シャープ加湿空気清浄機KC-30T5/KC-30T6とKC-F50はどっちがいいのか?機能と価格を比較!

【KC-30T6】はトーカ堂というショップに向けて、機能を若干削って安く仕上げた製品です。【KC-F50】はいわゆるシャープ純製品ですね。

この2機種は共に加湿空気清浄機の中でも人気商品で、口コミも数多くある人気の商品です。

トーカ堂と、シャープ純正のどちらがいいか?仕様や電気代を含めて違いを比較していきたいと思います。

 

【セール中】新型KC-H50
KC-30T6より機能豊富で、この記事に載せたKC-F50よりも最新型【シャープ製:KC-H50】が大幅値下げされています!
以下いずれかのネットショップで在庫がまだあればラッキーですよ^^

 

シャープ加湿空気清浄機KC-30T5/KC-30T6とKC-F50はどっちがいいのか?

KC-30T6は価格も16,000円以下で、加湿器と空気清浄機の二役をこなせるコスパの良さ。

楽天の空気清浄機ランキングでずっと1位であることも納得です。

シャープ加湿空気清浄機KC-30T5/KC-30T6とKC-F50の違う所!

KC-30T5/KC-30T6は、トーカ堂オリジナル商品です。

トーカ堂とは、テレビショッピングでお馴染の会社です。

※トーカ堂 参考画像

早い話は、シャープがトーカ堂のために作った商品ですね。

よって、KC-30T5/KC-30T6は、シャープ公式サイトのシャープ製品一覧には表示されていません。

一方でKC-F50は、シャープの公式商品でシャープ製品一覧にも表示されています。

ちなみにKC-F50は2015年式です。

シャープ加湿空気清浄機の大きさ質量・電源を比較!

(シャープ加湿空気清浄機)

KC-F50

(トーカ堂オリジナル)

KC-30T5/KC-30T6

   
幅399×奥行230×高さ615 幅380×奥行197×高さ570
質量:約7.7kg 質量:約6.8kg
コード長さ:1.8m コード長さ:1.8

大きさは、ややKC-F50の方が大きいですね。

重さもKC-F50の方が重いので、大きさや重さで言ったら(トーカ堂オリジナル)KC-30T5/KC-30T6が有利となりました。

大きさや重さもそうですが、やはり重要なのは機能ですよね!

機能はどうなのか?比較していきます。

高濃度プラズマクラスター 適用床面積で比較

(シャープ加湿空気清浄機)

KC-F50

(トーカ堂オリジナル)

KC-30T5/KC-30T6

   
▼空気清浄適用床面積▼
加湿空気清浄時:約15畳(25㎡)

空気清浄時:約23畳(38㎡)

約14畳(23m²)
▼加湿適用床面積▼
プレハブ洋室~14畳(23㎡)

木造和室~8.5畳(14㎡)

プレハブ洋室~10畳(16m²)

木造和室~6畳(10m²)

▼高濃度プラズマクラスターイオン適用床面積▼
13畳(約21m²) 11畳(18m²)

適用床面積でいったら、(シャープ加湿空気清浄機)KC-F50の方が広い部屋に適していると言えます。

大きさもトーカ堂オリジナル製品よりも大きいので、妥当かなと思います。

よって適用床面積は、(シャープ加湿空気清浄機)KC-F50の方が有利ですね。

気になる消費電力(W)や電気代で比較

(シャープ加湿空気清浄機)

KC-F50

(トーカ堂オリジナル)

KC-30T5/KC-30T6

   
【加湿空気清浄時

強:20(w)

中:11(w)

静音:3.8(w)

【空気清浄時】

強:54(w)

中:13(w)

静音:3.3(w)

強:26(w)

中:10(w)

静音:3.0(w)

▼1時間当たりの電気代(円)▼
【加湿空気清浄時】

強:約0.54円

中:約0.30円

静音:約0.10円

【空気清浄時】

強:約1.46円

中:約0.35円

静音:約0.09円

強:約0.70円

中:約0.27円

静音:約0.08円

▼待機時消費電力(W)▼
約0.4(w) 約0.3(w)

