バルミューダの電気ケトル(K02A-BK)の私の口コミ!デメリットは意外と多い?

私は、よほどの用事があるような日でなければ、ほぼ確実に毎日ドリップコーヒーを自宅で淹れて飲んでいます。

最近はエスプレッソマシンも購入したため、多少飲む頻度は少なくなりましたがそれでもブラックコーヒーを飲みたいという時は多いです。

ドリップポットは持っているのですが、私の持っているものはかなり小さめのポットなのでサイズ的な問題から直火にかけれなくなっています。

そのためいつも『やかんで沸かす→ドリップポットに移す』というひと手間かかった面倒な方法でコーヒーを淹れていました。

それを改善したいと思ったのがキッカケになって、せっかく買うならより便利なものをということで電気ケトルを購入しようと思いました。

そんな時、見つけたのが、バルミューダのオシャレな電気ケトル(K02A-BK)です。

今回は、バルミューダのオシャレな電気ケトル(K02A-BK)を購入して分かったことをご紹介致します。

デメリットもあるので、購入を検討している方は、参考までに。

【口コミ】バルミューダの電気ケトル (K02A-BK)を選んだ理由

デザインです。これに尽きます。

一切無駄がなく非常にシンプルで、デザイン家電好きな人でなくても惚れてしまうほどミニマルで美しいフォルムだと思います。

また、ただシンプルなだけでなく柄の部分にはLEDのライトが点灯するなど、ちょっとしたオシャレ感というか可愛らしさもあって飽きる事なく使い続けれそうだと思いました。

【口コミ】バルミューダの電気ケトル (K02A-BK)のメリットとデメリット

まずメリットからですが、やはりヴィジュアル的なデザイン面は完璧だと感じました。いつものコーヒータイムが更に楽しくなります。

また電気ドリップケトルという事で、注いだ感覚もかなり良いです。湯量の調節がしやすく、細く注ぐ事も可能ですしたくさんも注げます。

しかしデメリットが意外に多かったというのが正直な感想です。

購入前からわかっていた事として、沸かす湯の温度設定ができない点がまずあげられます。

コーヒーは80度後半が適温らしいですが沸かし終わると90度以上になっているので、しっかり淹れたい時は自分で冷ます必要があります。

また保温ができないのも少し残念かなと思います。沸くまでのスピードも早いのでその都度沸かせばいいんですが、値段を考えると(1万円以上するものなので)保温機能は欲しかったかなと思います。

更に個人的に一番がっかりだったのが、空の状態での安定感のなさでした。

水が入っている状態なら安定しているんですが、空だとかなりグラグラしますしホットの底が台座に当たって若干浮きます。

せっかく美しい見た目なのでもったいないと感じました。

デザインで選ぶならバルミューダの電気ケトルで決まり!

1万円以下でも多機能な電気ケトルはいくつか出ているので、使いやすさなどはそれらの方が上かもしれません。

ただし、見た目は圧倒的にバルミューダです。インスタや動画に映えますし、1つあるだけでその一角がワンランク上のオシャレな感じになります。

もちろん特に使いにくいというわけではないですが、やはりバルミューダの電気ケトルは見た目が売りだと思うので、そんな見た目に1万円出しても良いという人は買いの商品だと思いました。

バルミューダの電気ケトル (K02A-BK)の価格比較

▼BALMUDA The Pot K02A-BK▼

本体寸法 幅 269mm × 奥行き 128mm × 高さ 170mm
本体重量 約0.6kg
容量 0.6L(リットル)
消費電力 1200W
電源コード長さ 1.3m
素材
  • 本体:ステンレス
  • フタ、取っ手:ポリプロピレン
安全機能 空だき防止機能、自動電源OFF機能
沸騰時間の目安
  • 200ml 約1分半
  • 600ml(満水時)約3分
生産地 台湾

ちょうどいい大きさでコーヒー3杯、カップヌードル2杯分作れます。

⇒楽天市場 価格:11,780円
⇒アマゾン 価格:11,880円

私の評価とまとめ

他の商品などと比べて、個人的な感覚でいうならこれが8000円くらいならかなりいいんじゃないかなと思います。もし温度設定も可能なら現行の値段でもいいと思いますが、ちょっと高いかなとは思いました。

しかし、もちろん1度買ってしまえばお金はかかりませんし、今では我が家の湯沸かし役としてコーヒーだけでなくカップ麺などにも活躍してくれています。(カップ麺にバルミューダでお湯を注いでいると、なぜか申し訳ない気持ちになれます。笑)

