【口コミ】コードレス掃除機Shark(シャーク)EVOFLEXを使ったレビューと各モデル(S10・S20・S30)の違いを比較

今回は、Shark社の販売しているEVOFLEXの情報についてご紹介します。

吸引力の落ちない掃除機で有名なダイソンよりも優れている掃除機として話題となりました。

金額もダイソンの半額ほどとなっています。

もし、掃除機を新しく購入しようと思っている方、高額な掃除機の性能について気になっている方是非参考にしてみて下さい。

 

3つの型番がありますが、主に「連続運転時間」と「付属品」の違いです。

【S10】

【S20】

【S30】

23000円〜 25000円〜 34000円〜
19分運転 38分運転 38分運転
バッテリ1個 バッテリ2個 バッテリ2個
・付属品ナシ ・充電ドッグ付
(3000円相当)
・充電ドッグ付
・ミニヘッド付
(8000円相当)

 

セール中!コスパ最高のS20S10より運転時間は2倍。さらにバッテリーや充電ドッグまで付属しています。

 

ミニヘッドは後から購入しても価格が変わらないので、最初はS20で良いでしょう。

 

 

【口コミ】Shark EVOFLEX(S30)を使ってみたレビュー!

まず、なぜShark EVOFLEXを購入しようと思ったのかそのきっかけについて説明します。

きっかけはCMでした。そのCMが特徴的でありそれが「パイプ部分が曲がる」というところでした。

(折りたたみボタンを押すだけでパイプが曲がるので、楽な姿勢でソファーやベッドの下の掃除ができます。)

この性能のおかげで面倒なソファーの下やベッドの下の隙間にしゃがんだり屈んだりしなくても掃除ができると興味がわきました。

そして、いろいろと調べてみると、「アメリカではダイソンより販売数が多い」という情報をキャッチしました。

アメリカでは2016年にダイソンの販売シェアが20%以下まで下がり、シャークが第一位となったとのこと。

それほどまでに人気がでた掃除機に興味がありすぐに家電量販店に足を運びました。

そこでわかったところがいくつかあり、「吸引力についてはダイソンよりも上」、「バッテリーが取り外しできる」、「値段がダイソンよりも安い」というメリットがあり購入することにしました。

Point
●吸引力についてはダイソンよりも上!
●バッテリーが取り外しできる!
●値段がダイソンよりも安い!

実際に、利用してみて、確かによく吸い取るし充電もしっかりともつので使いやすい掃除機です。

私が実際に使用してみて、Shark EVOFLEX(S30)のメリット・デメリットが分かってきたので、ご紹介致します。

Shark EVOFLEX(S30)のメリット・デメリット

では、Shark EVOFLEX(S30)を利用してみて感じた、メリットとデメリットについて紹介します。

メリットその1:着脱式のWバッテリー

バッテリーが取り外しできるので、掃除機自体を充電する必要がなく、掃除機を収納してから省スペースで充電ができるというところです。

(バッテリーが2つ、S20、S30に付属)

これは非常にうれしく、予備のバッテリーもあるので充電切れの心配がありません。

充電も1時間ほどは持つので1回充電すれば一戸建てであれば隅々まで掃除できます。

メリットその2:吸引力と自走式!

ダイソンの掃除機も使ったことあるのですが、吸引力はこちらの方がある気がします。

カーペットからフローリングまですべての材質のゴミをきれいに吸い取ってくれます。

自走式のヘッドなので、余計な力もいらないですし、畳も掃除することができます。

また、耐久性がしっかりしていて5年は十分に使えると思います。

メリットその3:サッとたためる!

他のコードレス掃除機のように、壁に穴をあけて壁掛けツールを設置したり、いちいち分解して収納したりする必要はありません。

ボタンを押して、サッとたたむことができるので、収納場所を選ばず掃除が終わればすぐ片付けられるのも大きなメリットとなります。

デメリット:少し重たい

デメリットについてですが、少し重たいので女性が利用するのはしんどいかもしれないというところです。

Shark EVOFLEX Dyson Cyclone V10
3.33 kg 2.58 kg

上記をみても分かりますように、ダイソンよりも重量があります。

階段が多い家の場合、持ってあがって持って降りての作業が結構大変かもしれません。

車などにも利用したいというハンディ性を求める際にも重たいので、しんどいと感じる方おられるかもしれません。

パイプがまがるのも特徴の掃除機ですが、ヘッドの大きさが邪魔になってしまい掃除できないところもあるのでメリットであると大々的には言えません。

持ち運んで移動する場合は大変ですが、自走式のヘッド搭載なので、掃除する際は重さを心配する必要はありません。

私が実際に感じたメリットとデメリットは上記ですが、Shark(シャーク) EVOFLEX(エヴォフレックス)には、まだまだおすすめできる機能があります。

次は、Shark EVOFLEXでできることをご紹介致します。

Shark EVOFLEXのおすすめポイント!

