【購入者目線の口コミ】ワイヤレスイヤホン初心者におすすめのElemiya Bluetooth 「S-8」

今回ご紹介するのは、Bluetoothワイヤレスイヤホンの「S8」。

コンパクトで軽量、そしてスタイリッシュなデザインなので実用性だけでなくお洒落さを求める方にもお勧めの商品です。

私がこのElemiya「S8」を選んだ理由とメリット・デメリットをご紹介致します。

iPhone Android 対応のBluetooth イヤホン Elemiya「S8」

⇒アマゾン 価格:4,380円

購入動機は、運動不足解消とダイエット目的で始めたウォーキングです。

ただウォーキングって結構退屈なんですよね。

ウォーキングで消費するカロリーは少なく、時速5kmで1時間歩いても250kcal前後を消費する程度です。

ですのでウォーキングは15分や20分ではなく、大体1時間ぐらいを目処にしてました。

1時間歩くって結構暇ですし、1日だけならまだしも定期的に行うとなるとすぐに飽きがきてしまいます。

そこで音楽でも聴きながらウォーキングすれば、楽しさが増してウォーキングを継続して行えるかなと思って購入を決意しました。

Elemiya「S8」を選んだ理由

Bluetoothワイヤスイヤホンって他にも結構ありますけど、「S8」にした理由は価格帯、外見、防水機能等からです。

「S8」購入前までBluetoothワイヤレスイヤホンって使ったことありませんし、そこまで高い物は必要ない。

かといって安すぎるのは低スペック過ぎて問題あり。ということで、そこそこの価格だった「S8」に注目しました。

外見はスタイリッシュですし、お値段以上の高級感を覚えました。

また防水機能 IPX5にも惹かれました。

ウォーキング中に雨が降ってくることもあるので、ある程度の防水機能って欲しいんですよね。

完全浸水までの性能入りませんが、水しぶきがかかった程度には耐えられる防水機能が欲しい。

となるとIPX5規格の防水できる「S8」がベストかな?と思って購入を決めました。

【口コミ】Elemiya「S8」のメリット

「S8」は、左右のイヤホンを収納する本体、左右のイヤホンの三つのパーツから成り立ってます。

何気に良かったのがイヤホンと本体接触部がマグネット式になってる点です。

イヤホンって小さいですから、知らぬ間に本体から落ちてしまったら探し出すのはなかなか難しい。

でもマグネットは結構強いので、故意に本体からイヤホンを取ろうとしなければ外れるなんてことは早々ありません。

おかげで購入から半年以上経過してますが、いまだに無くさず使えてます。

100円ライターと同じぐらいの大きさも気に入ってます。

本体にイヤホンを収納した状態でも、100円ライターぐらいの大きさしかないんです。

持ち運びしやすいですし、場所をとらないので外出時にもっていくのも問題ありません。

また、イヤホン自体もコンパクトなので、耳に装着してしまえば目立ないのも良いです。

ワイヤレスにより取り回しの良さも便利。

コードのあるイヤホンだと、どうしてもコードが邪魔になってしまいます。

でも「S8」はイヤホン部分しかない為、コードに邪魔される事はないので取り外しがすっごく楽なんですよね。

Elemiya「S8」のデメリット

メリットもあれば不便に感じる点も当然あります。

デメリットに感じるのはバッテリー容量の少なさです。

コンパクトサイズなので、バッテリー容量も少なくせざるを得なかったんでしょうがちょっと不便ですね。

ウォーキングを終えたらイヤホンは本体に収納し、そのままバッテリー充電するようにしてます。

大体これを3回繰り返すと、本体のバッテリーは1/4程度に。

ですので2.3回ウォーキングをしたら、本体を充電しないといけません。

ただし、価格帯、外見、防水機能等を考慮すると全体的に満足いくワイヤレスイヤホンです。

Elemiya「S8」の音質は?

音質は良好です。

低音から高音までハッキリ聞こえますし、今まで普通に聴いてた音楽もより新鮮に感じられます。

Bluetooth接続が簡単

 

Bluetooth接続って「S8」購入前までしたことなかったんですけど、そんな私でも簡単にBluetooth接続出来ました。

スマホのBluetooth接続アイコンをタップし、「S8」を本体から取り出してイヤホンのボタンを数秒押すだけ。

これでスマホは「S8」を認識してくれますし、思った以上に簡単に使えて助かってます。

また曲飛ばし等もイヤホンのボタンを押せば出来るので、いちいちスマホを取り出したりしなくて良いのも便利ですね。

Elemiya「S8」の価格比較

⇒アマゾン 価格:4,380円

まとめ

バッテリー容量は少ないというデメリットもあります。

しかし使い勝手は良好ですし、「S8」より上位となると急に価格は跳ね上がります。

こういった点を踏まえると、試しに購入してみようかな~という人には強くお勧めします。

関連記事

新着記事

  1. 空気清浄機【シャープ KC-HD70】口コミ・スペック性能・最安値の比較

    空気清浄機「シャープ KC-HD70」について、口コミ・スペック性能・最安値の比較な…
  2. 空気清浄機【ダイソン Dyson Pure Cool TP00IB 】口コミ・スペック性能・最安値の比較