高くはありますが、オシャレ家電として個人的には悪くはない電気ケトルだと思います。

ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事

新着記事

  1. 空気清浄機【ダイソン Dyson Pure Cool TP00IB 】口コミ・スペック性能・最安値の比較

    空気清浄機「ダイソン Dyson Pure Cool TP00IB 」について、口コ…
  2. 【口コミ】Oculus Go (オキュラス ゴー)のメリット・デメリット!見れる動画配信サービス一覧はコレ

    数年前からテレビやインターネット上ではVRが凄いといった形で紹介される事が多くあります。 私も…
  3. アイリスオーヤマ 布団乾燥機ベストセラー1位のカラリエ【FK-C2】と【FK-C3】の違いは?機能と口コミを比較!

    アイリスオーヤマ カラリエは、寒い冬や布団が干せない梅雨の時期・雨の時に大活躍する 布団乾燥機です。…
  4. 購入して分かった!ホームベーカリーでお餅も作れる 「siroca SHB-512」私の口コミ

    毎朝、美味しい焼きたてパンのある生活は、考えているより意外と簡単に手に入りました。 私は買って…
  5. 【握る力でスピード調整】ハンドブレンダーMQ735(MQ738)ブラウン製マルチクイックの口コミは?他モデルとの違いも比較

    離乳食作りや日々の料理にあると便利なハンドブレンダー。ブラウンの商品が良いと知って、調べている人も多…

おすすめ記事

  1. 数あるふとん乾燥機の中でも、人気のシャープが新型のプラズマクラスターふとん乾燥機(UD-AF1)を1…
  2. 私がアマゾンFire TV Stickを購入した主な理由は、「プロジェクターを使って大画面で楽しみた…
  3. 今回は、コムテック 前後2カメラ ドライブレコーダー (ZDR-015)をご紹介致します。 コ…
  4. トーカ堂オリジナル【KC-30T6】と【KC-30T5】は、共にプラズマクラスター7000搭載の人気…
  5. レバーを倒すだけで冷水と温水が出る、とっても便利なウォーターサーバー。 我が家でもサービスの申…

キッチン家電特集

  1. ポタージュが簡単に作れる!クックマスター・Shunsai(旬彩)の私の口コミ

    クックマスター・Shunsai(旬彩)は下記の調理ができる自動調理機です。 ●煮物やカレー、おかゆ…
  2. ランキング上位(楽天)タイガー圧力IH炊飯ジャー5.5合【JPC-A100】【JPB-H102】の違いと比較!

    この2機種は(2018/9月)楽天ランキング炊飯器部門で1位【JPC-A100】と4位の【JPB-H…
  3. 【口コミ】安くておすすめのフードプロセッサーはTESCOMの Pure Natura TK441!デメリットはこれ!

    私が今回ご紹介するキッチン家電は、TESCOMのフードプロセッサーPure Natura TK441…
  4. パナソニック ビストロNE-BS1500とNE-BS1400の違い!どっちがいいのか比較?

    小さい子供がいる場合は、離乳食に便利なNE-BS1500がおすすめです。基本的にNE-BS1400に…
  5. 楽天ランキング上位独占!タイガー圧力IH炊飯ジャーJPB-G102とJPB-H102を比較!どこが違うのか?

    今回は、(2017/9月のランキング)楽天の炊飯器部門でランキング1位と2位のタイガー圧力IH炊飯ジ…
  6. ヘルシオ ホットクック!2017年モデルと2016年モデル!どこが変わった?口コミと価格を比較!

    ヘルシオ ホットクックは、「無水調理」をする鍋です。 水や火を使わず調理できる電気無水鍋です。…
  7. ドルチェグスト ジェニオ2(無料)で自宅がカフェに大変身?ついでに口コミと価格もチェック!

    今回、紹介するのは手軽に美味しいコーヒーが淹れられると評判の「ネスレ ドルチェグスト ジェニオ2 プ…
  8. 2品同時に温められるレンジが超便利!パナソニックのビストロ/NE-BS1400!私の口コミと評価は?

    今までは送料込みで1万円以下の激安レンジをインターネット通販で購入していました。 でも、結婚し…
  9. パナソニックビストロのNE-BS1400とNE-BS1300の仕様の違いとは?機能を比較!

    NE-BS1400とNE-BS1300の仕様の違いを見る前に、最新ビストロではどんな機能があるのかご…
  10. 【口コミ】ビタントニオ 縦型 トースターVOT-20のデメリットとは?購入者目線!

    最近では、あらゆる「高級食パン」がテレビでも特集され、大ブームを巻き起こしています。 そのブー…
ページ上部へ戻る