▼あらゆる床に対応するDuoClean▼

DuoClean(デュオクリーン)は、2つのブラシを搭載した、Shark独自のヘッドです。

カーペットの奥に潜む細かなホコリは後方のブラシロールがかき出して取り除きます。

そのため、床に合わせてヘッドを取り換える必要がありません!

▼自走式のヘッド▼

自走式のヘッドのおかげで、力をかけずにお掃除をすることができます。

長時間の使用にも掃除にかかる負担が軽減されます。

▼2つのモード▼

「フローリングモード」と「カーペットモード」の2つのモードが選択可能です。

「フローリングモード」は、フローリングや畳を効率よくお掃除ができるモードです。

「カーペットモード」は、ブラシロールが高速回転することで、毛足の長いカーペットでも小さなゴミをしっかり取り除くことができます。

また、「標準」と「強」のパワー設定も選ぶことができます。

▼着脱式バッテリー▼

コードレス掃除機だと掃除の途中でバッテリーが切れた時がコワいですよね。

Shark EVOFLEXでは、予備のバッテリーに差し替えることで掃除の続きが行えます。

最大約66分の使用が可能となります。

※バッテリー2つ付きはS20、S30モデル

▼折りたたんで収納▼
他のコードレス掃除機のように、壁に穴をあけて壁掛けツールを設置したり、いちいち分解して収納したりする必要はありません。

Shark EVOFLEXは、コンパクトに折り曲がり自立もするので、部屋の隅、階段下の収納、クローゼットの中など収納場所を自由に選べます。

急な来客時でもサッと折り曲げて自立が可能なんです。

▼曲がるパイプ▼
折りたたみボタンを押すだけで、パイプが途中で折れ曲がり、楽な姿勢で掃除ができます。

ソファやベッド、テーブルや椅子といった脚付き家具の下のお掃除も楽々に!

腰痛をお持ちの方やお年寄りにもおすすめな設計となっています。

▼LEDライト▼

ヘッドの先端にはLEDライトが搭載されているので、暗い場所もLEDライトで見やすくなります。

また、緑色に光るもう一つの「インジゲーターランプ」はブラシが回転しているのを確かめるためのものです。

ランプ消灯時はブラシが回転していないことを示し、赤ランプの時はブラシに詰まりがあることを示します。

▼モーター音を低減▼

日本向けに開発されたShark EVOFLEXは、モーター音にも改良を加え、静粛性も実現されています。

▼排気もクリーン▼

HEPAフィルターを排気口に搭載し、お部屋の空気を汚さず、いつでも快適なお掃除が可能です。

HEPAフィルターとは、空気清浄機やクリーンルームのメインフィルタとして用いられている高性能フィルターです。

取り外して洗うこともできます。

また、排気口をハンドル部分の下に搭載しているので、直接排気が顔に当たらないように設計されています。

日本で発売されているShark EVOFLEXは、日本向けに作られた商品ですので、細かいところもユーザー目線で改良されているのも嬉しい点ですね。

私が購入したのが、Shark EVOFLEX S30 と言う型です。

Shark EVOFLEXは、そのほかにもモデルが存在し、どれが良いのか迷うかもしれません!

そこで、各モデルの違いをご説明致します。

コードレス掃除機 Shark(シャーク) EVOFLEX(エヴォフレックス)各モデルとの違い!

コードレス掃除機Shark EVOFLEXは、・S30・S20・S10があります。

Shark EVOFLEXのS30・S20・S10に違いはあるのでしょうか?

