【口コミ】シャープ加湿空気清浄機【KI-HS70 (HS50)】と【KI-JS70 (JS50)】の違いとメリット・デメリット

季節が変わるにつれて家の乾燥や花粉・ハウスダストで、アレルギーで鼻水が止まらないこともありましたが、このシャープ加湿空気清浄機で解消されました。

購入者として私の口コミをお伝えしますね。【KI-HS70 / KI-HS50】・【KI-JS70 / KI-JS50】という近い機種の違いについても解説します。

↓花粉やウイルス対策に活躍してます♪

↓スマホで花粉やキレイ度合いも見える

 

◆最新ニュース

過去、シャープのプラズマクラスターによるSARS(コロナウィルス)不活性化が認められています。→シャープ公式発表

今、シャープ空気清浄機が品切れになりやすい状態です。

 

新型JS70/JS50が正解
旧型HS70は生産停止しており、逆になぜか高い。新型かつ安い【JS70】で間違いありません↓ プラズマクラスターの適用範囲が13畳で問題なければ、【JS50】がおすすめ。価格はさらに3000円ほど安くなります。↓

 

高い?在庫切れ?そんな時は

楽天ランキングで常に1位!1万円台というコスパ抜群のこちらをご覧ください。

大人気でコスパ良い!シャープ加湿空気清浄機【KC-J50】【KC-H50】【KC-G50】の違いを比較

 



シャープ 加湿空気清浄機【KI-HS70/HS50】と【KI-JS70/JS50】の違いとは?仕様を比較!

KI-HS70/HS50は2017年製

KI-JS70/JS50は2018年製

70という数字のほうは、広さ16畳以上の部屋に推奨。

50という数字のほうは、広さ15畳以下の部屋に推奨となっています。

2017年製

KI-HS70

2018年製

KI-JS70

▼プラズマクラスター適用床面積(目安)▼
約16畳(約26m²) 約16畳(約26m²)
▼運転モード▼
加湿空気清浄

空気清浄

加湿空気清浄

空気清浄

▼清浄時間▼
加湿空気清浄時▼

8畳を約12分(「強」運転時)

空気清浄▼

8畳を約9分(「強」運転時)

▼加湿空気清浄時▼

8畳を約12分(「強」運転時)

▼空気清浄▼

8畳を約9分(「強」運転時)

▼風量▼
強・中・静音 強・中・静音
▼加湿量(mL/h)▼
強:630

中:410

静音:230

強:630

中:410

静音:230

▼タンク容量(L)▼
約3.0 約3.0
▼外形寸法▼
幅370×奥行293×高さ660(㎜) 幅370×奥行293×高さ660(㎜)
▼電源コード長さ▼
1.8(m) 1.8(m)
▼フィルター交換目安▼
集塵、脱臭、加湿▼

約10年

Ag+イオンカートリッジ▼

約1年

▼使い捨てプレフィルター▼

約1ヶ月

集塵、脱臭、加湿▼

約10年

Ag+イオンカートリッジ▼

約1年

▼使い捨てプレフィルター▼

約1ヶ月

▼1時間あたりの電気代(円)▼
加湿空気清浄時▼

強:約1.22

中:約0.59

静音:約0.14

▼加湿空気清浄時

強:約1.22

中:約0.59

静音:約0.14

上記のスペックでは違いが分かりづらいですが、新型のほうが

  • 消臭機能レベルアップ(ペットも対応)
  • お出かけ中の強力清浄

このように機能向上しています。

まずは、私がシャープ加湿空気清浄機の中でも【KI-JS70】を選んだ理由をご紹介致します。

加湿空気清浄機の口コミ【シャープ製 KI-JS70 / KI-JS50】購入の決め手は移動が楽にできること

購入するにあたり、お店の人に色々とお話を聞きました。

私が買った加湿空気清浄機の決め手は、「移動ができる」ということです。

普段はリビングに。寝る時は寝室の加湿器として使うつもりで購入しました。

こちらの加湿空気清浄機は、横移動のためのキャスターがついていて、カンタンに移動ができます。

重い空気清浄機を動かすのはとても大変なので、掃除をする際に少し動かしたい時に便利ですね。

掃除方法は、後ろの網の部分を、掃除機で吸えば大丈夫。

ちなみに、購入した際に、その部分につけるネットが3枚ついていました。

そのネットをつけると、掃除機でのお掃除は不要で、1ヶ月程したらネットを交換するだけで良いそうです。

ネットがない方は、こまめに掃除が必要です。(購入時に3枚同梱しています)

