コスパ最強のPCスピーカー【JBL Pebbles】使用感・見た目・性能を口コミ評価

今回ご紹介するのはJBLというメーカーから出ているPebblesです。

とても人気がある商品なので既に使われている方も多いかと思いますが、もし今デスクトップ用にスピーカーを探しているという方には非常におすすめです。

今回は、実際にJBLのPebblesを使用してみて感じた良かった点や、ここはいまいちだったという悪かった点など使用感や特徴についてご紹介します。

⇒【アマゾン】最新スピーカーランキング
⇒【楽天市場】最新スピーカーランキング

おすすめPCスピーカー【JBL Pebbles】の特徴や使ってわかったメリットとは?(私の口コミ)

特徴的な丸い見た目をしたスピーカーで、大きすぎず小さすぎない丁度いいサイズになっています。

縦置きと横置きの両方に対応しているので、机のスペースに応じて置き方を変えられるのは良いですね。

コード類はスピーカーには電源端子とUSBケーブルがついていて、もう片方にはメインのスピーカーから音を伝達するためのステレオプラグがついています。

スピーカー(右)にはボリューム調整もできるようになっているので音を大きくしたい時にスピーカーでも調整できるのは便利でした。

見た目的には非常にオシャレで気に入ったんですが、私が購入を決めたポイントとしては『もう片方にはメインのスピーカーから音を伝達するためのステレオプラグがついています』の部分です。

通常この手のスピーカーは、スピーカー同士がケーブルで繋がっています。

ですが、JBLのPebblesはR側の端子をL側の穴に指す形になっています。

つまり自分で延長ケーブルを使うと長さ調節ができるんです。

地味なポイントかもしれませんが、広めの机の端と端に置きたい場合は絶対に必須になってくる事なので、とても便利だと感じました。

接続方法はUSBで行えるだけでなくAUX INも付いているので、携帯電話などの外部ツールも気軽に繋げるのは便利だと思います。

おすすめPCスピーカー【JBL Pebbles】を使ってみて感じたデメリット!(私の口コミ)

音質はドンシャリ系というか低音重視のボリューム感のある音で、外国ブランドならではという印象です。

決して悪くはないですが、中音域を重視したジャンルの音楽を大きなボリュームで聴きたいという場合は、少し残念に感じるかもしれません。

反対に、クラブミュージックやROCKなどで楽しみたいという方にはとても向いているスピーカーです。

非常に満足しているものなのであまりデメリットはないですが、しいてあげるならデザイン面でスピーカーにオレンジのラインが入っている事です。

ケーブルも同じ色をしていてこの商品の特徴でもあるのですが、机に置いた時にちょっと違和感があると感じる場合もあると思います。

【JBL Pebbles】の仕様

▼JBL Pebbles▼
カラー ブラック・ホワイト
電源 USB 2.5W
種別 USB接続ステレオスピーカー
音声入力 USBコネクタ×1、外部入力(3.5mmステレオ ミニジャック)×1
周波数特性 70Hz – 20kHz
サイズ
  • 幅 78mm
  • 奥行 150mm
  • 高さ132mm
重量 1.0kg
付属品
  • オーディオケーブル (45cm) × 1
  • 日本語取扱説明書 ( 本書 )
  • 多言語取扱説明書
  • 保証書 ( 日本国内 2 年保証 )
  • ※製品パッケージに貼付

【JBL Pebbles】の価格比較

▼JBLPEBBLESWHTJN(ホワイト)▼
⇒アマゾン 価格:4,656円
⇒楽天市場 価格:4,703円
⇒Yahoo!ショッピング 価格:4,703円
▼JBLPEBBLESBLKJN(ブラック)▼
⇒アマゾン 価格:4,801円
⇒楽天市場 価格:5,169円
⇒Yahoo!ショッピング 価格:5,169円

まとめ

とにかくスピーカーを延長ケーブルで離して置くことができるというポイントが、他の安価なスピーカーではできないポイントだったので、非常に評価は高いです。

デザイン的にもオシャレですし音質も悪くなく、価格から考えると非常にコストパフォーマンスに優れたおすすめのPCスピーカーです。

もちろんもっと安価で良コスパのものもありますが、少しだけオシャレにデスクトップ環境を作りたいという方には非常におすすめです。

ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

⇒【アマゾン】最新スピーカーランキング
⇒【楽天市場】最新スピーカーランキング

関連記事

新着記事

  1. 【プラズマクラスターNEXTの口コミと効果は?】KI-LP100・KI-JP100・KI-HP100の違いを比較レビュー(シャープ加湿空気清浄機)

    花粉症・PM2.5・ウイルス対策に適した最上位機種が、プラズマクラスターNEXT搭載のシャープ加湿空…
  2. 【2019年】バルミューダトースター新型の違いや口コミは?サイズや価格も比較!