    空気清浄機「ダイソン Dyson Pure Cool TP00IB 」について、口コ…
  3. 【口コミ】Oculus Go (オキュラス ゴー)のメリット・デメリット!見れる動画配信サービス一覧はコレ

    数年前からテレビやインターネット上ではVRが凄いといった形で紹介される事が多くあります。 私も…
  4. アイリスオーヤマ 布団乾燥機ベストセラー1位のカラリエ【FK-C2】と【FK-C3】の違いは?機能と口コミを比較!

    アイリスオーヤマ カラリエは、寒い冬や布団が干せない梅雨の時期・雨の時に大活躍する 布団乾燥機です。…
  5. 購入して分かった!ホームベーカリーでお餅も作れる 「siroca SHB-512」私の口コミ

    毎朝、美味しい焼きたてパンのある生活は、考えているより意外と簡単に手に入りました。 私は買って…

おすすめ記事

  1. バリスタの初代モデルが出た頃、新しい物好きの友人の家に遊びに行くたびバリスタでコーヒーを出してもらっ…
  2. バリスタiアイの型番「spm9635」「 hpm9635」この2つの型番はどこがちがうのでしょうか!…
  3. プリントス(printoss)は、スマホで撮った写真をいつでも気軽に簡単にプリントできる「プリントト…
  4. 2017年12月中旬発売のキッチン家電! シャープのウォーターオーブンレンジ【ヘルシオ グリエ…
  5. フィリップスのヌードルメーカーは誰でも簡単にうどんやそばやパスタ、ラーメンなどの麺類を自動で作成する…

キッチン家電特集

  1. バルミューダのオーブンレンジ【バルミューダ ザ レンジ】!機能や価格を要チェック!

    【バルミューダ ザ レンジ】は、「BALMUDA The Gohan」に続くキッチンシリーズ第4弾と…
  2. 【口コミ】ビタントニオ 縦型 トースターVOT-20のデメリットとは?購入者目線!

    最近では、あらゆる「高級食パン」がテレビでも特集され、大ブームを巻き起こしています。 そのブー…
  3. 【かまどさん電気】(SR-E111)購入して分かったこととみんなの口コミ!

    この炊飯器を購入したきっかけとしては、我がには旧式の炊飯器があったのですが、どうにも炊いたお米が水気…
  4. 2品同時に温められるレンジが超便利!パナソニックのビストロ/NE-BS1400!私の口コミと評価は?

    今までは送料込みで1万円以下の激安レンジをインターネット通販で購入していました。 でも、結婚し…
  5. 一人暮らしやお弁当作りに最適!簡単に油料理ができる。D-STYLIST スクエアフライヤー購入者目線!

    D-STYLIST スクエアフライヤー KK-00222をじっくり使ってみました。 これは3千…
  6. 【口コミ】安くておすすめのフードプロセッサーはTESCOMの Pure Natura TK441!デメリットはこれ!

    私が今回ご紹介するキッチン家電は、TESCOMのフードプロセッサーPure Natura TK441…
  7. ランキング上位(楽天)タイガー圧力IH炊飯ジャー5.5合【JPC-A100】【JPB-H102】の違いと比較!

    この2機種は(2018/9月)楽天ランキング炊飯器部門で1位【JPC-A100】と4位の【JPB-H…
  8. パナソニックビストロのNE-BS1400とNE-BS1300の仕様の違いとは?機能を比較!

    NE-BS1400とNE-BS1300の仕様の違いを見る前に、最新ビストロではどんな機能があるのかご…
  9. パナソニック ビストロNE-BS1500とNE-BS1400の違い!どっちがいいのか比較?

    小さい子供がいる場合は、離乳食に便利なNE-BS1500がおすすめです。基本的にNE-BS1400に…
  10. ヘルシオ【ホットクック】のQ&Aと口コミ!(2018年モデル)KN-HW16Dの違いとは?

    ヘルシオ【ホットクック】は、食材に含まれる水分を活用して調理する水なし自動調理鍋です。 KN-…
ページ上部へ戻る