シャープ加湿空気清浄機【KI-HS70 / HS50】【KI-JS70 / JS50】のメリット・デメリット

メリットは、簡単に移動ができるところ、空気清浄機自体の掃除が簡単なこと、自動で部屋の湿度を調整してくれたり、料理等をすると、それを感知して、空気清浄機の機能を強くしてくれるところ、そして、大きさもそこまで大きくない所です。

また、なんといってもプラズマクラスター25000搭載。プラズマクラスター7000よりも脱臭のスピードや静電気の除電スピードが大幅にアップしています。

お肌のハリ・ツヤをアップしてキメを整えてくれる効果もあります。

 

デメリットとしては、移動が横移動しかできないので、動かす際、少しコツがいるところです。

また、寝室で運転する場合は、音が気になる!と思う人もいると思います。

私は慣れましたが、口コミでは音が気になる方もいるようです。

加湿時の加湿フィルターが駆動するモーター音や自動運転設定だと「おやすみ運転」より音は大きくなります。

就寝時はおやすみ運転に設定することをおすすめ致します。

プラズマクラスター7000とプラズマクラスター25000、NEXTの違いを比較

プラズマクラスタ7000と25000の違いはイオン濃度の差です。

ここで紹介している【KI-HS70 / HS50】【KI-JS70 / JS50】はプラズマクラスター25000搭載。濃度が高いため、菌やウィルスの抑制やニオイ脱臭効果が強くなります。

▼プラズマクラスター7000の効果▼

●空気中の浮遊ウィルスの抑制・無力化
●静電気を抑える
●付着臭の脱臭効果

▼プラズマクラスター25000の多大なメリット▼

point
●浮遊だけでなく服やカーテンに付着したウィルスの抑制・無力化
●静電気抑制効果はプラズマクラスター7000の5倍!
●付着臭の脱臭効果が1.6倍アップ
お肌にハリやツヤを与える

プラズマクラスターNEXTとは?

プラズマクラスターNEXTは「ストレスの溜まりづらい空気」など近未来的な効果もあるらしく、10万円ほどと高額です。通常のご家庭向きではないなと思いました。(シャープ公式 – “プラズマクラスターの効果”)

→参考記事:【プラズマクラスターNEXTの効果や口コミレビュー】KI-LP100・KI-JP100・KI-HP100の違いを比較!

 

シャープ加湿空気清浄機【KI-HS70 / HS50】と【KI-JS70 / JS50】のおすすめポイント

▼「COCORO AIR」▼
空気の状態や天気予報などをお持ちのスマートフォンなどから確認することができます。

▼プラズマクラスターパワフルショットの効果▼

付着料理臭を消臭

付着ペット臭を消臭

付着タバコ臭を消臭

部屋干し衣類の生乾き臭を消臭

30〜40代特有の体臭を消臭

付着汗臭を消臭

加齢臭を消臭

付着菌を除菌

▼スピード循環気流▼
遠くのホコリも引き寄せて大きな背面全体の吸込口でパワフルに吸引します。除電もできるので効果的に集じんできます。
▼効果実感モード▼
最初の10分間は最大風量でパワフルに吸じん!お部屋の汚れに合わせて、自動で最適な気流に切り替えて徹底的に空気を浄化するモードです。
▼ストッパー付きキャスター▼
ストッパーで固定もできるので、小さなお子様のいるご家庭でも便利です。

▼ハンドル付き給水タンク▼
自立タンクで、給水もキャップを締めるのもラクに行えます。

▼5つのセンサー▼
ホコリセンサー、明るさ、ニオイ、湿度、温度の5つのセンサーで賢く運転
▼花粉運転▼
センサーの感度を高めて花粉やホコリなどをすばやく検知
▼おやすみ運転▼
モニターの明るさを抑えた最小15dBのおやすみ運転搭載で、就寝時にもおすすめ
▼気にならない電気代▼

シャープ加湿空気清浄機【KI-HS70】と【KI-JS70】の価格を比較!