    オーブントースターとしては高めの価格帯であるバルミューダのトースター。迷った末に、新型を購入してみま…
  3. パナソニックナノケア【EH-NA9A / CNA9A / NA9B】私の口コミと、新型【EH-NA0B】の違いを比較!

    この記事では、パナソニックナノケア【EH-CNA9A】の愛用者である私の口コミと、最新モデル【EH-…
  4. シャープ加湿空気清浄機【KC-J50】【KC-H50】【KC-G50】型番の違いは?各モデルを比較

    最新モデルの【kc-j50】は機能がシンプルになったとは言え、現状では【kc-g50】や【kc-h5…
  5. 【口コミ】コードレス掃除機Shark(シャーク)EVOFLEXを使ったレビューと各モデル(S10・S20・S30)の違いを比較

    今回は、Shark社の販売しているEVOFLEXの情報についてご紹介します。 吸引力の落ちない…

おすすめ記事

  1. 株式会社コムテックの主力商品と言えば、ドライブレコーダー・リモコンエンジンスターター・レーダー探知機…
  2. 長年の肩こりや腰痛の改善にコリコランは効くのか?!購入してコリコランを装着するようになってからは肩こ…
  3. バリスタの初代モデルが出た頃、新しい物好きの友人の家に遊びに行くたびバリスタでコーヒーを出してもらっ…
  4. 扇風機とファンヒーターをそれぞれ持つと、しまったり出したりするのも大変ですよね。 この記事では…
  5. 数あるふとん乾燥機の中でも、人気のシャープが新型のプラズマクラスターふとん乾燥機(UD-AF1)を1…

キッチン家電特集

  1. ランキング上位(楽天)タイガー圧力IH炊飯ジャー5.5合【JPC-A100】【JPB-H102】の違いと比較!

    この2機種は(2018/9月)楽天ランキング炊飯器部門で1位【JPC-A100】と4位の【JPB-H…
  2. 【ブラウン】ハンドブレンダーMQ735の口コミは?他モデルとの違い

    離乳食作りや日々の料理にあると便利なハンドブレンダー。ブラウンの商品が良いと知って、調べている人も多…
  3. 評価が高くおすすめな象印のオーブントースター こんがり倶楽部【ET-GM30-BZ】口コミレビュー

    オーブントースター こんがり倶楽部【ET-GM30-BZ】は、マイコン自動コースを搭載した2017年…
  4. 一人暮らしやお弁当作りに最適!簡単に油料理ができる。D-STYLIST スクエアフライヤー購入者目線!

    D-STYLIST スクエアフライヤー KK-00222をじっくり使ってみました。 これは3千…
  5. パナソニック ビストロNE-BS1500とNE-BS1400の違い!どっちがいいのか比較?

    小さい子供がいる場合は、離乳食に便利なNE-BS1500がおすすめです。基本的にNE-BS1400に…
  6. ヘルシオ【ホットクック】のQ&Aと口コミ!(2018年モデル)KN-HW16Dの違いとは?

    ヘルシオ【ホットクック】は、食材に含まれる水分を活用して調理する水なし自動調理鍋です。 KN-…
  7. パナソニックビストロ新型NE-BS1600と旧型1500の違いを比較!違いはどこ?

    パナソニックのビストロは、レンジ機能・グリル機能・スチーム機能・オーブン機能を備えたスチームオーブン…
  8. ヘルシオグリエ AX-H1「ウォーターオーブン」私の口コミと価格をチェック!

    ヘルシオグリエとは、水蒸気加熱方式を採用した「ウォーターオーブン」と呼ばれる調理家電製品となります。…
  9. ヘルシオ ホットクック!2017年モデルと2016年モデル!どこが変わった?口コミと価格を比較!

    ヘルシオ ホットクックは、「無水調理」をする鍋です。 水や火を使わず調理できる電気無水鍋です。…
  10. 最新ヘルシオ グリエレンジ(AX-HR2)の機能と価格!ヘルシオ グリエ(AX-H2)との違いとは?

    2017年12月中旬発売のキッチン家電! シャープのウォーターオーブンレンジ【ヘルシオ グリエ…
ページ上部へ戻る