初心者におすすめなケルヒャーの高圧洗浄機【K 2 クラシックとプラス】の違い!

私が購入したケルヒャーの高圧洗浄機 K 2 クラシックについての口コミをご紹介いたします。

また、ケルヒャーの高圧洗浄機は、【K 2 クラシック】と【K 2 クラシック プラス】という2機種存在致します。

この2機種は、付属のアクセサリーの違いがあります。

今回は、私の口コミと【K 2 クラシック】と【K 2 クラシック プラス】の違いを解説致します。

ぶっちゃけ【K 2 クラシック プラス】の方がおすすめです。

それでは、口コミと違いを見ていきましょう。

【口コミ】ケルヒャーの高圧洗浄機 K 2 クラシック

ケルヒャーの高圧洗浄機K2クラシックは、1ジェットノズルが標準装備されています。1ジェットノズルにすると外壁などの広い面積をきれいにすることができます。これはとても便利!

これなら広範囲に水がかかるので、短時間で外壁などをきれいにすることができます。

水圧が結構強いので、ノズルは両手で持たないと結構キツイです。

我が家はこれで外壁をきれいにしました。本当に洗剤をつけずに水だけで黒い汚れはとれます。

網戸にも使っています。今までおっくうでやってこなかった網戸掃除ですが、網戸を立てかけて、そこに高圧洗浄機をかけるだけで、茶色の水が流れて網戸が一気にきれいになります。これだと網戸掃除も苦ではなくなり、汚くなったなぁと思ったらやるようになりました。

ケルヒャーはやっぱり洗車に便利!だけど注意が必要?

ケルヒャーの高圧洗浄機の一番の使い道は、やっぱり洗車ですね。

外壁用にと購入しましたが、洗車主体になっています。

ただ、洗車時も注意が必要です。

車の塗装が剥がれている部分がある場合では、高圧洗浄機の水圧が強いので塗装が剥がれる可能性があるということです。

車の塗装が剥がれている部分がなければ問題なく使用できます。

タイヤ周りもできますし、本当に便利です。

ですが、仕上げはスポンジで軽く車体を拭かないとピカピカとはいきません。

我が家はワンボックスカーなのですが、高圧洗浄機でやることによって、前よりもかなり時短になりました。

こんな便利なケルヒャーの高圧洗浄機ですが、K 2 クラシックとK 2 クラシック プラスという製品がでています。

どちらがいいのか?違いはどこなのか?分かりませんよね。

そんな方のために違いを見ていきたいと思います。

ケルヒャーの高圧洗浄機【K 2 クラシックとプラス】の違いはここ!

品名 ▼K 2 クラシック▼ ▼K 2 クラシック プラス▼
画像
価格(公式) 12,938 円 14,904 円
最大吐出圧力 8(MPa) 8(MPa)
吐出水量 330(L/h) 330(L/h)
最高給水温度 最大 40(°C) 最大 40(°C)
モーター入力 1(kW) 1(kW)
質量(本体のみ)  3.8(kg) 3.9(kg)
寸法 長さ393 x 幅171 x 243高さ (mm) 長さ462 x 幅171 x 高さ243(mm)
▼K 2 クラシック▼ ▼K 2 クラシック プラス▼
▼標準装備アクセサリーと製品機能▼
  • トリガーガン, 簡単ワンタッチ接続
  • 1ジェットノズル
  • 高圧ホース, 5 m
  • 洗浄剤散布, 自吸用ホース
  • 給水口フィルター(本体内部取り付け済)
  • 本体側カップリング
  • トリガーガン, 簡単ワンタッチ接続
  • バリオスプレーランス
  • 高圧ホース, 5 m
  • 洗浄剤散布, 洗浄剤タンク
  • 給水口フィルター(本体内部取り付け済)
  • 本体側カップリング
  • 洗浄剤タンク付き

上記が仕様や機能の比較ですが、1番の違いは、付属のアクセサリーの違いですね。

K 2 クラシック:1ジェットノズル

K 2 クラシック プラス:バリオスプレーランス・洗浄剤タンク付き

▼1ジェットノズル▼ ▼バリオスプレーランス▼
広範囲に水を噴射するノズルで、水圧の調整はできません。 水圧の調整ができるノズルで、使う用途によって水圧をかえることができます。
洗浄剤を入れるタンクが付いており、洗浄剤の使用にも便利です。

ケルヒャーの高圧洗浄機【K 2 クラシックとプラス】の価格比較

▼K 2 クラシック▼
⇒楽天市場 価格: 10,145円
⇒アマゾン 価格:10,238円
▼K 2 クラシック プラス▼
⇒楽天市場 価格:9,313円
⇒アマゾン 価格:9,401円

まとめ

私はK 2 クラシックを購入していますが、水の圧力の調整はできませんが問題なく使っています。

ですが、価格をみるとK 2 クラシック プラスの方が安いではありませんか!(;’∀’)

