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

↓↓↓トーカ堂の加湿空気清浄機【KC-30T6】の口コミはこちら↓↓↓

⇒トーカ堂の加湿空気清浄機【kc30t6】のみんなの口コミとよくある質問!

⇒【アマゾン】最新空気清浄機ランキング
⇒【楽天市場】最新空気清浄機ランキング

関連記事

新着記事

  1. 【プラズマクラスターNEXTの口コミと効果は?】KI-LP100・KI-JP100・KI-HP100の違いを比較レビュー(シャープ加湿空気清浄機)

    花粉症・PM2.5・ウイルス対策に適した最上位機種が、プラズマクラスターNEXT搭載のシャープ加湿空…
  2. 【2019年】バルミューダトースター新型の違いや口コミは?サイズや価格も比較!

    オーブントースターとしては高めの価格帯であるバルミューダのトースター。迷った末に、新型を購入してみま…
  3. パナソニックナノケア【EH-NA9A / CNA9A / NA9B】私の口コミと、新型【EH-NA0B】の違いを比較!

    この記事では、パナソニックナノケア【EH-CNA9A】の愛用者である私の口コミと、最新モデル【EH-…
  4. シャープ加湿空気清浄機【KC-J50】【KC-H50】【KC-G50】型番の違いは?各モデルを比較

    最新モデルの【kc-j50】は機能がシンプルになったとは言え、現状では【kc-g50】や【kc-h5…
  5. 【口コミ】コードレス掃除機Shark(シャーク)EVOFLEXを使ったレビューと各モデル(S10・S20・S30)の違いを比較

    今回は、Shark社の販売しているEVOFLEXの情報についてご紹介します。 吸引力の落ちない…

おすすめ記事

  1. バリスタの初代モデルが出た頃、新しい物好きの友人の家に遊びに行くたびバリスタでコーヒーを出してもらっ…
  2. シャープの加湿空気清浄機【KC-H50】は、プラズマクラスター 7000搭載で高性能の清浄機に加湿機…
  3. アマゾンでよく買い物をする方、映画やアニメが好きでよく見る方であれば、アマゾンプライム会員は非常にお…
  4. 【バルミューダ ザ レンジ】は、「BALMUDA The Gohan」に続くキッチンシリーズ第4弾と…
  5. NE-BS1400とNE-BS1300の仕様の違いを見る前に、最新ビストロではどんな機能があるのかご…

キッチン家電特集

  1. ランキング上位(楽天)タイガー圧力IH炊飯ジャー5.5合【JPC-A100】【JPB-H102】の違いと比較!

    この2機種は(2018/9月)楽天ランキング炊飯器部門で1位【JPC-A100】と4位の【JPB-H…
  2. 楽天ランキング上位独占!タイガー圧力IH炊飯ジャーJPB-G102とJPB-H102を比較!どこが違うのか?

    今回は、(2017/9月のランキング)楽天の炊飯器部門でランキング1位と2位のタイガー圧力IH炊飯ジ…
  3. バルミューダのオーブンレンジ【バルミューダ ザ レンジ】!機能や価格を要チェック!

    【バルミューダ ザ レンジ】は、「BALMUDA The Gohan」に続くキッチンシリーズ第4弾と…
  4. 【私の口コミ】パナソニック オーブンレンジ 26L【NE-MS264-K】!

    【NE-MS264-K】は(2018年10月)アマゾンのオーブンレンジの売れ筋ランキングとオーブンレ…
  5. 【ブラウン】ハンドブレンダーMQ735の口コミは?他モデルとの違い

    離乳食作りや日々の料理にあると便利なハンドブレンダー。ブラウンの商品が良いと知って、調べている人も多…
  6. ヘルシオ ホットクック!2017年モデルと2016年モデル!どこが変わった?口コミと価格を比較!

    ヘルシオ ホットクックは、「無水調理」をする鍋です。 水や火を使わず調理できる電気無水鍋です。…
  7. 生の野菜と果物の酵素を余すことなくジュースにして飲めるヒューロムスロージューサー私の口コミ!

    スムージーをよく作っていましたが、通常のミキサーでは水分なしで野菜と果物だけでは作れません。 …
  8. パナソニックビストロのNE-BS1400とNE-BS1300の仕様の違いとは?機能を比較!

    NE-BS1400とNE-BS1300の仕様の違いを見る前に、最新ビストロではどんな機能があるのかご…
  9. ポタージュが簡単に作れる!クックマスター・Shunsai(旬彩)の私の口コミ

    クックマスター・Shunsai(旬彩)は下記の調理ができる自動調理機です。 ●煮物やカレー、おかゆ…
  10. 【口コミ】安くておすすめのフードプロセッサーはTESCOMの Pure Natura TK441!デメリットはこれ!

    私が今回ご紹介するキッチン家電は、TESCOMのフードプロセッサーPure Natura TK441…
ページ上部へ戻る