エレクトロラックス サイクロン式スティック&ハンディクリーナーで快適お掃除を実現。最安値と口コミをチェック!

掃除機をする時に感じる不満は、

配線が届かなくて途中で掃除機をかけることをやめた

掃除機を2階から1階に持ち運ぶのが重くて大変

など掃除機本体の持つコードや重量感に不満を感じている人が多くおられるということです。

確かに掃除機をかけている時に配線を何度も差し替えてまでお部屋の隅々を掃除しようという気持ちは毎回起こりにくいことでしょう。

また、2階建て3階だてのいが増えている中で、掃除機を何度も狭い階段で持ち運びをするのは危険ですし、煩わしくて家全体を掃除する気が失せてしまうこともあります。

そんな時に欲しいクリーナーというのは、「コードレス」で「軽量化」がポイントとなります。

しかし、そんな掃除機はなかんか見つからないという方にオススメなのが、エレクトロラックスから発売されているコードレスクリーナーです。



エレクトロラックスのエルゴラピード・リチウムのポイント

この商品の優れいているとポイントは、ただのコードレスクリーナーではないところです。

実は、スティックタイプとともにハンディークリーナーも一体化されているクリーナーなので、ちょっとした布団の掃除や天井に近いエアコンなどお部屋の上部においてはハンディークリーナーを使用することで部屋中を綺麗に快適に掃除をすることができます。

また、クリーナーを購入すると布団ノズルが付いていないなど後から付属品を購入しなければいけないと何かと出費がかさんでしまうのですがこちらのエレクトロニックスの商品には、付属ノズルが複数付いているのでとても便利です。

モデル別付属ノズル表 ベッド・プロ・パワー™ スタンダード カラーポップ
ベッド・プロ・パワー™UVノズル
布団ノズル
布用ノズル
ホース
ロング隙間ノズル
隙間ノズル/ブラシノズル

また、ノズルの先端にはライトが付いているので、電源を入れると自動でライトが点灯し、狭くてみえずらい部分もしっかりと確認をしながら掃除をすることができます。

ノズル部分は柔軟に稼働するので様々な角度に変化させながら掃除ができます。

充電時間は、4時間だけ。稼働時間は30分ほど使用出来るなど1回の掃除で十分な時間です。

バッテリーも最新のものを使用しているので、充電効率も良くなっているので、従来のコードレス掃除機と比べると性能は飛躍的に向上していることが使用するとわかることでしょう。

掃除機が重たくて困っているという人や細かいところまで掃除をしたいという人は、是非一度エレクトロラックスのクリーナーを使用されるのが良いでしょう。

クリーナーには、現在のところ3タイプあります。リチウムイオン電池の違いや付属品の違いがありますので、商品を選ぶ際は自分の使い方に合わせて選ぶと不要なものを取り除くことができ満足度の高いお買い物につながります。

一番のオススメは、リチウムイオン電池の持ちが良いベッド・プロ・パワー™のモデルです。

ベッド・プロ・パワー™モデルのみに限っては、 UVノズルを標準装備。

アレルギーの大きな原因になると言われているダニや、目に見えない微細なハウスダスト。

健康に影響をあたえる物質を効果的に取り除くため、UVノズルを標準装備されているのです。

エレクトロラックスのワイヤレスクリーナーの口コミ

購入者の声A

始めてのコードレスタイプ。ダイソンと迷いましたが検討した結果エレクトロラックスの製品に決めました。

こちらと一段下のタイプにするかと更に悩んだのですが、布団UVライト付きの上位機種に決めました。

購入者の声B

正直ダイソンよりオススメ。家でお布団と掃除とか、フィルターの掃除とかしています。

お布団は言われた通りに使ったらかなりゴミが取れ、臭いもなくなり本当に驚きました。

コンセントもなく、ダイソンみたいに張り付き着ないので,こちらの布団クリーナーはオススメです。

購入者の声C

コードレスのサイクロン式掃除機です。

ンディタイプの本体に布団用アタッチメントを付けたら布団用クリーナー、本体をスティックタイプのドックにはめればスティックタイプ掃除機に変身します。

組み立て、取り外し、ゴミ捨てはワンタッチで手軽に行うことができました。取り回しも楽なので、いろいろな場所の掃除が捗っています。

ベッド・プロ・パワー™の最安値(ZB3233B)