上記の表をみると、(シャープ加湿空気清浄機)KC-F50の方が、有利ですね。

KC-F50の方が、より広い部屋に対応している割には、消費電力や電気代が若干少ないと言えます。

ただし、KC-F50の【空気清浄時】強:約1.46円がやや高いので気になるところです。

運転音と加湿量の比較

(シャープ加湿空気清浄機)

KC-F50

(トーカ堂オリジナル)

KC-30T5/KC-30T6

   
【加湿空気清浄時】

強:42(dB)

中:35(dB)

静音:20(dB)

【空気清浄時】

強:52(dB)

中:38(dB)

静音:20(dB)

強:49(dB)

中:38(dB)

静音:21(dB)

▼加湿量・給水タンク容量▼
加湿量:最大500mL/h

タンク容量:約2.5L

加湿量:最大370mL/h

タンク容量(トレイ式):約1.8L

運転音・加湿量・タンク容量は、(シャープ加湿空気清浄機)KC-F50の方が良いですね。

頻繁に水を追加する手間を考えると、やはりタンクは大きい方がいいですからね。

注意点:(トーカ堂オリジナル)KC-30T5/KC-30T6は、タンク式ではなくトレイ式です。

トレイ式は蓋などなく、こぼれる可能性が多少あります。

やはり口コミを見ても、タンクの容量は重要で、より大きい方がいいという意見が多いです。

プラズマクラスター7000の効果とは?

今回比較している2機種は共に、プラズマクラスター7000搭載機種です。

プラズマクラスター7000では、どんなことができるのでしょうか?

主な効果はこちら】

浮遊カビ菌を除菌 浮遊菌の作用を抑える:空気の汚れを浄化してくれます。
静電気を抑える 静電気を抑えることにより、ハウスダストや花粉がカーテンやソファなどへ付着するのを抑えます。
付着したニオイを分解して消臭 衣類に付着したニオイや生乾き臭・タバコのニオイに効果があるとされています。

シャープ加湿空気清浄機のKC-30T5/KC-30T6とKC-F50価格を比較

 

(シャープ加湿空気清浄機)

KC-F50

(トーカ堂オリジナル)

KC-30T5/KC-30T6

   
⇒アマゾン

価格: 29,800円

 ⇒アマゾン

価格: 14,080円

⇒楽天市場

価格:35,000円

⇒楽天市場

価格: 14,080円

⇒Yahooショッピング

価格:34,550円

⇒Yahooショッピング

価格: 14,080円

シャープ加湿空気清浄機のKC-30T5/KC-30T6とKC-F50のまとめ

「KC-30T5/KC-30T6」と「KC-F50」は、ともにデザインも良く、プラズマクラスター7000搭載なので、どちらを選ぶか迷いますね。

どちらも加湿方式は、気化方式です。スチーム式加湿器のように湯気はでません。

水が無い状態でも運転は可能で、普通の空気清浄機として使用できます。

 

給水タンクで選ぶなら(シャープ加湿空気清浄機)KC-F50の方が大きいですし、タンク式なのでこぼれる心配もなくなります。

チャイルドロック機能について、(シャープ加湿空気清浄機)KC-F50には、チャイルドロック機能があります。トーカ堂オリジナル(KC-30T5/KC-30T6)には、チャイルドロック機能が搭載されていません。

 

上記の違いはあるものの、圧倒的にコスパが良いKC-30T6のほうが個人的にはおすすめです。

 

▼関連記事▼

⇒トーカ堂の加湿空気清浄機 最新の【kc30t6】のみんなの口コミとよくある質問!

⇒楽天市場やアマゾンで加湿空気清浄機ランキング1位のKC-H50とトーカ堂KC-30T6の比較はこちら!

⇒トーカ堂のシャープ加湿空気清浄機【KC-30T6】と【KC-30T5】の違いを比較!

関連記事

新着記事

  1. 【2019年の年末セールを一覧まとめ】ブラックフライデー・Amazonサイバーマンデー・楽天スーパーSALEなど(2018年の開催店舗も振り返り)

    【2019年の年末商戦まとめ】ブラックフライデーやサイバーマンデーセールは何日?開催店舗・ショッピン…
  2. ドライヤーを変えてから髪質が変わった?購入したのはパナソニックのナノケアドライヤーEH-NA99!