K 2 クラシックで満足していますが、今買うなら絶対K 2 クラシック プラスを買います”(-“”-)”

ケルヒャーの高圧洗浄機の私の評価的には大満足です。

外壁の汚れはどうしようもないとあきらめかけていたので、これほどきれいになってとても満足しています。

外壁だけではなく、洗剤を使わずに水だけで家の周りや車などいろいろなところがきれいにできるので、ケルヒャーの高圧洗浄機はおすすめです。

関連記事

新着記事

  1. シャープVSダイソン【hot & cool】価格と電気代!どっちがいいのかを比較

    シャープ製品のスリムイオンファンHOT&COOLとDyson Hot + Cool ファンヒ…
  2. 【私の口コミ】購入してわかったストレート ヒートブラシ【ダフニ】のメリット・デメリット!

    人気のストレート ヒートブラシ【ダフニ】は、使い勝手が良いので、普通のストレートヘアアイロンが苦手な…
  3. ダイソン V7 マットレスとトリガーの違いとは?ぶっちゃけ一緒?

    ダイソンのコードレスハンディクリーナーは、最も吸引力の強いコードレスハンディクリーナーとして君臨して…
  4. 足元から水ボトルの設置ができるコスモウォーター 女性でも楽々!私の口コミレビュー

    レバーを倒すだけで冷水と温水が出る、とっても便利なウォーターサーバー。 我が家でもサービスの申…
  5. ランキング上位常連のコードレス掃除機【ダイソンV7 VSマキタ】!どっちがいいのか?

    楽天やアマゾンの掃除機ランキングで常に上位にいるマキタとダイソン! どちらも人気でコードレス掃…

おすすめ記事

  1. BALMUDA The Pot (K02A)は、おしゃれなデザインが魅力の電気ケトルです。 ハ…
  2. 急な引っ越しや車でも気軽に動画や音楽を楽しむために気軽にWi-Fiを使いたいですよね。 そんな…
  3. モダンデコ【ハイブリッド加湿器 Tetra】は、名前の通りハイブリッドタイプの加湿器です。 こ…
  4. 私がアマゾンFire TV Stickを購入した主な理由は、「プロジェクターを使って大画面で楽しみた…
  5. この2機種は(2018/9月)楽天ランキング炊飯器部門で1位【JPC-A100】と4位の【JPB-H…

キッチン家電特集

  1. 【口コミ】ビタントニオ 縦型 トースターVOT-20のデメリットとは?購入者目線!

    最近では、あらゆる「高級食パン」がテレビでも特集され、大ブームを巻き起こしています。 そのブー…
  2. パナソニック 最新 ビストロ【NE-BS1600】の特徴と旧型【NE-BS1500 】との違いを比較!

    パナソニック 最新のビストロ 型番:【NE-BS1600】は、2019年6月1日発売です。 パ…
  3. ドルチェグスト ジェニオ2(無料)で自宅がカフェに大変身?ついでに口コミと価格もチェック!

    今回、紹介するのは手軽に美味しいコーヒーが淹れられると評判の「ネスレ ドルチェグスト ジェニオ2 プ…
  4. ブラウン ハンドブレンダー マルチクイック MQ735の私の口コミとMQ535との違い!

    果物を購入してみたはいいものの、一度食べると満足してしまい残ってしまうことが多々ありました。 …
  5. ヘルシオグリエ AX-H1「ウォーターオーブン」私の口コミと価格をチェック!

    ヘルシオグリエとは、水蒸気加熱方式を採用した「ウォーターオーブン」と呼ばれる調理家電製品となります。…
  6. 評価が高くおすすめな象印のオーブントースター こんがり倶楽部【ET-GM30-BZ】口コミレビュー

    オーブントースター こんがり倶楽部【ET-GM30-BZ】は、マイコン自動コースを搭載した2017年…
  7. ヘルシオ ホットクック!2017年モデルと2016年モデル!どこが変わった?口コミと価格を比較!

    ヘルシオ ホットクックは、「無水調理」をする鍋です。 水や火を使わず調理できる電気無水鍋です。…
  8. 生の野菜と果物の酵素を余すことなくジュースにして飲めるヒューロムスロージューサー私の口コミ!

    スムージーをよく作っていましたが、通常のミキサーでは水分なしで野菜と果物だけでは作れません。 …
  9. ランキング上位(楽天)タイガー圧力IH炊飯ジャー5.5合【JPC-A100】【JPB-H102】の違いと比較!

    この2機種は(2018/9月)楽天ランキング炊飯器部門で1位【JPC-A100】と4位の【JPB-H…
  10. 【口コミ】安くておすすめのフードプロセッサーはTESCOMの Pure Natura TK441!デメリットはこれ!

    私が今回ご紹介するキッチン家電は、TESCOMのフードプロセッサーPure Natura TK441…
ページ上部へ戻る