これらは、付属品やアクセサリーに違いがあります。

それでは、各モデルとの違いを見ていきましょう。

S30 S20 S10
▼カラー▼
ブラック×コーラルピンク ブラック×オリーブグリーン ブラック×スターシルバー
▼運転時間▼

標準モード(DuoClean装着時)

約38分

標準モード(DuoClean非装着時)

約66分

強モード(DuoClean装着時)

約24分

強モード(DuoClean非装着時)

約22分

標準モード(DuoClean装着時)

約38分

標準モード(DuoClean非装着時)

約66分

強モード(DuoClean装着時)

約24分

強モード(DuoClean非装着時)

約22分

標準モード(DuoClean装着時)

約19分

標準モード(DuoClean非装着時)

約33分

強モード(DuoClean装着時)

約12分

強モード(DuoClean非装着時)

約11分

S10では、バッテリーが1個のため、運転時間が短くなっています。
▼リチウムイオンバッテリー▼
2個

2個

1個

 

 

バッテリーは2個付属(S30・S20)、最大約66分の使用が可能です。
▼リチウムバッテリー充電器▼
リチウムイオンバッテリーを充電する際に使用できる充電器です。
▼充電時間▼
約3.5時間 約3.5時間 約3.5時間
▼布団ツール▼
マットレス、ソファー、カーテンなど、細かいホコリから大きなゴミまで除去する広範囲用ツールです。
▼抗アレルゲンホコリ取り用ブラシ▼
最も繊細な表面から細かいホコリやアレルゲン粒子を除去するために特別に設計されたツールです。
▼ロング(45cm)フレキシブル隙間ノズル▼
最長で45cmまで延長します。部屋の角や家具の隙間などの狭いスペースの掃除に最適なツールです。
▼ミニモーターヘッド▼

単体価格 8,000円

ミニモーターヘッドは、強力なモーターでさまざまな表面に深く入り込んだアレルゲン、汚れおよび毛髪を除去する小型ブラシです。
▼バッテリー充電用ドック▼

単体価格 3,000円

単体価格 3,000円

充電時にバッテリーを置くためのポータブルユニットです。(S20、S30)
▼高さ x 幅 x 奥行▼
1090 x 239 x 132 mm 1090 x 239 x 132 mm 1090 x 239 x 132 mm
▼収納時の製品サイズ (高さ x 幅 x 奥行)▼
605 x 239 x 295 mm 605 x 239 x 295 mm 605 x 239 x 295 mm
▼質量▼
3.33 kg 3.33 kg 3.33 kg
▼詳細▼
⇒楽天市場 ⇒楽天市場 ⇒楽天市場
⇒アマゾン ⇒アマゾン ⇒アマゾン
⇒Yahoo!ショッピング ⇒Yahoo!ショッピング ⇒Yahoo!ショッピング

上記がShark EVOFLEXのS30・S20・S10の違いとなります。

運転時間と付属品に違いがありますね。根本的な性能は一緒です。

付属品があることにより、さまざまな場面で活躍できます。

運転時間に関しては、付属のバッテリーの数が違うので、そこまで意識する必要はありません。

リチウムイオンバッテリーは、別途購入(9,000円)することも可能です。

基本的にミニモーターヘッドとバッテリー充電用ドックが付属しているかしていないかです。

ミニモーターヘッド(単体価格 8,000円)は、強力なモーターでさまざまな表面に深く入り込んだアレルゲン、汚れおよび毛髪を除去する小型ブラシです。

ミニモーターヘッドで、強力なクリーナーに早変わり!

バッテリー充電用ドック(単体価格 3,000円)は、リチウムイオンバッテリーを充電する際に使用できるドックです。

バッテリーが2個以上ある場合は、必要になります。

バッテリーは、充電ケーブルに直接挿したり、充電用ドックに差し込んで充電することができます。

本体に入れたままでも充電可能です。

付属品は、単体でも結構な価格がするので、おすすめは、付属品が揃っている【S30】です。

Shark EVOFLEX(S30)の価格比較!

▼Shark EVOFLEX・S30▼
⇒Yahoo!ショッピング 価格:38,031円
⇒楽天市場 価格:38,480円
⇒アマゾン 価格:39,700円
ヨドバシ 価格:49,680円
コジマ 価格:49,680円

まとめ:評価

個人的には星5つの良品であると思います。特に、ダイソンを利用していてゴミの吸い取りに不満がある方には、おすすめのコードレス掃除機です。

価格が2万円ほどなので、パッと購入はできないかもしれませんが、5年以上は利用できる掃除機なので、是非購入してみてはいかがでしょうか。

ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

セール中!コスパ最高のS20S10より運転時間は2倍。さらにバッテリーや充電ドッグまで付属しています。

 

ミニヘッドは後から購入しても価格が変わらないので、最初はS20で良いでしょう。

 

⇒【アマゾン】最新 掃除機ランキング
⇒【楽天市場】最新 掃除機ランキング

関連記事

新着記事

  1. 【プラズマクラスターNEXTの口コミと効果は?】KI-LP100・KI-JP100・KI-HP100の違いを比較レビュー(シャープ加湿空気清浄機)

    花粉症・PM2.5・ウイルス対策に適した最上位機種が、プラズマクラスターNEXT搭載のシャープ加湿空…
  2. 【2019年】バルミューダトースター新型の違いや口コミは?サイズや価格も比較!