    上位モデルが格安!この記事では2017年モデルのご紹介で…
  3. パナソニックナノケア【EH-NA9A / CNA9A】私の口コミと、新型【EH-NA0B】の違いを比較!

    この記事では、パナソニックナノケア【EH-NA9A】の愛用者である私の口コミと、最新モデル【EH-N…
  4. 【スマホ用・持ち歩き軽量・パソコン向き】用途別のおすすめは?モバイルバッテリー口コミランキングを比較!

    モバイルバッテリー(持ち歩ける電池パック)は、いざというときのため1つは持っておきたいですね。 …
  5. 【ダイソンhot & coolとシャープ製を比較】ホットアンドクールはどれがいい?選び方は機能・価格・電気代

    扇風機とファンヒーターをそれぞれ持つと、しまったり出したりするのも大変ですよね。 我が家ではD…

おすすめ記事

  1. オーブントースターとしては高めの価格帯であるバルミューダのトースターですが、独自のスチームテクノロジ…
  2. 私は冬の手荒れが酷く困っていました。 毎日食器を洗うとどうしても洗剤で荒れ、冬にお湯を使うと荒…
  3. パンを作ってみたいとずっと思っていましたが、発酵で時間もかかりそうだし、なんとなく難しそうという理由…
  4. トーカ堂の加湿空気清浄機【kc30t6】は、kc30t5の後継機にあたる機種で2018年モデルの最新…
  5. 歯間ケアは今までデンタルフロスなどで行っていましたが、毎回糸を取って使うのが面倒で、手軽で無い理由か…

キッチン家電特集

  1. 一人暮らしやお弁当作りに最適!簡単に油料理ができる。D-STYLIST スクエアフライヤー購入者目線!

    D-STYLIST スクエアフライヤー KK-00222をじっくり使ってみました。 これは3千…
  2. 楽天ランキング上位独占!タイガー圧力IH炊飯ジャーJPB-G102とJPB-H102を比較!どこが違うのか?

    今回は、(2017/9月のランキング)楽天の炊飯器部門でランキング1位と2位のタイガー圧力IH炊飯ジ…
  3. 【かまどさん電気】(SR-E111)購入して分かったこととみんなの口コミ!

    この炊飯器を購入したきっかけとしては、我がには旧式の炊飯器があったのですが、どうにも炊いたお米が水気…
  4. バルミューダのオーブンレンジ【バルミューダ ザ レンジ】!機能や価格を要チェック!

    【バルミューダ ザ レンジ】は、「BALMUDA The Gohan」に続くキッチンシリーズ第4弾と…
  5. ポタージュが簡単に作れる!クックマスター・Shunsai(旬彩)の私の口コミ

    クックマスター・Shunsai(旬彩)は下記の調理ができる自動調理機です。 ●煮物やカレー、おかゆ…
  6. 【口コミ】安くておすすめのフードプロセッサーはTESCOMの Pure Natura TK441!デメリットはこれ!

    私が今回ご紹介するキッチン家電は、TESCOMのフードプロセッサーPure Natura TK441…
  7. パナソニックビストロのNE-BS1400とNE-BS1300の仕様の違いとは?機能を比較!

    NE-BS1400とNE-BS1300の仕様の違いを見る前に、最新ビストロではどんな機能があるのかご…
  8. ランキング上位(楽天)タイガー圧力IH炊飯ジャー5.5合【JPC-A100】【JPB-H102】の違いと比較!

    この2機種は(2018/9月)楽天ランキング炊飯器部門で1位【JPC-A100】と4位の【JPB-H…
  9. ヘルシオ ホットクック!2017年モデルと2016年モデル!どこが変わった?口コミと価格を比較!

    ヘルシオ ホットクックは、「無水調理」をする鍋です。 水や火を使わず調理できる電気無水鍋です。…
  10. 生の野菜と果物の酵素を余すことなくジュースにして飲めるヒューロムスロージューサー私の口コミ!

    スムージーをよく作っていましたが、通常のミキサーでは水分なしで野菜と果物だけでは作れません。 …
ページ上部へ戻る