コーヒービーンロースター OTTIMOのコーヒー焙煎機「J-150CR」の私の口コミレビュー

私が 家庭用コーヒー電動焙煎機を購入した理由は、昔からコーヒーが大好きで少し前にコーヒーグラインダーやエスプレッソマシンを購入して、コーヒーライフを楽しんでいました。

豆の挽き具合や量を自分で調整しながら淹れるエスプレッソは、美味しいのはもちろんですが、楽しいという感覚も大きかったです。

そこで更にコーヒーライフを楽しくするためにはと考えたところ、自分で焙煎してみようというところに行き着いてコーヒー焙煎機を購入することにしました。

今回は、コーヒービーンロースター OTTIMOのコーヒー焙煎機「J-150CR」の口コミやメリット・デメリットをご紹介いたします。

 

スポンサーリンク

コーヒービーンロースター (J-150CR)の特徴

▼1度で焙煎できるのは150gまで▼
生豆で最大150gの焙煎が可能です。
▼温度は約260度前後で6段階で調整可能▼
黄色い6段階のランプで設定温度を表示します。

▼焙煎時間は9段階から選べる▼
焙煎時間はダイヤルを回して選択するだけの簡単操作。
▼チャフを自動的に分離してくれる▼
焙煎中にチャフ(コーヒー豆の薄皮)が自動的に分離し、釜の下に集められます。

▼煙が少ない▼
背面のアフターバーナー機能により、焙煎時に排出される煙の約90%をカット。
▼安全設計▼
蓋が閉じられていなかったり焙煎釜やチャフ受けが装着されていない場合、機械は作動しません。

温度や時間などが細かく設定できて、尚且煙が少なかったりチャフが出なかったりととても魅力的に感じました。

また、焙煎中は豆の状態が見えますので焙煎状況に応じて途中で停止することもできます。

電動焙煎機コーヒービーンロースター(J-150CR)のメリット・デメリット

メリット:まず使いやすさに関してですが、豆を入れてセットをして、あとは待つだけで焙煎ができるのでかなり使いやすいです。

このマシンの特徴でもある煙の量に関しても煙はほとんどでないのでマンションなどでも問題なく使えると思います。

温度や時間も、事前に調べていた通りに設定ができて、浅煎りから深煎りまで自分の好きな焙煎がボタン1つで可能だったので非常に便利だと感じました。

メリットもたくさんあるのでもちろん買ってよかったと思いますが、使ってみて感じたデメリットもあります。

デメリット:まず音です。焙煎の様子が動画で上がっていたりして、音に関してもなんとなく予想はしていたんですが、予想を上回る音がしました。

また味に関してですが、直火方式になるんで若干焦げ臭い匂いが混じります。

個人的にはこの焦げの匂いもコーヒーの一部のような気もするんで好きなのですが、同じコーヒー好きな友人の評価はちょっといまいちでした。

焙煎量に関しては、150gだと少ないと感じる時もあるのでできれば200gできればよかったかなと感じています。

 

スポンサーリンク

OTTIMOのコーヒー焙煎機「J-150CR」みんなの口コミ

購入者の声A

手焙煎はしたことはないですが、チャフが散らからず豆も均一にきれいに煎り上がります。

焙煎時間は設定ができますし冷却機能もあるのですが、自分でハゼ音や色など見極めて、手動で強制的に止めるのが良いようです。

購入者の声B

これまで網とコンロ直火で焙煎していましたが焼きムラがあったので本機を購入しました。

ムラなく焼けてチャフも飛ばず片付けも簡単です。

購入者の声C

使いながら焙煎加減や時間を把握していき自分の焙煎機にして行く楽しみがあります。

香りもいいのでこれからいろいろ試したいと思います。

電動焙煎機コーヒービーンロースター(J-150CR)の価格比較

▼家庭用電動焙煎機 OTTIMOコーヒービーンロースター J-150CR▼
⇒楽天市場 価格:38,800円
ビックカメラ 価格:39,733円
コジマ 価格:39,733円
ヨドバシ 価格:39,740円
⇒アマゾン 価格:39,800円

コーヒービーンロースター (J-150CR)のまとめ

【J-150CR】はおすすめ!!