    オーブントースターとしては高めの価格帯であるバルミューダのトースター。迷った末に、新型を購入してみま…
  3. パナソニックナノケア【EH-NA9A / CNA9A / NA9B】私の口コミと、新型【EH-NA0B】の違いを比較!

    この記事では、パナソニックナノケア【EH-CNA9A】の愛用者である私の口コミと、最新モデル【EH-…
  4. シャープ加湿空気清浄機【KC-J50】【KC-H50】【KC-G50】型番の違いは?各モデルを比較

    最新モデルの【kc-j50】は機能がシンプルになったとは言え、現状では【kc-g50】や【kc-h5…
  5. 【口コミ】コードレス掃除機Shark(シャーク)EVOFLEXを使ったレビューと各モデル(S10・S20・S30)の違いを比較

    今回は、Shark社の販売しているEVOFLEXの情報についてご紹介します。 吸引力の落ちない…

おすすめ記事

  1. ダイソン V8 シリーズの特徴は: ●ダイソン V6シリーズと比較して、パワーが40%以上向上! …
  2. 扇風機とファンヒーターをそれぞれ持つと、しまったり出したりするのも大変ですよね。 この記事では…
  3. 空気が乾燥していると、お肌がカサカサになったり、髪がパサパサに・・・。 また、ノドもカラカラに…
  4. ヘルシオ【ホットクック】は、食材に含まれる水分を活用して調理する水なし自動調理鍋です。 KN-…
  5. 最新モデルの【kc-j50】は機能がシンプルになったとは言え、現状では【kc-g50】や【kc-h5…

キッチン家電特集

  1. 【ブラウン】ハンドブレンダーMQ735の口コミは?他モデルとの違い

    離乳食作りや日々の料理にあると便利なハンドブレンダー。ブラウンの商品が良いと知って、調べている人も多…
  2. ヘルシオ【ホットクック】のQ&Aと口コミ!(2018年モデル)KN-HW16Dの違いとは?

    ヘルシオ【ホットクック】は、食材に含まれる水分を活用して調理する水なし自動調理鍋です。 KN-…
  3. 一人暮らしやお弁当作りに最適!簡単に油料理ができる。D-STYLIST スクエアフライヤー購入者目線!

    D-STYLIST スクエアフライヤー KK-00222をじっくり使ってみました。 これは3千…
  4. 【口コミ】ビタントニオ 縦型 トースターVOT-20のデメリットとは?購入者目線!

    最近では、あらゆる「高級食パン」がテレビでも特集され、大ブームを巻き起こしています。 そのブー…
  5. 2品同時に温められるレンジが超便利!パナソニックのビストロ/NE-BS1400!私の口コミと評価は?

    今までは送料込みで1万円以下の激安レンジをインターネット通販で購入していました。 でも、結婚し…
  6. ドルチェグスト ジェニオ2(無料)で自宅がカフェに大変身?ついでに口コミと価格もチェック!

    今回、紹介するのは手軽に美味しいコーヒーが淹れられると評判の「ネスレ ドルチェグスト ジェニオ2 プ…
  7. 楽天ランキング上位独占!タイガー圧力IH炊飯ジャーJPB-G102とJPB-H102を比較!どこが違うのか?

    今回は、(2017/9月のランキング)楽天の炊飯器部門でランキング1位と2位のタイガー圧力IH炊飯ジ…
  8. 【かまどさん電気】(SR-E111)購入して分かったこととみんなの口コミ!

    この炊飯器を購入したきっかけとしては、我がには旧式の炊飯器があったのですが、どうにも炊いたお米が水気…
  9. パナソニックビストロ新型NE-BS1600と旧型1500の違いを比較!違いはどこ?

    パナソニックのビストロは、レンジ機能・グリル機能・スチーム機能・オーブン機能を備えたスチームオーブン…
  10. 最新ヘルシオ グリエレンジ(AX-HR2)の機能と価格!ヘルシオ グリエ(AX-H2)との違いとは?

    2017年12月中旬発売のキッチン家電! シャープのウォーターオーブンレンジ【ヘルシオ グリエ…
ページ上部へ戻る