⇒アマゾン 価格:29,798円
⇒楽天市場 価格:42,500円

UVノズルが要らない人は、スタンダードモデル!の最安値(ZB3105AK)

⇒アマゾン 価格:19,998円
⇒楽天市場  価格:21,600円

エレクトロラックス サイクロン式スティック&ハンディクリーナーのまとめ

口コミでもあるようにダイソンと迷った方が購入しています。

ダイソンにも劣らない性能なのに、この価格なら断然こちらを選びますね。

やはり掃除機は毎日かけたいものです。けど重さが気になる!

大丈夫です。掃除中に感じる掃除機の重さは、わずか500g。

手首に負担がかかりにくい設計で安心。

ぜひ、ダイソンを購入するか迷っているならこちらも検討してみてはいかがでしょうか。



おすすめ記事

  1. 私がアマゾンFire TV Stickを購入した主な理由は、「プロジェクターを使って大画面で楽しみた…
  2. 私はコーヒーが好きでよく飲むのですが、インスタントはやはり物足りないと感じていました。 がしか…
  3. モダンデコ【ハイブリッド加湿器 Tetra】は、Amazonや楽天の口コミでも大人気。 この記…
  4. 私は冬の手荒れが酷く困っていました。 毎日食器を洗うとどうしても洗剤で荒れ、冬にお湯を使うと荒…
  5. プリントス(printoss)は、スマホで撮った写真をいつでも気軽に簡単にプリントできる「プリントト…

キッチン家電特集

  1. ポタージュが簡単に作れる!クックマスター・Shunsai(旬彩)の私の口コミ

    クックマスター・Shunsai(旬彩)は下記の調理ができる自動調理機です。 ●煮物やカレー、おかゆ…
  2. パナソニックビストロのNE-BS1400とNE-BS1300の仕様の違いとは?機能を比較!

    NE-BS1400とNE-BS1300の仕様の違いを見る前に、最新ビストロではどんな機能があるのかご…
  3. ヘルシオグリエ AX-H1「ウォーターオーブン」私の口コミと価格をチェック!

    ヘルシオグリエとは、水蒸気加熱方式を採用した「ウォーターオーブン」と呼ばれる調理家電製品となります。…
  4. パナソニックビストロ新型NE-BS1600と旧型1500の違いを比較!違いはどこ?

    パナソニックのビストロは、レンジ機能・グリル機能・スチーム機能・オーブン機能を備えたスチームオーブン…
  5. 【口コミ】ビタントニオ 縦型 トースターVOT-20のデメリットとは?購入者目線!

    最近では、あらゆる「高級食パン」がテレビでも特集され、大ブームを巻き起こしています。 そのブー…
  6. ランキング上位(楽天)タイガー圧力IH炊飯ジャー5.5合【JPC-A100】【JPB-H102】の違いと比較!

    この2機種は(2018/9月)楽天ランキング炊飯器部門で1位【JPC-A100】と4位の【JPB-H…
  7. 楽天ランキング上位独占!タイガー圧力IH炊飯ジャーJPB-G102とJPB-H102を比較!どこが違うのか?

    今回は、(2017/9月のランキング)楽天の炊飯器部門でランキング1位と2位のタイガー圧力IH炊飯ジ…
  8. ヘルシオ ホットクック!2017年モデルと2016年モデル!どこが変わった?口コミと価格を比較!

    ヘルシオ ホットクックは、「無水調理」をする鍋です。 水や火を使わず調理できる電気無水鍋です。…
  9. 【かまどさん電気】(SR-E111)購入して分かったこととみんなの口コミ!

    この炊飯器を購入したきっかけとしては、我がには旧式の炊飯器があったのですが、どうにも炊いたお米が水気…
  10. ビタントニオの牛乳パックのまま ヨーグルトメーカー!みんなの口コミと最安値をチェック!

    ヨーグルトメーカー、実は子どもの頃から色々試しています。 でも、結局面倒で使わなくなって倉庫行…
ページ上部へ戻る