非常に手軽に焙煎ができますし、個人でコーヒーを楽しむには十分な機能が備わっているので1台持っているとかなりコーヒーの幅を広げることができます。

機能も豊富なので満足度も高いのですが、若干値段が高い気がします。

10万円近い高級な焙煎機などを使ったことがないのでわかりませんが、このマシンだからよかったと思えるポイントが少ないと感じます。

決して悪くはないマシンなので、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 最新ヘルシオ グリエレンジ(AX-HR2)とは?! 2017年12月中旬発売予定の最新キッチン家電…
  2. KOIZUMI(コイズミ) ホット&クールタワーファン KHF-1285/W 今年も暑くな…
  3. 人気のデロンギオイルヒーター!HJ0812とH770812EFSNはどっちがいいのか?!違いとは?!…
  4. レイコップを使用してみた感想!!おすすめ布団掃除機のレイコップはデメリットだけじゃない!! 天気が…
  5. 毎日毎日洗濯作業を行なうのは大変です。 家族の洋服、下着、靴下などなど、1人暮らしならいざ知ら…

キッチン家電特集

  1. パナソニック ビストロNE-BS1500とNE-BS1400の違い!!どっちがいいのか比較!?

    小さい子供がいる場合は、離乳食に便利なNE-BS1500がおすすめです。基本的にNE-BS1400に…
  2. 【かまどさん電気】(SR-E111)購入して分かったこととみんなの口コミ!

    「長谷園×シロカのかまどさん電気」を購入したきっかけについて この炊飯器を購入したきっかけとしては…
  3. ブラウン ハンドブレンダー マルチクイック MQ735の私の口コミとMQ535との違い!

    機能が豊富でジュースも簡単に出来るMQ735を購入した理由 果物を購入してみたはいいものの、一度食…
  4. 2品同時に温められるレンジが超便利!パナソニックの最新ビストロ/NE-BS1400!!私の口コミと評価は?!

    2品同時に温められるレンジが超便利!パナソニックの最新ビストロ/NE-BS1400の違いも要チェック…
  5. パナソニックビストロのNE-BS1400とNE-BS1300の仕様の違いとは?!機能を比較!!

    NE-BS1400とNE-BS1300の仕様の違いを見る前に、最新ビストロではどんな機能があるのかご…
  6. ランキング上位(楽天)タイガー圧力IH炊飯ジャー5.5合【JPC-A100】【JPB-H102】の違いと比較!

    タイガー圧力IH炊飯ジャー5.5合【JPC-A100】【JPB-H102】の違いとは?! この2機…
  7. ポタージュが簡単に作れる!クックマスター・Shunsai(旬彩)の私の口コミ

    クックマスター・Shunsai(旬彩)は下記の調理ができる自動調理機です。 ●煮物やカレー、おかゆ…
  8. ヘルシオグリエ AX-H1「ウォーターオーブン」私の口コミと価格をチェック!

    ヘルシオグリエとは、水蒸気加熱方式を採用した「ウォーターオーブン」と呼ばれる調理家電製品となります。…
  9. 一人暮らしやお弁当作りに最適!簡単に油料理ができる。D-STYLIST スクエアフライヤー購入者目線!

    D-STYLIST スクエアフライヤー KK-00222 D-STYLIST スクエアフライヤー …
  10. ヘルシオ ホットクック!2017年モデルと2016年モデル!どこが変わった?!口コミと価格を比較!

    シャープの水なし自動調理鍋「ヘルシオ ホットクック」ってなに?! ヘルシオ ホットクックは、「無水…
ページ上部へ戻る