【joy house】ウォーキングに最適なワイヤレスイヤホン「T-8」デメリットと私の口コミ

先日Bluetooth対応ワイヤレスイヤホン T-8を購入しました。

以前にもBluetooth対応ワイヤレスイヤホンは買ってあったのですが、最新式の製品は高性能だなと強く感じて気に入りました。

音質の良さと大容量バッテリーが気に入りました(‘◇’)ゞ

ということで、【joy house】T-8のメリット・デメリットや私の口コミについて紹介していきますね。



▶︎楽天を見る

【joy house】ワイヤレスイヤホン T-8を購入したキッカケ

Bluretooth対応ワイヤレスイヤホンはT-8で二個目なんですけど、以前購入した製品に不満があって購入しました。

最初は音楽を聴きながらウォーキングをしたいと思って購入しました。

最初に購入したのは4000円程度の製品だったのですが、購入してみて不満に感じる点があったんですよね。

それは防水機能とバッテリー容量の少なさ。

雨天時はウォーキングをするつもりはありませんでしたが、ウォーキング中に雨が降り出すなんてことは結構あります。

最初の製品の防水はIPX5だったんですけど、これだと防水機能に不安を感じたんですよね。

それに本体のバッテリー容量は500mAh程度しかなく、イヤホンを3回充電したら本体を充電しなくてはなりません。

これを不便に感じ、どうせなら防水機能の高く、バッテリー容量も大きいBluetooth対応イヤホンを購入することにしました。

購入の決め手はココ!

T-8の防水機能はIPX7と水深1m未満の場所なら30分まで浸水を防げます。

もちろん雨が多少かかってもまったく問題ありません。

バッテリー容量は3000mAhもあり、モバイルバッテリー的な役割も出来るんです。

ワイヤレスイヤホン42回充電することも可能ですし、最初に購入したワイヤレスイヤホンとは雲泥の差。

amazonのタイムセールで安く販売してましたし、これだ!と購入を決めました。

【joy house】T-8のメリット・デメリット

メリットは購入のキッカケになった点がまず挙げられます。

完全防水どころか完全浸水レベルの防水機能なので、雨をまったく気にせず利用できるのはとても良いですね。

あと私は仕事のお昼休憩中に使用してるんですが、スマホを充電しながら音楽を聴けるのでスマホのバッテリー残量を気にせず利用出来ます。

スマホに充電しながらだとバッテリー残量は減っていきますけど、イヤホンに充電するぐらいなら一ヶ月一回程度の充電ペースでも余裕があるほどで使い勝手がとてもいいんです。

あと個人的に気に入ってるのは高音質!

HIFI高音質と紹介されてるだけあり、音質は凄く良いですね。

音楽を聴いた瞬間、以前使用していたイヤホンより格段に良いと感じる程でした。

ただT-8にももちろんデメリットはあります。

デメリットは、操作センサーが敏感な点です。

曲の一時停止・再生、曲送り、曲戻し等の操作は簡単に出来ます。

こういった機能は嬉しいんですが、音量調整機能と発信機能が不便です。

操作センサーが勝手に反応して誤動作してビックリしたこともありました。

例えばイヤホンを耳に装着する際、イヤホンに指が触れますよね、

このちょっとした接触にセンサーが反応し、音量が最大化してしまったり、発信してしまったりするんです。

私はスマホとBluetooth接続をして音楽を聴いてるので、勝手に発信してしまった・・

ということが何度かあります。

発信先が友達ならいいんですけど、上司だったこともあり・・・

この時は冷や汗をかきました。

今は耳に装着してからT-8とスマホをBluietooth接続してるので誤動作しなくなりましたけど。

ボタンでカチカチっと操作するのではなくイヤホンに触った際に反応してしまうので、この点をしっかり意識しないとダメですね。

T8 ワイヤレスイヤホンの仕様

品名 T8 ワイヤレスイヤホン
メーカー型番 Air-tws T8
重さ 約4.2g(片耳のみ)
Bluetoothバージョン Bluetooth V5.0
音楽再生時間 約3時間
充電時間 約1時間
伝送距離 約20m(障害物なし)
イヤホン電池容量 50mAh
充電ケース電池容量 3000mAh

【joy house】ワイヤレスイヤホン T-8の価格比較!