2017年製

【KI-HS70

プラズマクラスター適用床面積(目安)約16畳(約26m²)

アマゾン ベストセラー1位の製品です。

⇒Yahoo!ショッピング 価格:36,880円
⇒楽天市場 価格:36,800円
⇒アマゾン 価格:36,480円
2018年製

【KI-JS70

プラズマクラスター適用床面積(目安)約16畳(約26m²)

⇒楽天市場 価格:35,229円
⇒アマゾン 価格:33,000円
⇒Yahoo!ショッピング 価格:33,900円

【まとめ】KI-JS70 (JS50) が高機能でコスパも良い

何畳の機種を選べばいいのかわからない方は、プラズマクラスター適用床面積を確認して、お部屋よりも広い面積に対応している機種を選ぶのが正解です。この2つの型は、一般家庭のリビングであれば全く問題ありません。

実際に【KI-JS70】は、家から帰ってきたり、料理をすると、すぐに空気清浄機が反応してくれます。

湿度も常に表示されているので、気持ち的にもすごく快適♪寝る時には寝室に持っていき、安心して寝られています。

以前はあった、嫌な匂いも全くなく、匂いの残る料理の後もすぐに匂いが消えるので、本当に買ってよかったと感じています。

 

新型JS70/JS50がコスパ良い
旧型HS70は生産停止しており、逆になぜか高い。新型かつ安い【JS70】で間違いありません↓ プラズマクラスターの適用範囲が13畳で問題なければ、【JS50】がおすすめ。価格はさらに3000円ほど安くなります。↓

もしこの機種が高すぎて…という場合は以下2万円弱のプラズマクラスターをご参考ください。

大人気でコスパ良い!シャープ加湿空気清浄機【KC-J50】【KC-H50】【KC-G50】の違いを比較



おすすめ記事

  1. 急な引っ越しや車でも気軽に動画や音楽を楽しむために気軽にWi-Fiを使いたいですよね。 そんな…
  2. 夏の季節になると必要になってくるのが、「扇風機」。 ただ、暑い季節になると気になるのが電気代!…
  3. 私は、コーヒーが好きでスタバやドトールなどのカフェに出かけては、濃くて美味しいコーヒーを頼んで飲んで…
  4. 今回は、赤ちゃんや子どもにも使えるおすすめな体温計をご紹介致します。 体温計には、「赤外線の体…
  5. 毎朝、美味しい焼きたてパンのある生活は、考えているより意外と簡単に手に入りました。 私は買って…

キッチン家電特集

  1. ヘルシオ【ホットクック】のQ&Aと口コミ!(2018年モデル)KN-HW16Dの違いとは?

    ヘルシオ【ホットクック】は、食材に含まれる水分を活用して調理する水なし自動調理鍋です。 KN-…
  2. ランキング上位(楽天)タイガー圧力IH炊飯ジャー5.5合【JPC-A100】【JPB-H102】の違いと比較!

    この2機種は(2018/9月)楽天ランキング炊飯器部門で1位【JPC-A100】と4位の【JPB-H…
  3. 生の野菜と果物の酵素を余すことなくジュースにして飲めるヒューロムスロージューサー私の口コミ!

    スムージーをよく作っていましたが、通常のミキサーでは水分なしで野菜と果物だけでは作れません。 …
  4. 一人暮らしやお弁当作りに最適!簡単に油料理ができる。D-STYLIST スクエアフライヤー購入者目線!

    D-STYLIST スクエアフライヤー KK-00222をじっくり使ってみました。 これは3千…
  5. ポタージュが簡単に作れる!クックマスター・Shunsai(旬彩)の私の口コミ

    クックマスター・Shunsai(旬彩)は下記の調理ができる自動調理機です。 ●煮物やカレー、おかゆ…
  6. 【かまどさん電気】(SR-E111)購入して分かったこととみんなの口コミ!

    この炊飯器を購入したきっかけとしては、我がには旧式の炊飯器があったのですが、どうにも炊いたお米が水気…
  7. 楽天ランキング上位独占!タイガー圧力IH炊飯ジャーJPB-G102とJPB-H102を比較!どこが違うのか?

    今回は、(2017/9月のランキング)楽天の炊飯器部門でランキング1位と2位のタイガー圧力IH炊飯ジ…
  8. 評価が高くおすすめな象印のオーブントースター こんがり倶楽部【ET-GM30-BZ】口コミレビュー

    オーブントースター こんがり倶楽部【ET-GM30-BZ】は、マイコン自動コースを搭載した2017年…
  9. 2品同時に温められるレンジが超便利!パナソニックのビストロ/NE-BS1400!私の口コミと評価は?

    今までは送料込みで1万円以下の激安レンジをインターネット通販で購入していました。 でも、結婚し…
  10. ヘルシオ ホットクック!2017年モデルと2016年モデル!どこが変わった?口コミと価格を比較!

    ヘルシオ ホットクックは、「無水調理」をする鍋です。 水や火を使わず調理できる電気無水鍋です。…
ページ上部へ戻る