▼Air-tws T8▼

アマゾンではワイヤレスイヤホン ランキング2位!の人気商品です。

⇒アマゾン 価格:6,288円
⇒楽天市場 価格: 6,888円

ちなみにアマゾンでのワイヤレスイヤホン ランキング1位はAKIKIの「TWS-P10」です。

▼AKIKIの「TWS-P10」▼

アマゾンでのワイヤレスイヤホン ランキング1位!

⇒アマゾン 価格:6,688円

まとめ

ワイヤレスイヤホンって値段の安いものはバッテリー容量が小さいものが多いでんすよね。

3000mAhとモバイルバッテリー程ではありませんが、スマホフル充電一回分程度なら充電出来ますので、モバイルバッテリー代わりにも使えるは便利です。

防水機能がIPX7というのも良いですね。

後、音質も1万円以下という価格帯でなら最高音質となっていますし、1万円以下で音質の良いものを考えてる人にもお勧め出来ます。

こういった点を重視する人にならお勧め出来るガジェットです。

ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

おすすめ記事

  1. 私はそこまで健康マニアなどではありませんが、そんな私でもヨーグルトは昔から体にいい食べ物として、時々…
  2. 【joy house】T-8のメリット・デメリット。私の口コミ:3000mAhとモバイルバッテリー程…
  3. トーカ堂オリジナル【KC-30T6】と【KC-30T5】は、共にプラズマクラスター7000搭載の人気…
  4. ザイグルなら焼肉はもちろん、サンマの丸焼きでも煙を気にせず卓上で調理することが可能です。 また…
  5. この2機種は(2018/9月)楽天ランキング炊飯器部門で1位【JPC-A100】と4位の【JPB-H…

キッチン家電特集

  1. 【口コミ】安くておすすめのフードプロセッサーはTESCOMの Pure Natura TK441!デメリットはこれ!

    私が今回ご紹介するキッチン家電は、TESCOMのフードプロセッサーPure Natura TK441…
  2. パナソニックビストロ新型NE-BS1600と旧型1500の違いを比較!違いはどこ?

    パナソニックのビストロは、レンジ機能・グリル機能・スチーム機能・オーブン機能を備えたスチームオーブン…
  3. ヘルシオ【ホットクック】のQ&Aと口コミ!(2018年モデル)KN-HW16Dの違いとは?

    ヘルシオ【ホットクック】は、食材に含まれる水分を活用して調理する水なし自動調理鍋です。 KN-…
  4. パナソニックビストロのNE-BS1400とNE-BS1300の仕様の違いとは?機能を比較!

    NE-BS1400とNE-BS1300の仕様の違いを見る前に、最新ビストロではどんな機能があるのかご…
  5. 一人暮らしやお弁当作りに最適!簡単に油料理ができる。D-STYLIST スクエアフライヤー購入者目線!

    D-STYLIST スクエアフライヤー KK-00222をじっくり使ってみました。 これは3千…
  6. ヘルシオグリエ AX-H1「ウォーターオーブン」私の口コミと価格をチェック!

    ヘルシオグリエとは、水蒸気加熱方式を採用した「ウォーターオーブン」と呼ばれる調理家電製品となります。…
  7. 【口コミ】ビタントニオ 縦型 トースターVOT-20のメリット・デメリットは?

    最近では、あらゆる「高級食パン」がテレビでも特集され、大ブームを巻き起こしています。 そのブー…
  8. 【かまどさん電気】(SR-E111)購入して分かったこととみんなの口コミ!

    この炊飯器を購入したきっかけとしては、我がには旧式の炊飯器があったのですが、どうにも炊いたお米が水気…
  9. バルミューダのオーブンレンジ【バルミューダ ザ レンジ】!機能や価格を要チェック!

    【バルミューダ ザ レンジ】は、「BALMUDA The Gohan」に続くキッチンシリーズ第4弾と…
  10. 【象印オーブントースターの体験レポ】テレビで話題「こんがり倶楽部」おすすめ口コミレビュー(ET-GM30・GN30の違いは?)

    テレビや雑誌でも話題の『こんがり倶楽部』オーブントースター ET-GM30-BZ。 トース…
ページ上部へ戻る